ここから本文です

「中国」で銘柄検索した結果一覧

1186件中115件を表示しています。
【8382】(株)中国銀行
【5974】中国工業(株)
【4617】中国塗料(株)
【1728】ミサワホーム中国(株)
  • 中国A株オープン [0931112B] - 投信 掲示板

    1/18
  • 20,285
    +109+0.54%
  • マザーファンドの受益証券への投資を通じて、実質的に中国経済の発展で恩恵を受けると思われる中国A株市場上場の株式(上海証券取引所および深セン証券取引所に上場している上海A株、深センA株)。利益成長やバリュエーションから見て、中長期的に株価の上昇が見込める銘柄を選定し、ポートフォリオを構築する。原則として、為替ヘッジは行わない。ファミリーファンド方式で運用。4、10月決算。
【0931112B】中国A株オープン
  • 中国プラスA株ファンド [44311097] - 投信 掲示板

    1/18
  • 29,322
    -74-0.25%
  • 主要投資対象は、中国A株市場及び、B株市場・H株市場・レッドチップ株市場の上場株式。独自のファンダメンタルズ分析に基づくボトムアップ手法により、将来の収益成長が見込まれる銘柄に投資し、安定した収益の確保と信託財産の中長期的な成長を目指す。原則として、為替ヘッジは行わない。ファンドオブファンズ方式で運用。6月決算。
【44311097】中国プラスA株ファンド
  • DIAM 中国関連株オープン [4731103A] - 投信 掲示板

    1/18
  • 28,219
    +328+1.18%
  • 主要投資対象は中国企業群の株式および、中国関連株式。企業調査をもとに銘柄を発掘し、長期投資を行う。ボトムアップ・アプローチを基本としつつ、トップダウン・アプローチを組み合わせ効率的な運用を行う。実質株式組入比率は、原則として高位を維持。原則として為替ヘッジを行わない。ファミリーファンド方式で運用。10月決算。
【4731103A】DIAM 中国関連株オープン
  • DIAM 中国A株ファンド [4731110C] - 投信 掲示板

    1/18
  • 18,897
    +88+0.47%
  • 主要投資対象は、中華人民共和国(香港を含む)の金融商品取引所に上場している(これに準ずるものを含む)中国株。銘柄選定にあたっては、企業の収益性、成長性、財務内容、競争力、投資対象株式のバリュエーション、流動性等に着目し、中国経済の発展に伴い利益成長が期待される銘柄に投資を行う。原則として、為替ヘッジは行わない。ファミリーファンド方式で運用。12月決算。
【4731110C】DIAM 中国A株ファンド
  • 新光 中国A株プラス [47317127] - 投信 掲示板

    1/18
  • 26,749
    +176+0.66%
  • 中国本土に上場している人民元建株式(中国A株)を主要投資対象とし、投資信託財産の中長期的な成長を目指して運用。中国A株の運用にあたっては、企業の収益動向も考慮しながら、配当水準から見て株価が割安な銘柄に分散投資。原則として、為替ヘッジを行わない。ファミリーファンド方式で運用。1、7月決算。
【47317127】新光 中国A株プラス
  • HSBC 中国株式ファンド(3カ月決算型) [51311065] - 投信 掲示板

    1/18
  • 11,271
    +117+1.05%
  • 中華人民共和国の株式等を主要投資対象とし、信託財産の中長期的な成長を目指す。中国株式等の運用は、HSBCグローバル・アセット・マネジメント内の運用会社が行う。株式の実質組入比率は、原則として高位に維持。原則として、為替ヘッジは行わない。ファミリーファンド方式で運用。2、5、8、11月決算。
【51311065】HSBC 中国株式ファンド(3カ月決算型)
  • 日興・中国構造改革ファンド [79313141] - 投信 掲示板

    1/18
  • 17,270
    -6-0.03%
  • 中国の取引所に上場している株式等に投資し、信託財産の中長期的な成長を目指して運用を行う。中国政府の各種政策と経済成長から恩恵を受けることが期待される業種・産業に着目する。実質組入外貨建資産については、原則として対円での為替ヘッジを行わない。ファンドオブファンズ方式で運用。1月決算。
【79313141】日興・中国構造改革ファンド

【ご注意】

Yahoo!ファイナンスは東京証券取引所大阪取引所名古屋証券取引所野村総合研究所東洋経済新報社モーニングスターロイター・ジャパンYJFX!米国Yahoo! Financeのパートナーからの情報提供を受けています。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。

当社は、この情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。