ここから本文です
東証1部
3003
不動産業
年初来高値
15:00リアルタイム株価

ヒューリック(株)

1,245前日比+2(+0.16%)
権利確定月12月末日
単元株数100株
優待のポイント12月末の株主名簿に記載されている300株以上保有の株主様に、3,000円相当のグルメカタログギフトからお好きな商品を1点、または「あしなが育英会」への寄付のいずれかをお選びいただいています。また、300株以上を3年以上継続保有の株主様は、同カタログギフトより2点(6,000円相当)をお選びいただけます。
優待の種類

株主優待の内容

グルメカタログギフト

300株以上保有期間3年未満:3,000円相当のグルメカタログギフトからお好きな商品1点
保有期間3年以上(ただし、2014年12月末時点の株主名簿に記載された
株主番号と同一の株主番号で継続保有の場合に限る):3,000円相当のグルメカタログギフトからお好きな商品2点(6,000円相当)
※上記に代えて、その相当金額を「あしなが育英会」への寄付に充てていただくことができます。
グルメカタログギフト

投資金額と配当金(優待内容の差)

投資金額

株価購入枚数投資金額
1,245円
300株373,500円
500株622,500円
1000株1,245,000円
--
  • ※投資金額には、株式購入時に必要となる証券会社の売買手数料などは含んでおりません。

優待と配当金

300株500株1,000株以上
優待(年間)グルメカタログギフト
または寄付
保有期間3年未満:
3,000円相当
保有期間3年以上:
6,000円相当
グルメカタログギフト
または寄付
保有期間3年未満:
3,000円相当
保有期間3年以上:
6,000円相当
グルメカタログギフト
または寄付
保有期間3年未満:
3,000円相当
保有期間3年以上:
6,000円相当
配当金(年間)5,100円8,500円17,000円
  • ※1株当たり配当金:17円
    ※2016年12月期の配当実績をもとにしています。

企業からのコメント

代表取締役社長 吉留 学
東証一部上場以来8年連続で毎期最高益更新と増配を実現
代表取締役社長
吉留 学
 ヒューリックは、2008年の東証一部上場以来、8年連続で最高益を更新するとともに、毎期増配を続けています。東京23区を中心とした「不動産賃貸事業」を中核事業とし、2017年3月末時点で賃貸用不動産を222棟保有しています。特に、みずほ銀行の支店が入居するオフィスビルを中心に都心5区の駅から3分以内という物件が過半を占め、その立地の良さから空室率は1%を下回る水準で推移しています。
 現在当社は、永続的な企業価値の増大を目指す長期計画「10年後のヒューリック」の第2フェーズとなる中期経営計画( 2016 -2018)に取り組んでいます。3K(高齢者、観光、環境)関連の不動産ビジネスを継続進化させる一方、当社の建替えノウハウを活かし、「投資した物件の付加価値を上げてリートや不動産投資家に売却する」バリューアッド・ビジネスや、フィービジネスなどのノンアセット分野での収益向上によって、成長スピードの加速を目指しています。
 今後も賃貸事業をコアとしつつ、時代のニーズを先んじて捉え、革新性を追求することによって、高い生産性と成長を実現してまいります。

都市型中規模コンパクト商業施設「HULIC &New (ヒューリック アンニュー)」シリーズを展開

 そして、新しい暮らしの付加価値を。
 常に「新しい(NEW)」を付加(&)するクリエイティブ・マインドを大切に。
 この自社開発の商業施設の名前は、新しいサービスと商品をご提供できる場所でありたいという気持ちとともに、「&」には当社とテナント様やお客様及び社会と強く結びつきたい気持ちも表現しています。
 その第一弾として2017年5月渋谷区宇田川町に「HULIC&New SHIBUYA」がオープンし、同年8月には第二弾として港区新橋に「HULIC &New SHINBASHI」がオープンしました。
 今後も同シリーズにて「新業態」や「エリア初」のテナントを集積した特徴ある商業施設を展開してまいります。
都市型中規模コンパクト商業施設「HULIC &New (ヒューリック アンニュー)」シリーズを展開

HULIC &New SHIBUYA

「日光ふふ」(仮称)の開業を決定

 当社は、観光事業強化のために「熱海ふふ」・「箱根・翠松園」を2015年に取得し、ハイクラスのお客様へ向けた旅館事業に注力してきました。その一環として、2019年秋の開業を目指し、「日光ふふ」(仮称)の設立を東武鉄道と2017年6月に合意しました。現在東武鉄道が所有する建設予定地は、1914年に建築された「田母沢御用邸付属邸」の跡地であり、皇室ゆかりの土地でもあります。日光の社寺を近傍に有する抜群のロケーション、そして荘厳な歴史と雄大な自然に見合う宿泊施設として、当社が建設・運営に関わります。ゲストに「最高級のこだわり」と「最高級のサービス」を提供する、日本トップレベルの高級温泉旅館を目指します。
「日光ふふ」(仮称)の開業を決定

日光ふふ イメージ図

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

株主優待をお得にゲットしよう

企業説明

ヒューリック株式会社は、「駅と未来に近いビル」をコーポレートスローガンに掲げ、東京23区を中心とした好立地のオフィスビル等を展開する、不動産賃貸事業を中核事業としている会社です。さらに、高齢者向け事業や観光事業など、新たな事業への取り組みを強化し、バランスのとれた事業基盤の維持・発展による企業価値の向上に努めています。

株主優待積極企業

  • (株)フォーカスシステムズ

    (株)フォーカスシステムズ
    株主優待制度として「フォーカスシステムズ・プレミアム優待倶楽部」を導入しました。毎年3月末に当社株式を200株以上保有する株主様に保有株式数に応じたポイントを贈呈いたします。
  • (株)ヤマザワ

    (株)ヤマザワ
    2月末日現在の株主様にヤマザワ買物優待券または全国共通ギフトカードを、8月末日現在の株主様に山形産特別栽培米「つや姫」またはヤマザワ買物優待券をお贈りいたします。
  • (株)池田泉州ホールディングス

    (株)池田泉州ホールディングス
    200株以上保有の株主さまに、保有株数・保有期間に応じ株主優待定期預金や地域特産品等の株主優待カタログをご用意しています。
  • 西日本旅客鉄道(株)

    西日本旅客鉄道(株)
    株主優待割引券を年1回発行しており、毎年3月31日の最終の株主名簿に記載された株主の皆様に対し、5月下旬にお送りしています。
  • 昭和産業(株)

    昭和産業(株)
    ご所有株数に応じて、バラエティ豊かな当社家庭用商品詰め合わせをお届けしています。
  • 株主優待積極企業一覧
大和インベスター・リレーションズ

株主優待の情報は
大和インベスター・リレーションズから
提供されています。