ここから本文です

「判断」で銘柄検索した結果一覧

520件中4660件を表示しています。
  • ニュージーランド債券<H無>(年2回) [0131E148] - 投信 掲示板

    3/27
  • 9,770
    +112+1.16%
  • 主要投資対象は、ニュージーランドドル建ての公社債。投資する公社債は、原則として、投資時点においてBBB-格相当以上の格付(投資適格格付)を有する公社債、または同等の信用度を有すると判断される公社債とする。実質組入外貨建資産については、原則として為替ヘッジを行わない。ファミリーファンド方式で運用。2、8月決算。
【0131E148】ニュージーランド債券<H無>(年2回)
  • 野村 豪州債券ファンドB(野村SMA・EW) [0131E154] - 投信 掲示板

    3/27
  • 8,589
    +109+1.29%
  • 投資一任口座専用ファンド。主要投資対象は、オーストラリアドル建ての公社債。投資時点において、BBB-相当以上の格付を付与されている公社債、または同等の信用度を有すると判断される公社債に投資する。原則として為替ヘッジを行わない。ベンチマークは、ブルームバーグオーストラリア債券(総合)インデックス(円換算ベース)。ファミリーファンド方式で運用。12月決算。
【0131E154】野村 豪州債券ファンドB(野村SMA・EW)
  • ノムラ 新興国債券ファンズ(野村SMA向け) [0131F107] - 投信 掲示板

    3/27
  • 17,823
    +440+2.53%
  • 投資一任口座専用ファンド。主要投資対象は、新興国の国債、政府保証債、政府機関債、もしくは企業の発行する債券。野村ファンド・リサーチ・アンド・テクノロジー株式会社の助言に基づき定性・定量評価等を勘案し、運用に優れると判断される投資信託証券1つもしくは少数を選定し、投資を行う。原則として、為替ヘッジは行わない。ファンドオブファンズ方式で運用。7月決算。
【0131F107】ノムラ 新興国債券ファンズ(野村SMA向け)
  • ニュージーランド債券<アクティブH>(毎月) [0131F148] - 投信 掲示板

    3/27
  • 9,508
    +22+0.23%
  • 主要投資対象は、ニュージーランドドル建ての公社債。投資する公社債は、原則として、投資時点においてBBB-格相当以上の格付(投資適格格付)を有する公社債、または同等の信用度を有すると判断される公社債とする。実質組入外貨建資産については、金利変動や市場全体のリスクの高まり等を定量的に捉えて、為替ヘッジ比率を調整する。ファミリーファンド方式で運用。毎月12日決算。
【0131F148】ニュージーランド債券<アクティブH>(毎月)
  • ニュージーランド債券<アクティブH>(年2回) [0131G148] - 投信 掲示板

    3/27
  • 10,782
    +25+0.23%
  • 主要投資対象は、ニュージーランドドル建ての公社債。投資する公社債は、原則として、投資時点においてBBB-格相当以上の格付(投資適格格付)を有する公社債、または同等の信用度を有すると判断される公社債とする。実質組入外貨建資産については、金利変動や市場全体のリスクの高まり等を定量的に捉えて、為替ヘッジ比率を調整する。ファミリーファンド方式で運用。2、8月決算。
【0131G148】ニュージーランド債券<アクティブH>(年2回)
  • RS豪ドル債券ファンド [02311127] - 投信 掲示板

    3/27
  • 6,885
    +16+0.23%
  • 主要投資対象は、豪ドル建ての公社債(国債、準政府債、政府保証債、国際機関債、社債など)。債券の格付は、原則として、取得時においてBBB-格相当以上とする。通常時は為替ヘッジを行わないが、金融市場の変動が大きくなると判断される局面では、委託会社が為替ヘッジを行う。ファンドオブファンズ方式で運用。毎月17日決算。
【02311127】RS豪ドル債券ファンド
  • RS日本株式ファンド [02311136] - 投信 掲示板

    3/27
  • 11,967
    +225+1.92%
  • 主要投資対象は、日本の株式。日興アセットマネジメントが独自に算出する「リスクセンサー(RS)日本株式モデル」を用いて、通常時は株式の組入比率目標を100%として日経平均株価への連動をめざしつつ、株式市場の変動が大きくなると判断される局面では株式の組入比率目標を50%に引き下げ、基準価額への市場変動の影響の抑制をめざす。ファミリーファンド方式で運用。6月決算。
【02311136】RS日本株式ファンド
  • 日興 ロックフェラー・グローバル・エクイティ [02311156] - 投信 掲示板

    3/27
  • 8,957
    +259+2.98%
  • 日本や新興国を含む世界の上場株式(DR(預託証券)を含む)を主な投資対象とし、国や地域にとらわれず、魅力的と判断されるテーマや銘柄を広く追求する。富裕層の資産運用で実績を積み重ねてきたロックフェラー社が運用を担当する。外貨建て資産への投資にあたっては、原則として為替ヘッジは行わない。ファミリーファンド方式で運用。5月決算。
【02311156】日興 ロックフェラー・グローバル・エクイティ
  • グローバル株式トップフォーカス [02311163] - 投信 掲示板

    3/27
  • 13,058
    +534+4.26%
  • 日本や新興国を含む世界の株式を主な投資対象とし、投資スタイル(グロースやバリュー)、国・セクターなどにとらわれることなく、相対的に魅力があると判断される40-60程度の銘柄に厳選投資する。日興アセットマネジメント ヨーロッパ リミテッドが実質的な運用を担当する。購入時手数料はかからない。原則として為替ヘッジは行わない。ファンドオブファンズ方式で運用。3月決算。
【02311163】グローバル株式トップフォーカス
  • グローバル担保付き債券ファンド(H有) [02311193] - 投信 掲示板

    3/27
  • 9,962
    +45+0.45%
  • 主な投資対象は、信用力が高いと判断される担保付き債券(金融機関が保有する貸付債権を担保とする債券)。日本の機構債(住宅金融支援機構が発行する貸付債権担保住宅金融支援機構債券)に加え、デンマークおよびスウェーデンのカバードボンドに分散投資する。外貨建資産については、原則として対円で為替ヘッジを行う。ファミリーファンド方式で運用。6、12月決算。
【02311193】グローバル担保付き債券ファンド(H有)
  • 日興 アクティブバリュー [0231197A] - 投信 掲示板

    3/27
  • 18,869
    +788+4.36%
  • 日本の証券取引所上場株式を投資対象とし、中長期的な観点から日本の株式市場全体(東証株価指数)の動きを上回る投資成果の獲得を目指す。割安と判断される銘柄に投資。株式組入率は100%を維持し、市況環境等の変化に基づく実質株式組入率の変更は原則として行わない。投資判断は、ファンダメンタル分析とバリュエーションにより決定。ファミリーファンド方式で運用。10月決算。
【0231197A】日興 アクティブバリュー
  • 日興 中小型グロース・ファンド [0231205B] - 投信 掲示板

    3/27
  • 15,288
    +530+3.59%
  • 日本の証券取引所上場株式のうち時価総額2,000億円未満の中小型株式を投資対象とし、ニッチなビジネスに参入する新興企業や、ビジネスモデルの再構築などを進める再生企業の中から「業種モメンタム」(売上・利益成長の変化率)のより顕著な拡大が見込まれると判断される銘柄郡に定量、定性評価を加えて投資銘柄を厳選。11月決算。
【0231205B】日興 中小型グロース・ファンド
【03311032】三菱UFJ ジャパン・アクティブF
  • 三菱UFJ ジャパン・アクティブ・プラス [03311069] - 投信 掲示板

    3/27
  • 8,353
    +313+3.89%
  • 主要投資対象は、国内株式。主に、株価が割安かつ、優れたマネジメント力で継続的な利益成長や企業再生・復活が期待出来る銘柄に85%程度、成長性が高いと判断される小型株の銘柄に15%程度の割合で投資することにより、わが国の株式市場全体を投資対象として運用を行う。ファミリーファンド方式で運用。8月決算。
【03311069】三菱UFJ ジャパン・アクティブ・プラス
  • 優良日本株ファンド [03311093] - 投信 掲示板

    3/27
  • 11,922
    +421+3.66%
  • 主要投資対象は、国内の株式。銘柄選定にあたっては、競争力のある優良企業(業界内のシェアや株主還元、財務の健全性等の観点で、相対的に評価が高いと委託会社が判断する企業)の株式の中から、株価の割安度等に着目して30-50銘柄程度に投資を行い、信託財産の成長をめざす。ファミリーファンド方式で運用。6、12月決算。
【03311093】優良日本株ファンド

ヘッドライン

マーケット情報

【ご注意】

Yahoo!ファイナンスは東京証券取引所大阪取引所名古屋証券取引所野村総合研究所東洋経済新報社モーニングスターリフィニティブ・ジャパンYJFX!からの情報提供を受けています。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。

当社は、この情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。