ここから本文です

「Evo Fund」で銘柄検索した結果一覧

162件中136150件を表示しています。
【SQBG】シーケンシャル・ブランズ・グループ
  • 野村 インデックスF・JPX日経400 [01311143] - 投信 掲示板

    12/3
  • 16,343
    -8-0.05%
  • 東京証券取引所上場(予定含む)株式のうち、JPX日経インデックス400採用(採用が決定されたもの含む)を主要投資対象とし、JPX日経インデックス400の動きに連動する投資成果を目指して運用。株式の組入比率は、原則として高位を維持。デリバティブの利用はヘッジ目的に限定。ファミリーファンド方式で運用。9月決算。
【01311143】野村 インデックスF・JPX日経400
  • 野村 インデックスF・米国ハイ・イールド債券 [01311167] - 投信 掲示板

    12/3
  • 12,145
    +33+0.27%
  • 米ドル建てのハイ・イールド社債を実質的な主要投資対象とし、ブルームバーグ・バークレイズ米国ハイイールド社債高流動性インデックス(ヘッジなし・円換算ベース)の中長期的な動きを概ね捉える投資成果を目指して運用を行う。対象インデックスの動きを効率的に捉える投資成果を目指すため、債券先物取引等のデリバティブ取引をヘッジ目的外の利用を含め活用する場合がある。原則、為替ヘッジを行わない。ファミリーファンド方式で運用。4月決算。
【01311167】野村 インデックスF・米国ハイ・イールド債券
  • 野村 インデックスF・米国株式配当貴族 [01311171] - 投信 掲示板

    12/3
  • 13,972
    -25-0.18%
  • 米国の株式を実質的な主要投資対象とし、S&P500配当貴族指数(配当込み・円換算ベース)の動きに連動する投資成果を目指して運用を行う。株式の実質組入比率は、原則として高位を基本とする。効率的な運用を行うため、上場投資信託証券(ETF)を実質的に活用する場合がある。実質組入外貨建資産については、原則として為替ヘッジを行わない。ファミリーファンド方式で運用。4月決算。
【01311171】野村 インデックスF・米国株式配当貴族
  • 野村 インデックスF・米国ハイ・イールド債券・H型 [01312167] - 投信 掲示板

    12/3
  • 11,096
    +14+0.13%
  • 米ドル建てのハイ・イールド社債を実質的な主要投資対象とし、バークレイズ米国ハイイールド社債高流動性インデックス(円ヘッジ・円ベース)の中長期的な動きを概ね捉える投資成果を目指して運用を行う。対象インデックスの動きを効率的に捉える投資成果を目指すため、債券先物取引等のデリバティブ取引をヘッジ目的外の利用を含め活用する場合がある。原則、為替ヘッジを行う。ファミリーファンド方式で運用。4月決算。
【01312167】野村 インデックスF・米国ハイ・イールド債券・H型
  • 野村 インデックスF・米国株式配当貴族・H型 [01312171] - 投信 掲示板

    12/3
  • 14,393
    -48-0.33%
  • 米国の株式を実質的な主要投資対象とし、S&P500配当貴族指数(配当込み・円ヘッジ)の動きに連動する投資成果を目指して運用を行う。株式の実質組入比率は、原則として高位を基本とする。効率的な運用を行うため、上場投資信託証券(ETF)を実質的に活用する場合がある。実質組入外貨建資産については、原則として為替ヘッジにより為替変動リスクの低減を図る。ファミリーファンド方式で運用。4月決算。
【01312171】野村 インデックスF・米国株式配当貴族・H型
  • 野村 インデックスF・新興国株式 [0131310B] - 投信 掲示板

    12/3
  • 16,617
    +86+0.52%
  • 主要投資対象は、新興国の株式(DR含む)。MSCIエマージング・マーケット・インデックス(配当込み・円換算ベース)の中長期的な動きを概ね捉える投資成果を目指して運用。対象インデックスや投資対象の情報を収集・分析し、連動性が高いと考えられるポートフォリオを構築。原則として、為替ヘッジは行わない。ファミリーファンド方式で運用。9月決算。
【0131310B】野村 インデックスF・新興国株式
  • 野村 インデックスF・内外7資産バランス・H型 [01313139] - 投信 掲示板

    12/3
  • 15,027
    -14-0.09%
  • 内外の株式およびREIT、内外および新興国の債券を主要投資対象とし、各株式および各REITに1/6ずつ、各債券に1/9ずつの基本投資割合で投資。原則として毎月、リバランスを行い、各資産の対象指数の月次リターンに、各資産への基本投資割合を掛け合わせた合成指数に連動する投資成果を目指す。原則として為替ヘッジを行う。ファミリーファンド方式で運用。9月決算。
【01313139】野村 インデックスF・内外7資産バランス・H型
【0131410B】野村 インデックスF・外国株式
  • 野村 インデックスF・外国株式・H型 [01314135] - 投信 掲示板

    12/3
  • 20,150
    +24+0.12%
  • 外国の株式を主要投資対象とし、MSCI-KOKUSAI指数(円ベース・為替ヘッジあり)の動きに連動する投資成果を目指す。同指数の動きに効率的に連動する投資成果を目指すため、株価指数先物取引等のデリバティブ取引ならびに為替予約取引をヘッジ目的外の理由も含め活用する場合がある。原則として為替ヘッジを行う。ファミリーファンド方式で運用。9月決算。
【01314135】野村 インデックスF・外国株式・H型
  • 野村 インデックスF・外国債券・H型 [01314139] - 投信 掲示板

    12/3
  • 11,981
    -6-0.05%
  • 外国の公社債を主要投資対象とし、FTSE世界国債インデックス(除く日本、円ヘッジ・円ベース)の動きに連動する投資成果を目指して運用。効率的な運用を行うため、債券先物取引等のデリバティブ取引および為替予約取引をヘッジ目的外の利用を含め活用する場合がある。原則として為替ヘッジを行う。ファミリーファンド方式で運用。9月決算。
【01314139】野村 インデックスF・外国債券・H型
  • インデックス・ブレンド(タイプI) [01314171] - 投信 掲示板

    12/3
  • 11,024
    +4+0.04%
  • 国内外(新興国を含む)の株式、債券、不動産投資信託証券(REIT)等を実質的な主要投資対象とする。相対的に大きな値動きが想定されるリスク性資産への投資比率の合計は、信託財産の純資産総額に対して30%を中心とすることを原則とする。基本投資比率の決定において為替ヘッジを行うこととした実質組入外貨建資産については、マザーファンドもしくはファンドにおいて為替ヘッジを行う。ファミリーファンド方式で運用。4月決算。
【01314171】インデックス・ブレンド(タイプI)
  • 野村 インデックスF・日経225 [0131510B] - 投信 掲示板

    12/3
  • 30,775
    +9+0.03%
  • 国内の金融商品取引所に上場されている株式のうち日経平均株価に採用されている銘柄を主要投資対象とし、日経平均株価(日経225)と連動する投資成果を目指して運用。投資成果を同指数とできるだけ連動させるため、投資対象銘柄の中から、原則として200銘柄以上に分散投資。デリバティブの利用はヘッジ目的に限定。ファミリーファンド方式で運用。9月決算。
【0131510B】野村 インデックスF・日経225
  • 野村 インデックスF・外国REIT・H型 [01315139] - 投信 掲示板

    12/3
  • 13,629
    -79-0.58%
  • 日本を除く世界各国のREITを主要投資対象とし、S&P先進国REIT指数(除く日本、配当込み、円ヘッジ)の動きに連動する投資成果を目指して運用。効率的な運用を行うため、REIT指数先物取引、株価指数先物取引等のデリバティブ取引および為替予約取引をヘッジ目的外の利用を含め活用する場合がある。原則として為替ヘッジを行う。ファミリーファンド方式で運用。9月決算。
【01315139】野村 インデックスF・外国REIT・H型
  • インデックス・ブレンド(タイプII) [01315171] - 投信 掲示板

    12/3
  • 11,445
    +6+0.05%
  • 国内外(新興国を含む)の株式、債券、不動産投資信託証券(REIT)等を実質的な主要投資対象とする。相対的に大きな値動きが想定されるリスク性資産への投資比率の合計は、信託財産の純資産総額に対して43%を中心とすることを原則とする。基本投資比率の決定において為替ヘッジを行うこととした実質組入外貨建資産については、マザーファンドもしくはファンドにおいて為替ヘッジを行う。ファミリーファンド方式で運用。4月決算。
【01315171】インデックス・ブレンド(タイプII)

投信特集バックナンバー&ファンド情報

ヘッドライン

マーケット情報

【ご注意】

Yahoo!ファイナンスは東京証券取引所大阪取引所名古屋証券取引所野村総合研究所東洋経済新報社モーニングスターリフィニティブ・ジャパンYJFX!からの情報提供を受けています。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。

当社は、この情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。