ここから本文です
東証1部
3003
不動産業
年初来高値
11:30リアルタイム株価

ヒューリック(株)

1,265前日比+7(+0.56%)
権利確定月12月末日
単元株数100株
優待のポイント12月末の株主名簿に記載されている300株以上保有の株主様に、3,000円相当のグルメカタログギフトからお好きな商品を1点、同一株主番号にて300株以上を3年以上継続保有の株主様には、同カタログギフトより2点(6,000円相当)をお選びいただいております。
優待の種類

株主優待の内容

グルメカタログギフト

300株以上保有期間
3年未満:3,000円相当のグルメカタログギフトからお好きな商品1点
3年以上*:3,000円相当のグルメカタログギフトからお好きな商品2点(6,000円相当)
* ただし、株主名簿に記載された株主番号と同一の株主番号で継続保有の場合に限る。
グルメカタログギフト
※上記に代えて、その相当金額を「あしなが育英会」への寄付に充てていただくこともできます。

投資金額と配当金(優待内容の差)

投資金額

株価購入枚数投資金額
1,265円
300株379,500円
500株632,500円
1000株1,265,000円
--
  • ※投資金額には、株式購入時に必要となる証券会社の売買手数料などは含んでおりません。

優待と配当金

300株500株1,000株
優待(年間)グルメカタログギフト
または 寄付
【保有期間3年未満】3,000円相当
【保有期間3年以上】6,000円相当
グルメカタログギフト
または 寄付
【保有期間3年未満】3,000円相当
【保有期間3年以上】6,000円相当
グルメカタログギフト
または 寄付
【保有期間3年未満】3,000円相当
【保有期間3年以上】6,000円相当
配当金(年間)7,650円12,750円25,500円
  • ※1株当たり配当金:25.50円
    ※2018年12月期の配当実績をもとにしています。

企業からのコメント

代表取締役社長 吉留 学
東証一部上場以来10年連続で、毎期最高益更新と増配を実現
代表取締役社長
吉留 学
 ヒューリックは、2008年の東証一部上場以来、10年連続で最高益を更新するとともに、毎期増配を続けています。東京23区を中心とした「不動産賃貸事業」を中核事業とし、2019年6月末時点で賃貸用不動産を253棟(販売用不動産を除く)保有しています。オフィス・銀行店舗ビル・商業ビルを中心に東京23区の駅から3分以内という好立地の物件が多いことが特徴です。
 中期3ヵ年経営計画(2018年~2020年)では、今後成長が見込まれる分野である3K(高齢者・健康、観光、環境)ビジネスを継続進化させる一方、当社の建替えノウハウを生かし、開発事業、高付加価値を創出して収益化する不動産バリューアッドビジネスにも注力することで、持続的な成長戦略を支える事業基盤の構築を目指してまいります。

自社開発「HULIC &New」シリーズが順調に拡大

 当社は、「そして、新しい暮らしの付加価値を。」をコンセプトとして、自社開発による都市型中規模コンパクト商業施設「HULIC &New(アンニュー)」シリーズを展開しています。2017年に竣工した「HULIC &New SHIBUYA」、「HULIC &New SHINBASHI」に続き、「HULIC &New AKIHABARA」が2019年4月(一部飲食店舗は8月)にオープンしました。加えて、同年9月にオープンしたシリーズ第4弾「HULIC &New KICHIJOJI」では、スポーツからグルメ、クリエイティブまで多彩なテナントを誘致し、吉祥寺の街に新しい交流の場を提案します。今後、新宿、渋谷、銀座等での開業を予定しております。
自社開発「HULIC &New」シリーズが順調に拡大

高齢者ビジネスの取り組み

 当社では、高齢化の進展に対応するため、老人ホームを中心とした高齢者施設の開発・投資に取り組んでいます。
ヒューリックの高齢者施設保有室数は首都圏中心に当社グループ全体で「40棟/3,200室超」(2019年6月末時点)と、アジアトップレベルの実績を誇ります。また、高齢者施設開発の際には、100年安心の建築スペックと新技術を積極的に取り入れた環境対応を実施し、オペレーター様、ご入居者様からも高い評価を得ています。
高齢者ビジネスの取り組み

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

株主優待をお得にゲットしよう

企業説明

ヒューリック株式会社は、「駅と未来に近いビル」をコーポレートスローガンに掲げ、東京23区を中心とした好立地のオフィス・商業ビル等を展開する「不動産賃貸事業」を中核事業としています。また、今後需要が見込まれる高齢者向け事業、観光事業などへの取り組みを強化し、事業基盤の維持・発展に努めています。

株主優待積極企業

  • 日清食品ホールディングス(株)

    日清食品ホールディングス(株)
    ご所有株式数や保有期間に応じて、日清食品グループの製品詰合せ、または寄付のいずれかを選択できます。なお、2018年3月末より100株~300株未満の株主様への優待品を年2回1,500円相当から年1回3,000円相当に変更しています。
  • (株)ストライク

    (株)ストライク
    株主の皆様の日頃のご支援に感謝の気持ちを込めまして、2018年8月末の100株以上保有の株主様より、株主優待制度を開始しました。
  • ラサ商事(株)

    ラサ商事(株)
    100株以上保有の株主の皆様に、オリジナルQUOカードを贈呈いたします。また、株主優待に社会貢献を盛り込んでいます。
  • 東急不動産ホールディングス(株)

    東急不動産ホールディングス(株)
    継続保有株主優遇制度のカタログギフトは、東急ハンズの商品を中心に、リゾートホテル・ゴルフ場・スキー場利用でのお支払いにご利用可能な施設利用券や自社グループの通販サイト「逸品おとりよせ」の食品メニュー、森林保全活動へのご寄付等からお好きな一品をお選びいただけます。
  • セキ(株)

    セキ(株)
    道後温泉近くにある「セキ美術館」ご招待券、オリジナルカレンダー、エコタイプ環境対応型オリジナルティッシュペーパーをご贈呈します。
  • 株主優待積極企業一覧
大和インベスター・リレーションズ

株主優待の情報は
大和インベスター・リレーションズから
提供されています。