ここから本文です
東証1部
9006
陸運業
4/28リアルタイム株価

京浜急行電鉄(株)

1,279前日比+7(+0.55%)
権利確定月3月末日・9月末日
単元株数1000株
優待のポイントご所有株式数1,000株以上の株主様にグループ施設株主優待割引券を贈呈いたします。さらに、ご所有株式数3,000株以上の株主様には優待乗車証等も贈呈いたします。
優待の種類

株主優待の内容

●ご所有株式数1,000株以上の株主様全員にグループ施設 株主優待割引券

京急グループのホテル、百貨店、ストアのほか、葉山マリーナや、ゴルフ場等グループの各施設でご利用いただけます。
●ご所有株式数1,000株以上の株主様全員にグループ施設 株主優待割引券

●ご所有株式数3,000株以上5,000株未満で電車・バス全線きっぷを発行

3,000株以上5,000株未満電車・バス全線きっぷ枚数:6枚

●ご所有株式数5,000株以上で全線パス/電車・バス全線きっぷ/宿泊券のいずれか1つ

いずれか1つ選択
(1)電車・バス全線きっぷ
(2)京急EXイン無料宿泊券(シングル)
(3)電車全線パス
(4)バス全線パス
(5)電車・バス共通全線パス
5,000株以上10,000株未満(1)15枚 (2)1枚
10,000株以上20,000株未満(1)30枚 (2)2枚
20,000株以上30,000株未満(1)60枚 (2)4枚
30,000株以上45,000株未満(1)90枚 (2)6枚 (3)1枚 
45,000株以上60,000株未満(1)135枚 (2)6枚 (3)1枚 (4)1枚 
60,000株以上(1)180枚 (2)6枚 (3)- (4)- (5)1枚 

●ご所有株式数30,000株以上で+電車・バス全線きっぷ

さらに3年以上継続の場合、電車・バス全線きっぷ15枚が追加となります。
30,000株以上45,000株未満15枚+3年以上継続の場合15枚
45,000株以上60,000株未満15枚+3年以上継続の場合15枚
60,000株以上15枚+3年以上継続の場合15枚

投資金額と配当金(優待内容の差)

投資金額

株価購入枚数投資金額
1,279円
1000株1,279,000円
3000株3,837,000円
5000株6,395,000円
30000株38,370,000円
  • ※投資金額には、株式購入時に必要となる証券会社の売買手数料などは含んでおりません。

優待と配当金

1,000株3,000株30,000株
優待(年間)株主優待割引券:1冊×2回
株主優待割引券:1冊×2回
電車・バス全線きっぷ:6枚×2回
株主優待割引券:1冊×2回
電車・バス全線きっぷ:
15枚×2回※1
電車全線パス:(電車全線パス1枚または電車・バス全線きっぷ90枚または京急EXイン無料宿泊券(シングル)6枚のいずれか1つ)×2回
配当金(年間)6,000円18,000円180,000円
  • ※1株当たり配当金:6円
    ※2016年3月期の配当実績をもとに試算したものです。
    ※1:3万株以上を3年以上継続して保有すると、さらに電車・バス全線きっぷを15枚×2回追加。

企業からのコメント

取締役社長 原田 一之
品川・羽田を玄関口として、国内外の多くの人々が集う、豊かな沿線を実現する
取締役社長
原田 一之
 京急グループは、持続的な成長と中長期的な企業価値の向上を目指すため、京急グループの一大プロジェクトとなる品川駅周辺開発を見据えた、20年間にわたる「京急グループ総合経営計画」を策定し、2016~2020年度の5年間を「中期経営計画期間」と定めました。この「中期経営計画期間」では、東京オリンピック・パラリンピックに向けた好景気を背景に、企業体質の変革に向け、事業再編やお客さま志向の徹底に取り組むとともに、各エリア事業の取り組みを強化し、長期ビジョンの実現に向けた土台づくりを進めてまいります。

品川を筆頭に駅周辺を核とする街づくりの推進

 京急グループは、品川駅周辺の発展を担う事業者として、国際交流拠点化に向けた開発事業を推進します。
 また、地区計画が決定された品川駅周辺地区においては、2019年度の着手を目指してまいります。
品川を筆頭に駅周辺を核とする街づくりの推進

【京急グループが取り組む施策】

▶ 品川駅街区地区における取り組み
 ◦ 京急品川駅の地平化(2面4線)による空港アクセスの向上
 ◦ 乗り換えの利便性や安全性が向上した駅への再編
 ◦ 駅直結の利便性を活かした駅ビル開発
▶踏切解消への取り組み
 ◦ 品川駅南側の道路交通を円滑にすることによる地域の東西連絡性の強化・改善
 ◦ 東西連絡性の向上による一体的な街づくりの促進
 ◦ 品川第一踏切道(八ツ山橋)を含む3か所の踏切解消による安全性向上
▶西口地区における取り組み  
 ◦ オフィス、商業、ホテル、住宅等を配置した大規模な複合施設の開発
 ◦ 品川駅との連続性を図りながら、品川のシンボルとなるような駅前広場の設置や、
  潤いのある景観・環境形成、国際会議やMICE機能の充実等を目指した一体的な開発構想

羽田における基盤強化の推進

 京急グループは、これまでもダイヤ改正や無料Wi-Fiサービスの拡充、免税ゾーンの新設など、様々な取り組みを行ってきました。今後の取り組みとして、羽田空港国内線ターミナル駅における引上線新設の検討等を行うことで、鉄道・バスの利便性向上を追求し、羽田空港アクセスにおいて確固たる地位を確立してまいります。
 また、羽田空港周辺エリアで、ホテル、商業施設、賃貸物件等への積極的な投資を推進しており、その取り組みの1つとして、ビジネスホテル「京急EXイン」の展開を積極的に行っています。2016年度は、新たに3館を開業しており、今後も品川~羽田空港エリアや都心への新規出店を継続し、2020年度までに3,000室体制の構築を目指してまいります。
羽田における基盤強化の推進

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

株主優待をお得にゲットしよう

企業説明

京浜急行電鉄株式会社は、1898年の創立以来、地域とともに歩んでまいりました。今後も、品川、羽田空港、川崎、横浜、三浦半島地区を基盤とし、鉄道事業、バス事業を中心に、不動産、ホテル、レジャー、流通など、生活に直結した様々な事業をグループ会社と連携して展開し、安全・安心なサービス・商品の提供に努めてまいります。

株主優待積極企業

  • KDDI(株)

    KDDI(株)
    1単元(100株)以上を保有されている株主さまの「保有株式数」と「保有期間」に応じて、「全国47都道府県のグルメ品」から、自由にお選びいただけるカタログギフト「au WALLET Market商品カタログギフト」を贈呈いたします。※保有期間は同一株主番号で3月31日の株主名簿に連続して記録されている年数となります。なお、本株主優待制度導入以前も含む、通算期間を算定します。※カタログギフトに掲載する商品は今後「au WALLET Market」でも取扱いを予定しております。
  • (株)ミルボン

    (株)ミルボン
    決算日(12/20)時点で100株以上当社の株式をご保有いただいている株主の皆さまに、話題の新製品をお届けしています。
  • 日本ビューホテル(株)

    日本ビューホテル(株)
    株主様からの日頃のご支援に感謝の意を込めて、年2回、当社対象施設でご利用いただける優待券を贈呈しております。また末尾記載の新規の事業展開等によって、株主優待制度の対象施設を拡充し内容の充実を図ってまいります。
  • ヒューリック(株)

    ヒューリック(株)
    12月末の株主名簿に記載されている300株以上保有の株主様に、保有期間に応じて、グルメカタログギフトからお好きな商品、または「あしなが育英会」への寄付のいずれかをお選びいただいています。
  • キャリアリンク(株)

    キャリアリンク(株)
    株主の皆様の日頃からのご支援に感謝し、毎年8月末に100株以上保有されている株主様を対象に、保有株式数に応じて、クオ・カードをお贈りしています。
  • 株主優待積極企業一覧
大和インベスター・リレーションズ

株主優待の情報は
大和インベスター・リレーションズから
提供されています。