ここから本文です
東証1部
9433
情報・通信
8/23リアルタイム株価

KDDI(株)

2,770.5前日比-33(-1.18%)
権利確定月3月末日
単元株数100株
優待のポイント1単元(100株)以上を保有されている株主さまの「保有株式数」と「保有期間」に応じて、「全国47都道府県のグルメ品」から、自由にお選びいただけるカタログギフト「Wowma!商品カタログギフト」を贈呈いたします。
優待の種類

株主優待の内容

「Wowma!商品カタログギフト」

100株以上5年未満:3,000円   5年以上:5,000円
1,000株以上5年未満:5,000円   5年以上:10,000円
「Wowma!商品カタログギフト」
※「Wowma!」は2019年7月25日に「au Wowma!」へ名称変更いたしました。
※掲載商品は2019年の一例です。
※カタログギフトに掲載する商品は「au Wowma!」でも取扱っています。
※保有株式数は、毎年3月31日現在を基準といたします。
また、保有期間は同一株主番号で3月31日の株主名簿に連続して記録されている年数とし、本株主優待制度導入以前も含む、通算期間とします。
※売却や相続、株主名簿からの除籍等により株主番号が変更になった場合は、その直後の基準日から起算となります。

投資金額と配当金(優待内容の差)

投資金額

株価購入枚数投資金額
2,770.5円
100株277,050円
500株1,385,250円
1000株2,770,500円
--
  • ※投資金額には、株式購入時に必要となる証券会社の売買手数料などは含んでおりません。

優待と配当金

100株1,000株
優待(年間)「Wowma!商品カタログギフト」
5年未満:3,000円
5年以上:5,000円
「Wowma!商品カタログギフト」
5年未満:5,000円
5年以上:10,000円
配当金(年間)11,000円110,000円
  • ※1株当たり配当金:110円
    ※2020年3月期の配当予想をもとに試算したものです。

企業からのコメント

代表取締役社長 高橋 誠
「通信とライフデザインの融合」を実現するとともに、社会課題の解決に取り組み、豊かなコミュニケーション社会の発展に貢献してまいります。
代表取締役社長
高橋 誠
 当社は2018年度までの中期経営計画として、「お客さま体験価値を提供するビジネスへの変革」を掲げ、「持続的な利益成長と株主還元強化の両立」を通じて企業価値の向上を目指してまいりました。
 2018年度の業績面におきましては営業利益1兆137億円となるとともに配当性向35%超を達成いたしました。
 
 当社は、豊かなコミュニケーション社会の発展に貢献することを企業理念とし、重要なライフラインを担う通信事業者の使命として、24時間365日、強靭で高品質な通信の維持に努めると同時に、様々なパートナー企業とともに、お客さまへ新たな体験価値の提案を行ってまいりました。
 2019年は5G(第5世代移動通信システム)トライアルサービスが開始し、今後本格化する5G/IoT時代に向け、社会全体が大きく変革する年となります。当社は、次の3か年に向けた「中期経営計画(2019-21年度)」の開始に合わせ、「『明日も一緒に』パートナーとともに未来を信じて進み、成長・発展していく。」という想いをこめて、KDDIブランドスローガンを「Tomorrow,Together」に一新いたしました。
 新中期経営計画の初年度である2019年度は、従来の通信サービスを中心に、成長事業を拡大していくことで、事業戦略の核となる「通信とライフデザインの融合」をより一層推し進め、国内はもとよりグローバルにおいても、5G/IoT時代における新たな価値創造を実現してまいります。
 また、事業や企業活動全体を通じて取り組むSDGs目標を定め、全社でサステナビリティ活動を推進することで、社会とともに持続的な成長とさらなる企業価値の向上を目指してまいります。
 年2回(夏・冬)発行の株主の皆さまへお届けしている株主通信において、当社の経営方針・財務情報・サービス内容・優待制度など、最新情報を分かりやすくお伝えしております。ぜひ、ご覧ください。
https://www.kddi.com/corporate/ir/ir-library/report/

連結営業利益の推移と1株当たり配当金

連結営業利益の推移と1株当たり配当金

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

株主優待をお得にゲットしよう

企業説明

KDDIグループは、モバイル事業(au携帯電話/高速データ通信)と固定事業(FTTH(※)/ケーブルテレビ/固定電話)を1社で併せ持つ総合通信事業者です。日本国内の家庭・個人向けならびに企業向け、さらには海外における企業・個人向けの通信サービスを展開しています。(※) Fiber to the Homeの略語。通信事業者の設備からお客さま宅までを光ファイバーケーブルでつなぐアクセス方式。

株主優待積極企業

  • 京浜急行電鉄(株)

    京浜急行電鉄(株)
    2018年度から株主優待制度を拡充いたしました。従来は、グループ施設株主優待割引券は500株以上、電車・バス全線きっぷは1,500株以上ご所有の株主様に贈呈しておりましたが、100株以上ご所有の株主様全員にグループ施設株主優待割引券および電車・バス全線きっぷ(ただし、100株以上200株未満の株主様は年1回)を贈呈いたします。
  • (株)メニコン

    (株)メニコン
    当社グループの事業を一層ご理解いただくために、株主優待制度を導入しました。毎年3月末の株主様を対象といたします。
  • ソーダニッカ(株)

    ソーダニッカ(株)
    1,000株以上保有の株主様を対象に、「クオ・カード」3,000円分を贈呈するとともに、長期保有株主優遇制度を設けています。
  • チムニー(株)

    チムニー(株)
    3月末ならびに9月末の株主の皆様に、お食事ご優待券やお食事券、または優待品をご選択いただいております。
  • 日本ヘルスケア投資法人

    日本ヘルスケア投資法人
    日本ヘルスケア投資法人が投資するヘルスケア施設のオペレーターが提供する高品質な運営力・サービスをご体験いただけます。
  • 株主優待積極企業一覧
大和インベスター・リレーションズ

株主優待の情報は
大和インベスター・リレーションズから
提供されています。