ここから本文です
東証1部
7743
精密機器
年初来高値
11:05リアルタイム株価

(株)シード

2,950前日比+107(+3.76%)
権利確定月3月末日
単元株数100株
優待のポイント100株以上ご保有の株主の皆様を対象に、当社製品または優待券のほか、地方の名産品等をご選択いただくこともできます。
優待の種類

株主優待の内容

AコースまたはBコースのいずれかを選択

Aコース:(1)自社ケア用品セットまたは(2)株主ご優待券
100株以上(1)10,000円相当
(2)30%割引 最大10,000円まで利用可能
AコースまたはBコースのいずれかを選択
Bコース:地方名産品や寄付などを選択
100株以上3年未満:1,000円相当
3年以上:3,000円相当
1,000株以上3年未満:3,000円相当
3年以上:5,000円相当

投資金額と配当金(優待内容の差)

投資金額

株価購入枚数投資金額
2,950円
100株295,000円
300株885,000円
500株1,475,000円
1000株2,950,000円
  • ※投資金額には、株式購入時に必要となる証券会社の売買手数料などは含んでおりません。

優待と配当金

100株以上500株1,000株
優待(年間)自社ケア用品セットまたは優待券10,000円相当
上記に変えて地方名産品や寄付等
3年未満:1,000円相当
3年以上:3,000円相当
自社ケア用品セットまたは優待券10,000円相当
上記に変えて地方名産品や寄付等
3年未満:1,000円相当
3年以上:3,000円相当
自社ケア用品セットまたは優待券10,000円相当
上記に変えて地方名産品や寄付等
3年未満:3,000円相当
3年以上:5,000円相当
配当金(年間)2,250円11,250円22,500円
  • ※1株当たり配当金:22.5円
    ※2016年3月期の配当実績をもとにしています。

企業からのコメント

代表取締役社長 浦壁 昌広
世界に広がる“日本のシード”を目指して
代表取締役社長
浦壁 昌広
 私たちシードが、コンタクトレンズの研究を開始したのは1951年。以来半世紀以上にわたり、コンタクトレンズの開発で培った技術・信頼をもとに、コンタクトレンズ事業にとどまらず、眼に関するさまざまな商品を世に送り出してまいりました。
 今ではコンタクトレンズ事業を中心に、コンタクトレンズケア事業、眼鏡事業のほか、多くの事業を展開し、その事業のすべてが“「見える」をサポートする”ことにつながっているのです。
 社名のシード(SEED)は、英語で「種子」という意味。今後も、無限の新分野に種をまき、 結実した「成果」を収穫し続けることで、皆さまの「見える」を、より一層サポートしてまいります。

中期経営計画の推進でさらなる成長の実現へ

 当社は、事業規模拡大と収益基盤の改善・強化を目的に、2016年3月期を起点とした3ヶ年中期経営計画を推進しています。同計画を、『世界に広がる“日本のシード”』を具現化してゆく3年間とし、2018年3月期の連結売上高目標を250億円、卸売(メーカー出荷額)ベースでの市場シェア10%以上の獲得を目指します。
 生産戦略では、鴻巣研究所2号棟の最終増設による量産体制の確立、さらに、3号棟の建設に着工し、Made in Nipponの“技術力”、“高品質”を、性能・品質・価格に具現化し国内外に拡大させます。商品戦略では、多くのユーザーから選んでいただける幅広い商品ラインナップを展開し、「シードワンデーピュアうるおいプラス」の遠近両用や乱視用への注力に加え、新規格・新素材レンズを投入することで、国内シェアの拡大を図ります。
中期経営計画の推進でさらなる成長の実現へ

さらなる業容拡大を目指して海外戦略を展開

 2018年3月期の連結売上高目標250億円を実現するには、海外市場におけるさらなる業容拡大・販路開拓も不可欠であり、海外事業展開に注力しています。発展するアジア市場への進出に加えて、活性化するヨーロッパ市場への進出を加速させ、上海・シンガポール・台湾といった現地法人の展開先での拡販と、新たな進出地域の拡大を進めます。

株主様の声にお応えして優待内容を拡充

 当社の株主優待については、常に株主様のご要望を取り入れ、見直しを図っています。2016年度は、コンタクトレンズをお使いの方におすすめのAコースにおいて、“ケアセットの見直し”を行い、「ピュアティモイスト」のみをメインにしたセットを追加しました。また、お取引様のご協力によって、株主ご優待券の利用店舗を20店舗から50店舗に拡充しました。
株主様の声にお応えして優待内容を拡充

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

株主優待をお得にゲットしよう

企業説明

株式会社シードは、1951年、日本で初めてコンタクトレンズの研究を開始して以来、日本におけるコンタクトレンズの進化とともに歩み、お客様のニーズに応える様々なコンタクトレンズを開発してきました。このコンタクトレンズ事業を中心に、コンタクトレンズケア事業、眼鏡事業のほか、多くの事業を展開し、「見える」をサポートする総合メーカーとして成長を遂げています。

株主優待積極企業

  • 明治ホールディングス(株)

    明治ホールディングス(株)
    所有株式数に応じて、自社グループ製品の詰合せを贈呈いたします。また、同等品を福祉団体等へご寄贈いただく寄贈選択制度もございます。
  • 旭情報サービス(株)

    旭情報サービス(株)
    毎年3月31日現在で1,000株以上保有される株主さまに「カタログギフト」5,000円コースをご贈呈しております
  • (株)早稲田アカデミー

    (株)早稲田アカデミー
    長期保有で魅力倍増!3年以上保有の株主の皆様には、額面をグレードアップして進呈しています。
  • 郵船ロジスティクス(株)

    郵船ロジスティクス(株)
    単元株以上保有の株主様に、(1)パッケージツアーご優待割引券、(2)1,000円相当のQUOカードを両方贈呈いたします。さらに、3年以上の長期保有株主様には500円相当のQUOカードを追加でお贈りいたします。詳細は下記URLを参照ください。http://www.yusen-logistics.com/jp/investor-relations/stock-information/shareholder-benefit-program
  • 東急不動産ホールディングス(株)

    東急不動産ホールディングス(株)
    グループで運営しているリゾート施設や都市型ホテル、フィットネスクラブ等のご利用優待に加え、継続保有の株主様にオリジナルカタログギフトを贈呈します。
  • 株主優待積極企業一覧
大和インベスター・リレーションズ

株主優待の情報は
大和インベスター・リレーションズから
提供されています。