ここから本文です
東証1部
3762
情報・通信
7/17リアルタイム株価

テクマトリックス(株)

2,093前日比+104(+5.23%)
権利確定月9月末日
単元株数100株
優待のポイント500株以上ご所有の株主様を対象に、保有株式数に応じてご希望のギフトを贈呈しています。ギフトに代えて、寄付をお選びいただくことも可能です。
優待の種類

株主優待の内容

商品または寄付の中からいずれか1つを選択

500株以上1,000円相当
①モンレーヴ ガトーショコラ パレット
②横浜本牧亭 ビーフカレー
③ゆかり屋本舗 有明産 明太子風味&味海苔セット 
④麺三昧 讃岐うどん・信州そば・名古屋名物きしめんセット
⑤かりんとう詰め合わせ
⑥「公益財団法人 日本ユニセフ協会」または「あしなが育英会」へ寄付
商品または寄付の中からいずれか1つを選択
1,000株以上3,000円相当
①宮崎牛 すき焼用
②トンデンファーム ソーセージ・ベーコンセット
③国産牛 サーロインステーキ
④十勝 スイーツアイス
⑤北海道産 ゆめぴりか
⑥「公益財団法人 日本ユニセフ協会」または「あしなが育英会」へ寄付
商品または寄付の中からいずれか1つを選択
※写真は2018年9月期の優待品です。

投資金額と配当金(優待内容の差)

投資金額

株価購入枚数投資金額
2,093円
100株209,300円
500株1,046,500円
1000株2,093,000円
--
  • ※投資金額には、株式購入時に必要となる証券会社の売買手数料などは含んでおりません。

優待と配当金

100株500株1,000株
優待(年間)-優待品または寄付
1,000円相当
優待品または寄付
3,000円相当
配当金(年間)1,800円9,000円18,000円
  • ※1株当たり配当金:18円
    ※2018年3月期の配当予想をもとにしています。

企業からのコメント

代表取締役社長 由利 孝
事業戦略の完成度を高め次なる成長ステージへ
代表取締役社長
由利 孝

中期経営計画「TMX 3.0」を遂行

 ITのスペシャリスト集団として最新のIT技術を活用し、企業のビジネスモデル変革と企業競争力の強化をサポートする当社は、現在、2018年3月期を最終年度とする3カ年中期経営計画「TMX3.0」に取り組んでいます。
 IT投資を取り巻く環境について、設備の「所有」からサービスの「利用」へと急速に変化する中で、クラウドサービスの利用拡大が続いています。また、官・民におけるサイバー攻撃に対する防衛力強化やセキュリティ基盤の整備に関わる情報セキュリティ関連需要は旺盛となっています。こうした環境下で、当社は、「TMX 3.0」のもと、「クラウド関連事業の戦略的・加速度的推進」と「セキュリティ&セイフティの追求」を中核的戦略に据えて事業を進めています。クラウド事業の進捗については、ここ数年注力してきた医療クラウドが単月で黒字化し、収益貢献が鮮明となってきました。自社開発の医療情報クラウドサービス「NOBORI」を導入した医療施設数は約650施設、利用患者数にして1,500万人を超えました。一方、セキュリティ&セイフティについては、AI技術や高速検索技術を導入したサイバーセキュリティ対策の高度化や、IoT時代の組込みソフトウェアの機能安全実現など、新技術への対応を強化し、業績の拡大につなげてまいります。
 当社は、「TMX 3.0」を通じて着手した事業戦略の完成度を高め、さらなるチャレンジを通じて自らを変革し、「次世代のITサービスクリエーター」、「次世代のITサービスプロバイダー」への変貌をさらに加速させてまいります。

「CylancePROTECTR」の販売を開始

 当社は、米国サイランス社と代理店契約を締結し、2017年2月より、同社が提供する、AIを活用した次世代アンチウイルス製品「CylancePROTECTR」の販売を開始しました。同製品は、巧妙化、高度化するサイバー攻撃に対し、AIを活用した機械学習技術とアルゴリズムにより、既知のものだけでなく未知のマルウェアも検知し、防御します。IoTの進展によって、高度なセキュリティが求められる制御系・勘定系・研究開発および個人情報取り扱いシステムが外部につながる環境の中で、パソコンやサーバなどのエンドポイントのセキュリティ対策は、今後ますます重要性を増していきます。同製品は、マルウェアの実行を高い精度で未然に阻止できる唯一のエンドポイントソリューションと言えます。
「CylancePROTECTR」の販売を開始

検知率99.7%のエンドポイントソリューション

「NOBORI」の契約施設数が拡大

 「NOBORI」は、医用画像情報を安全に保管・共有できるクラウドPACS( Picture Archiving and CommunicationSystem:医用画像システム)です。1990年に医用画像の電子保存の解禁が政府から通知されて以来、当社もPACSの開発をスタートし、2012年10月にはクラウド解禁の厚生労働省通達の2週間前に「NOBORI」のサービスを開始しました。その後4年間の先行投資が奏功して契約施設数も大幅に拡大し、クラウドPACS市場で確固たる地位を確立しています。
「NOBORI」の契約施設数が拡大

「NOBORI」の契約施設数の進捗

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

株主優待をお得にゲットしよう

企業説明

テクマトリックス株式会社は、「情報基盤事業」と「アプリケーション・サービス事業」という2つの事業フィールドにおいて、自社開発アプリケーションのクラウドサービス( SaaS=Software as a Service)や、AI(人工知能)を活用した最先端の情報セキュリティ技術などの提供とともに、その保守・運用・監視までをも含むトータルな付加価値サービスにより、顧客のビジネスプロセスの変革をサポートしています。

株主優待積極企業

  • (株)日伝

    (株)日伝
    株主の皆様の日頃のご支援に感謝し、3月末の株主様にQUOカードを、9月末の株主様にさぬきうどんや無洗米を、ご所有株式数に応じて贈呈いたします。
  • ヒューリック(株)

    ヒューリック(株)
    12月末の株主名簿に記載されている300株以上保有の株主様に、3,000円相当のグルメカタログギフトからお好きな商品を1点、または「あしなが育英会」への寄付のいずれかをお選びいただいています。また、300株以上を3年以上継続保有の株主様は、同カタログギフトより2点(6,000円相当)をお選びいただけます。
  • 日清食品ホールディングス(株)

    日清食品ホールディングス(株)
    日清食品グループの製品詰合せ、さらにオリジナルグッズをご所有株式数に応じてお届けしています。なお、「国連WFP」への寄付を選択することも可能です。2017年度実施の株主優待から長期保有優遇制度を導入しました。
  • 日本製粉(株)

    日本製粉(株)
    3月末に500株以上ご所有の株主様に自社商品詰め合わせを贈呈するとともに、1年超継続保有の株主様には9月にも自社商品詰め合わせをお届けします。
  • ジューテックホールディングス(株)

    ジューテックホールディングス(株)
    株主の皆様の日頃のご支援に一層お応えするために、2018年3月末現在の株主様より優待内容を拡充し、QUOカード2,000円分を贈呈いたします。
  • 株主優待積極企業一覧
大和インベスター・リレーションズ

株主優待の情報は
大和インベスター・リレーションズから
提供されています。