ここから本文です
東証JQS
2916
食料品
9/20リアルタイム株価

仙波糖化工業(株)

671前日比+2(+0.30%)
権利確定月9月末日
単元株数100株
優待のポイント9月30日現在、500株以上保有の株主さまに対して自社製品を贈呈するとともに、長期保有の株主さまに対する優待を設けています。
優待の種類

株主優待の内容

自社製品

500株以上保有期間 3年未満:3,000円相当   3年以上:5,000円相当
自社製品

投資金額と配当金(優待内容の差)

投資金額

株価購入枚数投資金額
671円
500株335,500円
1000株671,000円
1500株1,006,500円
--
  • ※投資金額には、株式購入時に必要となる証券会社の売買手数料などは含んでおりません。

優待と配当金

500株1,000株1,500株
優待(年間)自社製品
3年未満:3,000円相当
3年以上:5,000円相当
自社製品
3年未満:3,000円相当
3年以上:5,000円相当
自社製品
3年未満:3,000円相当
3年以上:5,000円相当
配当金(年間)7,500円15,000円22,500円
  • ※1株当たり配当金:15円
    ※2019年3月期の配当実績をもとにしています。

企業からのコメント

代表取締役社長 小林 光夫
100年企業実現に向けて、成長投資資金の確保と還元強化を追求
代表取締役社長
小林 光夫
 仙波糖化工業は、1946年の創業以来、加工食品の「色・味・香・旨」を演出する、オリジナリティーの高い食品素材メーカーとして、新たな「食」の世界を切り拓いてまいりました。一貫して食品素材のニッチをテーマに据え、「焙焼」「乾燥」「組立」「冷凍」の4つのコア技術を活かした製法によって、常にお客さまのニーズに即した製品を提供しております。おかげさまで2019年3月期の業績において初めて、売上高200億円、営業利益10億円を超えるとともに、売上高は5期連続、営業利益は4期連続で過去最高を更新することができました。今後も業容の拡大に努めることで食品業界においてさらに高いプレゼンスを発揮しながら、100年企業に向けての足場固めに力を入れてまいります。

営業キャッシュ・フローの最大化に注力

 当社は、「すべてのステークホルダーからの信頼を拡大」することを経営方針に掲げています。より良いものを作り、お客さまからの信頼度を向上させ、収益を伸ばすことで株主さま、従業員、地域社会への還元を増やしてまいります。そのために当社は、営業キャッシュ・フロー(営業利益+減価償却費)の最大化を目標とし、成長のための投資資金を確保するとともに、還元原資の拡大に努めてまいります。目標達成に向けた基本戦略として、個別経営からの脱却や海外子会社の管理強化を図る「グループ経営力強化」、中国市場や東南アジア市場に対応した「海外市場開拓」、開発強化と提案営業の強化による「自社商材拡販」等に取り組み、さらなる企業価値の向上を目指してまいります。
営業キャッシュ・フローの最大化に注力

海外収益基盤の強化・拡充を推進

 当社は、企業価値向上のための基本戦略の柱の一つとして海外市場開拓を掲げ、その強化に取り組んでいます。中国においては、新工場の建設を進めるとともに、2018年2月に福建龍和食品実業有限公司を子会社化しました。従来からの中国子会社・福州仙波糖化食品有限公司との一体運営によって、製造・販売におけるシナジーの発現と中国市場における事業基盤の拡充を目指します。2019年3月期の海外売上高は、2018年3月期に比べて約5.7倍の15億円弱まで伸張しており、海外売上高比率も7.3%(2018年3月期は1.4%)に拡大しました。
海外収益基盤の強化・拡充を推進

中国新工場建設の進捗状況(2019年8月)

 さらに、東南アジア市場への本格的な展開にも着手しています。これまで東南アジア向けにはベトナムの販売子会社「SEMBA-NFC VIETNAM COMPANY LIMITED」を起点として、現地パートナー企業への製造委託で対応してきました。しかし、2019年3月、ベトナムに製造子会社「SEMBA TOHKA VIETNAM COMPANY LIMITED」を設立し、東南アジアでの自社生産に乗り出しました。2020年度中に予定しているベトナム新工場の稼働によって、海外収益基盤の強化と海外売上高比率の向上を目指します。

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

株主優待をお得にゲットしよう

企業説明

仙波糖化工業株式会社は、加工食品の色・味・風味づくりなどを手掛ける食品素材メーカーとして、即席麺の粉末スープ、粉末茶、プリンのカラメルソースなど、生活の身近なところで数多く使われている製品を提供しています。自社ブランド商材が売上の約6割を占め、受託商材とともに経営基盤を支えています。海外市場開拓にも注力し、さらに強固な収益基盤の構築を目指しています。

株主優待積極企業

  • ソーダニッカ(株)

    ソーダニッカ(株)
    1,000株以上保有の株主様を対象に、「クオ・カード」3,000円分を贈呈するとともに、長期保有株主優遇制度を設けています。
  • (株)日伝

    (株)日伝
    株主の皆様の日頃のご支援に感謝し、3月末の株主様にQUOカードを、9月末の株主様にさぬきうどんや無洗米を、ご所有株式数に応じて贈呈いたします。
  • 日本ヘルスケア投資法人

    日本ヘルスケア投資法人
    日本ヘルスケア投資法人が投資するヘルスケア施設のオペレーターが提供する高品質な運営力・サービスをご体験いただけます。
  • (株)FJネクスト

    (株)FJネクスト
    100株以上ご保有の株主様に優待商品を贈呈するとともに、1,000株以上保有されている株主様には、当社グループ温泉旅館利用券を贈呈しています。さらに、2017年3月末の株主様より長期保有株主様を対象とした優待制度を開始しています。
  • (株)メニコン

    (株)メニコン
    当社グループの事業を一層ご理解いただくために、株主優待制度を導入しました。毎年3月末の株主様を対象といたします。
  • 株主優待積極企業一覧
大和インベスター・リレーションズ

株主優待の情報は
大和インベスター・リレーションズから
提供されています。