ここから本文です

「2001 2002 2003 2004 2009 2053 2055 2058 2060 2107 2108 2109 2112 2114 2117 2201 2204 2206 2207 2208」で銘柄検索した結果一覧

126件中91105件を表示しています。
  • ブラジル公社債ファンド [64312117] - 投信 掲示板

    10/15
  • 1,757
    +18+1.04%
  • 主要投資対象は、ブラジルの政府・企業等が発行する米ドル建債券等。ポートフォリオの構築は、金利の見通しや債券種別毎の魅力度、個別銘柄の信用力、割安度、流動性等に係る評価・分析に基づき行う。原則としてブラジル・レアル買い、米ドル売りの為替取引を行う。ファンドオブファンズ方式で運用。毎月15日決算。
【64312117】ブラジル公社債ファンド
【65312112】ラッセル・インベストメント・アジア増配継続株100B
  • 三井住友・年金プラン50 [79312009] - 投信 掲示板

    10/15
  • 17,756
    +215+1.23%
  • 確定拠出年金専用ファンド。国内株式33%、外国株式17%、国内債券40%、外国債券10%をファンドの標準的な資産配分比率として分散投資を行い、信託財産の中長期的な安定成長を目指して運用。実質組入れ外貨建資産については、原則として為替ヘッジを行わない。ファミリーファンド方式で運用。3月決算。
【79312009】三井住友・年金プラン50
  • ベトナム株式ファンド [79312107] - 投信 掲示板

    10/15
  • 27,328
    +106+0.39%
  • 主要投資対象は、ベトナムの取引所に上場している株式、および世界各国・地域の取引所に上場しているベトナム企業の株式等。銘柄選定にあたっては、成長性、財務健全性および流動性等に配慮し、厳選投資する。外貨建資産については、原則として為替ヘッジを行わない。ファミリーファンド方式で運用。7月決算。
【79312107】ベトナム株式ファンド
【79312114】三井住友・DC新興国株式インデックスF
  • SMBC・DCインデックスファンド(S&P500) [79312207] - 投信 掲示板

    10/15
  • 14,567
    +308+2.16%
  • 確定拠出年金専用ファンド。主として米国の取引所に上場している株式の中から、S&P500インデックスに採用されている銘柄を中心に投資し、S&P500インデックス(配当込み、円換算ベース)の動きに連動する投資成果を目指して運用を行う。 実質組入外貨建資産については、原則として対円での為替ヘッジを行わない。ファミリーファンド方式で運用。11月決算。
【79312207】SMBC・DCインデックスファンド(S&P500)
  • SBI 米国株 (NYSE FANG+) トリプル・ベア [89312204] - 投信 掲示板

    10/15
  • 446
    -16-3.46%
  • 主として、ユーロ円債に投資することにより、NYSE FANG+指数(米ドルベース)の値動きの概ね3倍程度逆となる投資成果をめざす。ユーロ円債の組入比率は、原則として高位を保つことを基本とする。組入れユーロ円債の取引対象となるスワップ取引を通じて、実質的な為替ヘッジ効果の享受をめざす。4月決算。
【89312204】SBI 米国株 (NYSE FANG+) トリプル・ベア
  • マネックス・アクティビスト・ファンド [AL312206] - 投信 掲示板

    10/15
  • 13,645
    +283+2.12%
  • 主として日本の上場株式(これに準ずるものを含む)に投資し、個別企業の分析を重視したボトム・アップ手法による銘柄選択により比較的少数の銘柄に投資する。企業分析では、経営戦略、事業モデル、経営陣の質、財務状況など、財務面と非財務面(ESGを含む)からの視点を統合的に取り入れる。対象企業に対しては、目的を持ったエンゲージメント(対話)や提案を行い、企業価値と株主価値の中長期的な向上を目指す。ファミリーファンド方式で運用。3月決算。
【AL312206】マネックス・アクティビスト・ファンド
  • 投資法人みらい [3476] - 東証 掲示板

    10/15
  • 54,600
    +300+0.55%
    時価総額90,758百万円
  • 総合商社の三井物産と2001年創業の不動産投資会社イデラキャピタルをスポンサーとする総合型J-REIT。取得対象としてオフィスや商業施設といった従来型の資産の他、取得後に収益性の向上を目指すコアプラスアセットや、インダストリアル不動産及び教育施設といったニュータイプアセットの取得も進めている。2016年12月上場後3回増資を行い、コロナ禍においてポートフォリオのディフェンシブ性を高める物件入替を実施した結果、現在の資産規模は1539億円、用途別ではオフィス55%、商業施設19%、ホテル17%、その他9%とポートフォリオの拡大及び分散に注力した。旗艦物件は「川崎テックセンター」。また格付けについてはJCRから「A+」を取得している。現在はコロナ発生後に公表した「みらいリバイバルプラン」の完遂に向けて、ホテルのセットアップオフィスへのコンバージョン案件や、コアプラスアセット「ミ・ナーラ(奈良県)」の再リニューアルに注力している
【3476】投資法人みらい
【8951】日本ビルファンド投資法人
【8952】ジャパンリアルエステイト投資法人
【8953】日本都市ファンド投資法人
【8954】オリックス不動産投資法人
【8955】日本プライムリアルティ投資法人
【SAN-PA】サンタンデール・ファイナンス・プリファード

ヘッドライン

マーケット情報

【ご注意】

Yahoo!ファイナンスは東京証券取引所大阪取引所名古屋証券取引所野村総合研究所東洋経済新報社モーニングスターリフィニティブ・ジャパン外貨ex byGMOからの情報提供を受けています。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。

当社は、この情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。