ここから本文です

「横浜 明治」で銘柄検索した結果一覧

75件中1630件を表示しています。
  • 明治安田 DC日本株式アクティブP [12311062] - 投信 掲示板

    8/2
  • 13,401
    +213+1.62%
  • 確定拠出年金専用ファンド。主要投資対象は日本の株式。主としてTOPIX500に含まれている銘柄の中からファンダメンタルズ分析、ボトムアップ型リサーチに基づいて、企業の成長性、クオリティーおよびバリュエーション(企業価値評価)を重視した銘柄選定を行う。ベンチマークはTOPIX。ファミリーファンド方式で運用。2月決算。
【12311062】明治安田 DC日本株式アクティブP
  • 明治安田 J-REIT戦略ファンド(毎月分配型) [12311116] - 投信 掲示板

    8/2
  • 8,970
    -42-0.47%
  • 主要投資対象は、国内の金融商品取引所に上場(それに準ずるものを含む)されている不動産投資信託証券および日本国債。リスク抑制の観点からイールドスプレッド等の変動に応じてJ-REITの組入比率を調整し、J-REITのアロケーションを低下させた部分については日本国債に配分する。ファミリーファンド方式で運用。毎月18日決算。
【12311116】明治安田 J-REIT戦略ファンド(毎月分配型)
  • 明治安田 インドネシア債券ファンド(毎月) [1231111B] - 投信 掲示板

    8/2
  • 6,439
    +11+0.17%
  • インドネシア国債およびインドネシアルピア建国際機関債ならびにそれらに準ずる債券を主要投資対象とし、信託財産の中長期的な成長と安定的な収益の確保をめざす。市場環境、経済情勢、金利・物価等の動向を踏まえ、ポートフォリオを構築する。原則として、為替ヘッジは行わない。ファミリーファンド方式で運用。毎月10日決算。
【1231111B】明治安田 インドネシア債券ファンド(毎月)
  • 明治安田 DC中小型株式オープン [1231111C] - 投信 掲示板

    8/2
  • 39,397
    +230+0.59%
  • 確定拠出年金専用ファンド。日本の中小型株式(おもにTOPIX500対象銘柄以外)を主要投資対象とし、長期的にRussell/Nomura Small Capインデックスを上回る運用成果をめざす。ボトムアップ・リサーチに付加価値の源泉を求め、成長性を持ち、かつクオリティが高いと判断される50-80銘柄程度に投資を行う。ファミリーファンド方式で運用。11月決算。
【1231111C】明治安田 DC中小型株式オープン
  • 明治安田 女性活躍推進ファンド [12311157] - 投信 掲示板

    8/2
  • 11,760
    +204+1.77%
  • 主要投資対象は日本の金融商品取引所上場株式。「女性活躍推進に優れた企業」「女性活躍推進を強化している企業」「女性の活躍を後押しする商品・サービスを提供している企業」に着目し、「女性活躍推進」に貢献すると判断される企業に投資。「女性活躍推進に優れた企業」の選定プロセスでは、「なでしこ銘柄」を活用。2、8月決算。
【12311157】明治安田 女性活躍推進ファンド
  • 明治安田 DC先進国コアファンド [12311163] - 投信 掲示板

    8/2
  • 11,554
    +20+0.17%
  • 確定拠出年金専用ファンド。主要投資対象は、日本および先進国の株式、債券。基本資産配分を原則年1回決定し、定性判断と定量判断により、資産配分比率を機動的に変更する。基本資産配分比率のポートフォリオでは、想定リスクを年率7%以内に抑えることを目指す。「明治安田外国債券マザーファンド(為替ヘッジ型)」を除き、原則として為替ヘッジは行わない。ファミリーファンド方式で運用。2月決算。
【12311163】明治安田 DC先進国コアファンド
  • 明治安田 日本中小型成長株式ファンド [12311185] - 投信 掲示板

    8/2
  • 9,834
    +57+0.58%
  • わが国の株式に実質的に投資し、信託財産の成長を目指して運用を行う。リサーチを最重要視しファンダメンタルズ分析、ボトムアップ型リサーチに基づく成長株への投資が運用パフォーマンスの向上に繋がるとの考えに基づいて運用を行う。ボトムアップ・リサーチ(企業調査)に付加価値の源泉を求め、成長性を持ち、かつクオリティが高いと委託会社が判断する50銘柄から80銘柄程度に投資を行う。ファミリーファンド方式で運用。4、10月決算。
【12311185】明治安田 日本中小型成長株式ファンド
  • 明治安田 日本債券オープン(年1回決算型) [12311187] - 投信 掲示板

    8/2
  • 10,455
    ---0.00%
  • 日本の公社債を主要投資対象とし、ベンチマークであるNOMURA-BPI総合を中長期的に上回る投資成果をめざす。信用リスクの低減を図るため、原則として取得時に信用ある格付会社によるA格相当以上の格付または、それと同等と判断された公社債に投資。公社債の組入比率は、原則として高位を保つ。ファミリーファンド方式で運用。4月決算。
【12311187】明治安田 日本債券オープン(年1回決算型)
  • 明治安田 DC・TOPIXインデックスファンド [1231120C] - 投信 掲示板

    8/2
  • 10,961
    +220+2.05%
  • 確定拠出年金専用ファンド。東京証券取引所市場第一部上場銘柄の株式およびTOPIX(東証株価指数)先物取引を主要投資対象とする。TOPIX(東証株価指数)の動きに連動する投資成果を目標として運用を行う。運用にあたっては、委託会社の投資プロセスでポートフォリオの構築、リスクコントロールを行う。ファミリーファンド方式で運用。9月決算。
【1231120C】明治安田 DC・TOPIXインデックスファンド
  • 明治安田 グローバル・マルチ戦略ファンド [12311213] - 投信 掲示板

    8/2
  • 10,323
    +36+0.35%
  • 日本、米国、欧州の株式、債券、株価指数先物取引、債券先物取引およびコモディティ、VIX先物指数へ投資する上場投資信託証券(ETF、ETN等)等を投資対象とする。信託財産の毀損リスクの低減を目指しながら、ポートフォリオ全体の目標リスク/リターンが年率4%程度となるよう、市場のリスク選好状況に応じて資産配分比率を機動的に変更する。原則として対円での為替ヘッジを行う。9月決算。
【12311213】明治安田 グローバル・マルチ戦略ファンド
【12312001】明治安田 日本債券ファンド
  • 明治安田 アメリカ株式ファンド [12312004] - 投信 掲示板

    8/2
  • 27,489
    -110-0.40%
  • S&P500種株価指数採用銘柄を主要投資対象とし、信託財産の長期的な成長を目指して運用を行う。S&P500種株価指数採用銘柄を対象としたクオンツ手法を用いて最適なポートフォリオの構築を行う。原則として、外貨建資産の為替ヘッジは行わない。ベンチマークはS&P500種株価指数。ファミリーファンド方式で運用。4月決算。
【12312004】明治安田 アメリカ株式ファンド
  • 明治安田 ライフプランファンド50 [12312005] - 投信 掲示板

    8/2
  • 15,307
    +61+0.40%
  • マザーファンドへの投資を通じて、国内株式、外国株式、国内債券、外国債券への分散投資を行い、信託財産の中長期的な成長を目指す。基準ポートフォリオを設定し運用を行い、株式の組入比率については純資産総額の50%程度とし、株式と公社債をほぼ同比率の組入れとする。ファミリーファンド方式で運用。5月決算。
【12312005】明治安田 ライフプランファンド50
  • 明治安田 DCハートフルライフ50 [1231201B] - 投信 掲示板

    8/2
  • 21,668
    +125+0.58%
  • 確定拠出年金専用ファンド。内外の株式、公社債に分散投資。ポートフォリオは国内株式30%、外国株式20%、国内債券40%、外国債券10%の基準組入比率で構成することを基本とし、基準組入比率から±5%程度の範囲を超えた場合にはすみやかに調整を行う。原則として、為替ヘッジを行わない。ファミリーファンド方式で運用。11月決算。
【1231201B】明治安田 DCハートフルライフ50
  • 明治安田 DCトピックスプラス [12312062] - 投信 掲示板

    8/2
  • 14,021
    +297+2.16%
  • 確定拠出年金専用ファンド。主要投資対象は日本株式。TOPIX採用銘柄を対象とした、独自の株式魅力度ランキング等、エンハンストインデックス運用に適したクオンツ手法(株式ランキングモデル)を用いてポートフォリオを構築する。ベンチマークは東証株価指数(TOPIX)。ファミリーファンド方式で運用。11月決算。
【12312062】明治安田 DCトピックスプラス

【ご注意】

Yahoo!ファイナンスは東京証券取引所大阪取引所名古屋証券取引所野村総合研究所東洋経済新報社モーニングスターリフィニティブ・ジャパンYJFX!からの情報提供を受けています。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。

当社は、この情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。