ここから本文です
東証JQS
6249
機械
9/22リアルタイム株価

(株)ゲームカード・ジョイコホールディングス

1,326前日比---(0.00%)
権利確定月3月末日
単元株数100株
優待のポイント100株( 1単元)以上を保有されている株主様に、「保有株式数」及び「保有期間」に応じて商品を1品選べる「オリジナルカタログギフト」を贈呈いたします。
優待の種類

株主優待の内容

オリジナルカタログギフト

100株以上1年未満:2,000円相当
1年以上:2,500円相当
3年以上:3,000円相当
500株以上1年未満:3,000円相当
1年以上:4,000円相当
3年以上:5,000円相当
※「オリジナルカタログギフト」に掲載される商品は毎年変わります。
※「保有株式数」は、毎年3月末の権利確定時に株主名簿に記載されている情報により確定いたします。
※「保有期間」は、2012年3月末の株主名簿を計算の起算日とし、以降毎年1回、3月末の株主名簿の記載(株主番号)により期間を確定いたします。(日本ゲームカード株式会社上場期間中の株式保有期間は含みません。)
オリジナルカタログギフト

投資金額と配当金(優待内容の差)

投資金額

株価購入枚数投資金額
1,326円
100株132,600円
300株397,800円
500株663,000円
1000株1,326,000円
  • ※投資金額には、株式購入時に必要となる証券会社の売買手数料などは含んでおりません。

優待と配当金

100株500株1,000株
優待(年間)商品が1品選べる
オリジナルカタログを贈呈
1年未満:2,000円相当
1年以上:2,500円相当
3年以上:3,000円相当
商品が1品選べる
オリジナルカタログを贈呈
1年未満:3,000円相当
1年以上:4,000円相当
3年以上:5,000円相当
商品が1品選べる
オリジナルカタログを贈呈
1年未満:3,000円相当
1年以上:4,000円相当
3年以上:5,000円相当
配当金(年間)3,500円17,500円35,000円
  • ※1株当たり配当金:(中間15円・期末20円 合計35円)
    ※2018年3月期の配当予想をもとに試算したものです。

企業からのコメント

代表取締役社長 蒔田 穂高
ローコスト・オペレーションに対応し、グループの活力を蘇らせてまいります
代表取締役社長
蒔田 穂高

圧倒的な市場シェアNo.1企業

 当社は、パチンコホール向けプリペイドカードシステム事業において、シェア第1位の日本ゲームカードと、同4位のジョイコシステムズとが2011年4月に経営統合して誕生しました。20年以上の歴史を有するカードシステム事業は、遊技料金の支払いを第三者が発行するカードを通じて行うことによって、パチンコホールの経理の透明化を図ることを目的にスタートしました。その後、このシステムは、遊技ファンやパチンコホール経営にとってより良いものへと進化を続け、今日では、パチンコホール経営にとってなくてはならない存在となりました。
 このカードシステムは、全国約9,000ホールに導入されていますが、そのうち、約4,000ホールは当社グループのカードシステムが導入されており、加盟店シェアは圧倒的なNo.1を誇っています。

将来を見据えた施策に注力

 パチンコホール経営の厳しい環境が続く中で、当社は、過度な価格競争を抑制するとともに、販管費の削減に取り組んでいます。また、経営効率化を図るための構造改革に着手し、グループ3社の本店所在地を東京都台東区に集約しました。さらに、希望退職の募集も含め、組織体制を抜本的に見直す痛みを伴う構造改革を断行しました。これらの構造改革によって、2017年3月期は利益が上向きに転じ、一定の成果を得ることができました。
 今後、パチンコホールのコスト意識は一層高まると想定され、パチンコホールのローコスト・オペレーションに対応した商品・サービスの開発が不可欠となります。また、中長期的に成長していくためには、新たな事業領域を構築していくことが必要となります。パチンコメーカー団体の日本遊技機工業組合が次世代パチンコとして開発を目指す「管理遊技機」への対応など、新規ビジネスの創出に力を入れてまいります。
 パチンコは、未だ市場規模20兆円超を誇る、国内最大のレジャー産業です。当社グループは、この市場に対し将来を見据えた施策を実行し、成長と発展を実現してまいります。
将来を見据えた施策に注力

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

株主優待をお得にゲットしよう

企業説明

株式会社ゲームカード・ジョイコホールディングスは、パチンコプリペイドカードシステムで加盟店シェアNo.1の企業です。プリペイドカードシステム事業を通して業界の健全な発展に寄与するとともに、市場から支持される商品・サービスの開発を行い、事業の維持拡大を推し進めています。

株主優待積極企業

  • 信金中央金庫

    信金中央金庫
    9月末現在の保有口数に応じて、優先出資者限定オリジナルグッズや全国の信用金庫のお取引先が取り扱う商品(グルメカタログ)の中からお好みのものを贈呈いたします。
  • (株)三栄コーポレーション

    (株)三栄コーポレーション
    保有株式数と保有期間に応じて進呈する優待ポイントを利用し、オリジナルQUOカード、当社グループ商品や社会貢献活動(当社指定)への寄付よりお選びいただけます。
  • タマホーム(株)

    タマホーム(株)
    2015年5月31日現在の株主様より株主優待制度を開始いたしました。保有株式数、保有期間に応じて、当社グループで利用可能な優待券、「タマホーム株主限定 木村拓哉 特製クオ・カード」、「緑の募金」への寄付の中から一つをご選択いただきます。
  • (株)大和証券グループ本社

    (株)大和証券グループ本社
    毎年、3月末日、9月末日現在の株主様に「株主優待品カタログ」をお送りし、その中からお好みの品をお選びいただいております。
  • ソーダニッカ(株)

    ソーダニッカ(株)
    1,000株以上保有の株主様を対象に、「クオ・カード」3,000円分を贈呈するとともに、長期保有株主優遇制度を設けました。
  • 株主優待積極企業一覧
大和インベスター・リレーションズ

株主優待の情報は
大和インベスター・リレーションズから
提供されています。