ここから本文です
東証1部
25935
11:28リアルタイム株価

(株)伊藤園第1種優先株式

2,110前日比-8(-0.38%)
権利確定月4月末日
単元株数100株
優待のポイント普通株式または優先株式それぞれにおいて、100株以上保有の株主様に、自社製品詰合せを贈呈します。また、通信販売品を割引価格にてお求めいただけるパンフレットもお送りいたします。
優待の種類

株主優待の内容

普通株式または優先株式

100株以上1,500円相当の自社製品
1,000株以上3,000円相当の自社製品
また、保有株数に応じて掲載商品を優待割引価格にてお求めいただけるパンフレットを送付。
※ 普通株式と優先株式の2種類を所有している場合には、その合計株数ではありません。
普通株式または優先株式

投資金額と配当金(優待内容の差)

投資金額

株価購入枚数投資金額
2,110円
100株211,000円
1000株2,110,000円
3000株6,330,000円
5000株10,550,000円
  • ※投資金額には、株式購入時に必要となる証券会社の売買手数料などは含んでおりません。

優待と配当金

100株500株1,000株
優待(年間)自社製品:1,500円相当自社製品:1,500円相当自社製品:3,000円相当
配当金(年間)4,000円20,000円40,000円
  • ※1株当たり配当金:40円
    ※2016年4月期の配当実績をもとに試算したものです。

企業からのコメント

ブランド強化とシナジー創出で「世界のティーカンパニー」へ

 伊藤園は、1966年の創業以来、「お客様第一主義」の経営理念に基づき、おいしさと品質を追求した製品開発を進めてまいりました。1985年、世界初となる緑茶飲料“缶入り煎茶”を発売し、1989年には、現在の主力ブランド「お~いお茶」の販売を開始しました。無香料、国産茶葉100%で、それまで存在しなかった無糖茶飲料市場を創造しました。以来、「お~いお茶」は広く消費者の皆様に愛される、緑茶飲料No.1ブランドとして飲料業界を牽引しています。

 当社は、「世界のティーカンパニー」を長期ビジョンに掲げ、世界中のお客様に「お茶」の伝統から最先端技術に至るまでの価値をお届けし、生活提案を行うことを目指しています。そのために、茶葉(リーフ)および飲料(ドリンク)を中心に国内収益基盤の確立と、グループ全体として、ブランドの強化ならびにシナジー(相乗効果)を創出し、持続的な成長を実現してまいります。また、海外事業基盤の拡充に向けて戦略的投資を継続し、「ITOEN MATCHAGREEN TEA」のグローバルブランドとしての地位確立とともに、ティーバッグなどの簡便性商品についても、世界各国の市場で一層の浸透を図ってまいります。
 今後も、より一層のブランド強化に努めて品揃えを強化し、お客様にご満足いただける本物のおいしさをご提供してまいります。

新千歳空港に直営専門店オープン

 当社は、2016年2月、新千歳空港国際線旅客ターミナルの商業施設にお茶の「伊藤園」直営専門店をオープンしました。同空港内に初出店となる「伊藤園」は、お茶の伊藤園だからこその品揃えを実現した“専門店(免税店)”として、国内のお客様のみならず、海外からのお客様にも大変好評をいただいています。羽田空港国際線旅客ターミナルの「茶寮 伊藤園」、成田空港にある専門店「FaSoLa 伊藤園」も売上が好調に推移しており、海外で展開するグローバルブランド「ITOEN MATCHAGREEN TEA」も含め、国の内外で“お茶の伊藤園”の認知を高め、売上拡大を目指してまいります。
新千歳空港に直営専門店オープン

新千歳空港「伊藤園」

個人投資家注目の優先株式

 当社は、個人投資家の皆様に新たな投資対象を提供したいという思いから、2007年9月、東京証券取引所第一部に第1種優先株式を上場しました。優先株式とは、普通株式に比べて利益の配当または残余財産の分配、あるいは両方について優先的に受け取ることができる株式です。優先株式には原則として議決権はありませんが、その代わりに優先株式の配当を普通株の1.25倍としています。貯蓄から投資へという流れのなかで優先株式が注目され、個人投資家の皆様に対して身近な投資対象の提供が実現しています。
個人投資家注目の優先株式

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

株主優待をお得にゲットしよう

企業説明

株式会社伊藤園は、緑茶飲料販売量No.1の「お〜いお茶」を基幹ブランドとする無糖飲料市場のパイオニア企業です。総合飲料メーカーとして、「健康ミネラルむぎ茶」、「タリーズコーヒー」、「1日分の野菜」など皆様に親しまれるブランドを育成し、事業を拡大しています。また、日本の食文化としての「お茶」を世界へ発信する「世界のティーカンパニー」としてグローバル展開を進めています。

株主優待積極企業

  • ジャパンフーズ(株)

    ジャパンフーズ(株)
    3月末日現在、100株以上を保有の株主様で、自社製品をご希望される株主様に贈呈いたします。
  • 旭情報サービス(株)

    旭情報サービス(株)
    毎年3月31日現在で1,000株以上保有される株主さまに「カタログギフト」5,000円コースをご贈呈しております
  • 日清食品ホールディングス(株)

    日清食品ホールディングス(株)
    当社グループの製品詰合せやオリジナルグッズをご所有株式数に応じてお届けしています。「国連WFP」への寄付を選択することもできます。
  • チムニー(株)

    チムニー(株)
    株主の皆様に、お食事ご優待券やお食事券、または優待品をご選択いただいております。決算期変更に伴い、2017年3月期の割当基準日は、6月末(終了)・12月末・3月末となり、2018年3月期以降は、9月末・3月末が割当基準日となります。
  • (株)ダイキアクシス

    (株)ダイキアクシス
    2016年12月末現在の株主様より株主優待制度を導入しました。毎年12月末に当社株式を100株以上保有する株主様にオリジナルクオカードを贈呈いたします。
  • 株主優待積極企業一覧
大和インベスター・リレーションズ

株主優待の情報は
大和インベスター・リレーションズから
提供されています。