ここから本文です
3289
不動産業
12/15リアルタイム株価

東急不動産ホールディングス(株)

807前日比-8(-0.98%)
権利確定月3月末日・9月末日
単元株数100株
優待のポイントグループで運営しているリゾート施設や都市型ホテル、フィットネスクラブ等のご利用優待に加え、継続保有の株主様にオリジナルカタログギフトを贈呈します。
優待の種類

株主優待の内容

株主様ご優待券(3月末、9月末)

①宿泊優待券(リゾートホテル)
②宿泊優待共通券(東急ステイ・リゾートイン・パラオ パシフィック リゾート)
③スポーツ優待共通券(ゴルフ場・スキー場・東急スポーツオアシス)
④買物優待カード(東急ハンズ割引)※3月末のみ
100株以上① 1枚   ② 2枚   ③ 2枚   ④ ―
500株以上① 2枚   ② 4枚   ③ 4枚   ④1枚 (5%割引カード)
1,000株以上① 4枚   ② 6枚   ③ 6枚   ④1枚 (5%割引カード)
5,000株以上① 8枚   ②12枚   ③12枚   ④1枚(10%割引カード)
株主様ご優待券(3月末、9月末)
上記に加え、3年以上継続保有で

カタログギフト(3月末)

東急ハンズ商品やリゾートホテル・ゴルフ場・スキー場等の施設利用券などお好きな1品をお選び頂けます。
500株以上2,000円相当
1,000株以上5,000円相当
5,000株以上10,000円相当
カタログギフト(3月末)
※カタログギフトのリゾート施設利用券は、株主様ご優待券との併用が可能です。

投資金額と配当金(優待内容の差)

投資金額

株価購入枚数投資金額
807円
100株80,700円
500株403,500円
1000株807,000円
5000株4,035,000円
  • ※投資金額には、株式購入時に必要となる証券会社の売買手数料などは含んでおりません。

優待と配当金

100株500株1,000株5,000株
優待(年間)宿泊優待券:2枚
宿泊優待共通券:4枚
スポーツ優待共通券:4枚
宿泊優待券:4枚
宿泊優待共通券:8枚
スポーツ優待共通券:8枚
買物優待カード(東急ハンズ割引):
1枚(5%割引カード)
3年以上保有で
カタログギフト:
2,000円相当
宿泊優待券:8枚
宿泊優待共通券:12枚
スポーツ優待共通券:12枚
買物優待カード(東急ハンズ割引):
1枚(5%割引カード)
3年以上保有で
カタログギフト:
5,000円相当
宿泊優待券:16枚
宿泊優待共通券:24枚
スポーツ優待共通券:24枚
買物優待カード(東急ハンズ割引):
1枚(10%割引カード)
3年以上保有で
カタログギフト:
10,000円相当
配当金(年間)1,300円6,500円13,000円65,000円
  • ※1株当たり配当金:13円
    ※2017年3月期の配当実績をもとにしています。

企業からのコメント

代表取締役社長 大隈 郁仁
変わりゆく時代への挑戦  変化を先取りし、果敢に挑む。グループ共創で、価値を創造し続ける企業グループへ
代表取締役社長
大隈 郁仁
 東急不動産ホールディングスグループは、1918年、理想の街づくりを目指して先駆的に取り組んだ田園都市株式会社を原点に、現在では100社以上で構成される総合生活産業グループです。豊かで健やかな社会の実現に向け、ハコやモノの枠を超えてライフスタイルを創造・提案し、新たな価値を追求し続けてまいります。

7つの事業セグメントを展開

 当社グループは、7つの事業セグメントを展開しています。オフィスビル・商業施設・賃貸住宅や学生マンションなどの開発・管理・運営等を行う「都市事業」、マンション・戸建住宅の分譲を行う「住宅事業」、マンション・ビル等の総合管理業務等を行う「管理事業」、不動産の仲介、販売代理等を行う「仲介事業」に、リゾートや都市型ホテル・フィットネスクラブ・シニア住宅等の分譲・運営等を行う「ウェルネス事業」を加えた5事業はコア事業として、成長のエンジン役を担っています。また、住生活と手作りに関する素材及び商品等の小売りを行う「ハンズ事業」をグループの付加価値向上、海外事業等を行う「次世代・関連事業」を将来の成長ドライバーとして、それぞれ強化しています。
7つの事業セグメントを展開

「中期経営計画2017-2020」を推進

 当社グループは、2014年11月に7カ年の中長期経営計画「Value Frontier 2020」を策定し、2020年にありたいグループの姿を「価値を創造し続ける企業グループ」と定め、より長期を見据えた経営へとシフトしました。
 中長期経営計画の後半期(ステージ2)として、当社グループは現在、4カ年にわたる「中期経営計画2017-2020」に取り組んでいます。同計画において、2つの基本方針「関与アセット拡大」および「新たな需要創出」を継続しながら、グループの総合力を活かした3つの成長戦略として、「ライフスタイル提案型の街づくり」、「循環型再投資事業の領域拡大」、「ストックの活用強化」を推進してまいります。加えて、グループ間の幅広い事業基盤を活かした事業間シナジーの取り組み強化や、ESG(環境・社会・ガバナンス)マネジメントに注力することにより、収益基盤の持続的成長と長期的な企業価値の向上を目指してまいります。
 2020年度の目標として営業利益930億円を掲げ、また、株主還元については、安定的な配当を継続維持するとともに配当性向の目標を25%以上に設定しています。その方針に基づき、2017年度の1株当たりの配当金は年間14.5円を計画し、5期連続の増配となる見込みです。

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

株主優待をお得にゲットしよう

企業説明

東急不動産ホールディングス株式会社は、2013年10月に設立された持株会社で、傘下に東急不動産、東急コミュニティー、東急リバブル、東急ハンズ、東急住宅リース、学生情報センターならびに各々の関連会社を有しています。都市事業、住宅事業、管理事業、仲介事業、ウェルネス事業、ハンズ事業、次世代・関連事業の7つの事業によって、社会とともに持続的な発展を目指しています。

株主優待積極企業

  • 京浜急行電鉄(株)

    京浜急行電鉄(株)
    ご所有株式数500株以上の株主様にグループ施設株主優待割引券を贈呈いたします。さらに、ご所有株式数1,500株以上の株主様には優待乗車証等も贈呈いたします。
  • ヒューリック(株)

    ヒューリック(株)
    12月末の株主名簿に記載されている300株以上保有の株主様に、3,000円相当のグルメカタログギフトからお好きな商品を1点、または「あしなが育英会」への寄付のいずれかをお選びいただいています。また、300株以上を3年以上継続保有の株主様は、同カタログギフトより2点(6,000円相当)をお選びいただけます。
  • (株)FJネクスト

    (株)FJネクスト
    100株以上ご保有の株主様に優待商品を贈呈するとともに、1,000株以上保有されている株主様には、当社グループ温泉旅館利用券を贈呈しています。さらに、2017年3月末の株主様より長期保有株主様を対象とした優待制度を開始しています。
  • 日清食品ホールディングス(株)

    日清食品ホールディングス(株)
    日清食品グループの製品詰合せ、さらにオリジナルグッズをご所有株式数に応じてお届けしています。なお、「国連WFP」への寄付を選択することも可能です。2017年度実施の株主優待から長期保有優遇制度を導入しました。
  • (株)ウチヤマホールディングス

    (株)ウチヤマホールディングス
    株主様への感謝の意を込めて、また、当社グループの前身「内山米穀店」にちなんで、お米券を贈呈いたします。
  • 株主優待積極企業一覧
大和インベスター・リレーションズ

株主優待の情報は
大和インベスター・リレーションズから
提供されています。