ここから本文です
東証1部
8153
卸売業
15:00リアルタイム株価

(株)モスフードサービス

2,819前日比+4(+0.14%)
権利確定月3月末日・9月末日
単元株数100株
優待のポイント全国のモスグループ店舗及びミスタードーナツ店舗(一部店舗を除く)でご利用可能な株主ご優待券を年2回贈呈しています。モスバーガー店舗のレジにて、株主ご優待券をモスカードの「MOSポイント」に交換することもできます。
優待の種類

株主優待の内容

株主ご優待券

100株以上1,000円分を年2回
300株以上3,000円分を年2回
500株以上5,000円分を年2回
1,000株以上10,000円分を年2回
株主ご優待券

投資金額と配当金(優待内容の差)

投資金額

株価購入枚数投資金額
2,819円
100株281,900円
300株845,700円
500株1,409,500円
1000株2,819,000円
  • ※投資金額には、株式購入時に必要となる証券会社の売買手数料などは含んでおりません。

優待と配当金

100株300株500株1,000株
優待(3月末)株主ご優待券:1,000円分株主ご優待券:3,000円分株主ご優待券:5,000円分株主ご優待券:10,000円分
優待(9月末)株主ご優待券:1,000円分株主ご優待券:3,000円分株主ご優待券:5,000円分株主ご優待券:10,000円分
配当金(年間)2,800円8,400円14,000円28,000円
  • ※1株当たり配当金:28円
    ※2020年3月期の配当実績をもとにしています。

企業からのコメント

代表取締役社長 中村 栄輔
100年企業に向けた進化に挑戦
代表取締役社長
中村 栄輔
 当社は、「食を通じて人を幸せにすること」を経営ビジョンとして、「おいしさ、安全、健康」という考え方を大切にした商品を「真心と笑顔のサービス」とともに提供することに一貫して取り組んでまいりました。創業の心である「感謝される仕事をしよう」のもと、これからも、お客さま、そして株主の皆さまの信頼と期待にお応えできるよう努めてまいります。
 現在当社グループは、「モスバーガー」をはじめとする多様な事業を展開しています。全社ミッションとして、「世界で認められる日本のおいしさとおもてなしを確立する」を掲げ、「モスバーガー」の海外出店や新ブランドの展開を進めています。一方で、ファストフード業界の競争環境は、近年ますます激しさを増しています。その中で、当社が優位性を発揮できる一番の強みは、想いが見える野菜などを店舗で仕込み、ご注文をいただいてから調理する「できたて」のおいしさです。そして、食材への信頼感と高いサービス品質がもたらす快適で楽しい店舗体験が、大きな差別化要素となっています。これらの強みにさらなる磨きをかけ、全社ミッションを遂行してまいります。
 私どもは、創業から受け継いできた「心」を大切にしながら、時代の変化に対応した経営基盤を構築し、100年企業に向けた進化に全社一丸となって挑戦してまいります。

“MOS JAPAN PRIDE”シリーズを展開

 モスバーガーは、新しい日本のハンバーガー“MOS JAPAN PRIDE”シリーズを展開しています。その第1弾として、2019年9月に「海老天七味マヨ」と「ジャンボメンチ」を同時発売。第2弾として、同年11月に「とびきりベーコン&チーズ~北海道産ゴーダチーズ使用~」と「ダブルとびきりベーコン&チーズ~北海道産ゴーダチーズ使用~」を発売しました。さらに第3弾として、2020年1月に復活商品「チキン南蛮」と新作「サワーチキン南蛮」を発売しました。「チキン南蛮」は、全国のキャスト(店舗スタッフ)による『MOSキャストが選んだおいしい日本!総選挙2020』で最も票を集めたことから復活販売となりました。
 日本生まれのハンバーガーチェーンとして、創業以来培ってきた革新のスピリットを発揮し、モスだからこそできる商品展開を推し進めてまいります。
“MOS JAPAN PRIDE”シリーズを展開

モスの海外展開

 当社は、2019年12月末現在展開している8つの国と地域(台湾、シンガポール、香港、タイ、インドネシア、中国、オーストラリア、韓国)に加え、フィリピンおよびベトナムへの新規進出を決定し、それぞれ有力な現地パートナーとの契約を締結しました。2020年2月開店のフィリピン1号店は、2012年の韓国以来の新たな国・地域への出店となり、2027年度までにフィリピン国内で50店舗の出店を計画しています。また、ベトナムにおいても2020年度内に1号店を出店し、2023年度までに10店舗を出店する計画です。ベトナムでは、国立ダナン観光短期大学との提携により、ベトナム人材の育成・採用プログラムを開始しています。同プログラムにより在留資格「特定技能」を取得したベトナム人学生を日本国内で採用するとともに、5年後に特定技能ビザが終了して帰国した後も、モスの仲間として、アジアで展開するモスバーガーに就業いただくことを視野に入れています。
 当社は、海外市場で成長を加速する仕組みの整備に取り組むとともに、「おもてなし」、「品質」、「安全・安心」を兼ね備えた日本の食文化の価値を世界の人々に発信してまいります。
モスの海外展開

フィリピン現地パートナーとの調印式の様子

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

株主優待をお得にゲットしよう

企業説明

株式会社モスフードサービスは、日本生まれのハンバーガー専門店として1972年に「モスバーガー」をオープンし、全都道府県にいち早くフランチャイズ方式の店舗を拡大してまいりました。2020年8月末で国内モスバーガー1,270店舗、海外モスバーガー402店舗、新規事業36店舗の合計1,708店舗を展開しています。

株主優待積極企業

  • (株)三栄コーポレーション

    (株)三栄コーポレーション
    保有株式数と保有期間に応じて進呈する優待ポイントを利用し、自社グループ商品、オリジナルQUOカードや社会貢献活動(自社指定)への寄付よりお選びいただけます。
  • チムニー(株)

    チムニー(株)
    3月末ならびに9月末の株主の皆様に、お食事券を贈呈しております。
  • 明治ホールディングス(株)

    明治ホールディングス(株)
    所有株式数に応じて、自社グループ製品の詰合せを贈呈いたします。また、同等品を福祉団体等へご寄贈いただく寄贈選択制度もございます。
  • 安田倉庫(株)

    安田倉庫(株)
    株主の皆様からの日頃のご支援に対する感謝の気持ちとして、100株以上保有の株主の皆様にお米券を贈呈させていただきます。
  • (株)ソフト99コーポレーション

    (株)ソフト99コーポレーション
    自社グループの事業に対する理解を深めていただくために、保有株数及び保有期間に応じた自社及びグループ会社の製品・サービスを贈呈いたしております。
  • 株主優待積極企業一覧
大和インベスター・リレーションズ

株主優待の情報は
大和インベスター・リレーションズから
提供されています。