ここから本文です

「スパークス」で銘柄検索した結果一覧

31件中115件を表示しています。
  • スパークス・厳選投資ファンド(野村SMA・EW) [80311178] - 投信 掲示板

    10/30
  • 14,673
    -283-1.89%
  • 投資一任口座専用ファンド。主として、スパークス・オールキャップ・ベスト・ピック・マザーファンドへの投資を通じて、わが国の金融商品取引所に上場している株式の中から、「魅力的」と判断した銘柄に投資する。ベンチマークや業種にとらわれず、「厳選」した少数の投資銘柄群に集中的に投資を行うことを基本とする。原則として短期的な売買は行わず、長期保有することを基本とする。ファミリーファンド方式で運用。12月決算。
【80311178】スパークス・厳選投資ファンド(野村SMA・EW)
  • スパークス・ベスト・ピックII(日本・アジア)M H有 [8031119A] - 投信 掲示板

    10/30
  • 12,449
    +57+0.46%
  • 日本を含むアジアの株式に投資するとともに、株価指数先物取引等を活用し、日本を含む投資対象国の株式市場の変動リスクの低減を図る。ボトムアップ・リサーチによる個別銘柄調査に基づき、魅力的なビジネスと卓越した経営陣を併せ持つ企業で、企業価値に対して割安と考えられる銘柄の中から厳選して集中的に投資を行う。原則として、為替ヘッジは行わない。ファンドオブファンズ方式で運用。2、8月決算。
【8031119A】スパークス・ベスト・ピックII(日本・アジア)M H有
  • スパークス・日本中小型株式ファンド(ラップ) [80312169] - 投信 掲示板

    10/30
  • 17,901
    -365-2.00%
  • 投資一任口座専用ファンド。日本の上場株式のうち中小型株式を中心に投資する。中小型株式の調査を1989年の創業時から行っているスパークスの徹底したボトムアップ・リサーチで銘柄を選別する。ベンチマークであるラッセル/ノムラ・ミッド・スモールキャップ指数(配当込み)を上回る投資成果を目指して運用する。ただし、ベンチマークの業種構成比等にはとらわれない。ファミリーファンド方式で運用。6月決算。
【80312169】スパークス・日本中小型株式ファンド(ラップ)
  • スパークス・ベスト・ピックII(日本・アジア)M H無 [8031219A] - 投信 掲示板

    10/30
  • 13,239
    +68+0.52%
  • 日本を含むアジアの株式に投資し、信託財産の中長期的な成長を目指して運用を行う。ボトムアップ・リサーチによる個別銘柄調査に基づき、魅力的なビジネスと卓越した経営陣を併せ持つ企業で、企業価値に対して割安と考えられる銘柄の中から厳選して集中的に投資を行う。原則として、為替ヘッジは行わない。ファンドオブファンズ方式で運用。2、8月決算。
【8031219A】スパークス・ベスト・ピックII(日本・アジア)M H無
  • スパークス・ジャパン・スモール・キャップF [8031100A] - 投信 掲示板

    10/30
  • 50,423
    -1,079-2.10%
  • IT化、新技術開発、経営革新を進めている成長企業と日本社会の構造変化への適応力の高い企業に注目し、小型株式中心に投資を行う。3つの着眼点(企業収益の質、市場成長性、経営戦略)から計測した企業の実態価値と市場価値(株価)の差、バリュー・ギャップを計測し、バリュー・ギャップを埋める要因を勘案して投資を決定する。ベンチマークはJASDAQ指数。10月決算。
【8031100A】スパークス・ジャパン・スモール・キャップF
  • スパークス・日本株・ロング・ショートF [80311023] - 投信 掲示板

    10/30
  • 24,099
    -183-0.75%
  • 主要投資対象は、金融商品取引所上場株式。割安と判断される銘柄を買い、割高と判断される銘柄を売るロング・ショート戦略により運用。徹底した個別企業の調査をもとに銘柄を選択。市場環境に左右されない絶対的なリターンによって、中・長期的な投資元本の成長を目指す。ファミリーファンド方式で運用。3月決算。
【80311023】スパークス・日本株・ロング・ショートF
  • スパークス・日本株・L&S [80311032] - 投信 掲示板

    10/30
  • 24,059
    -183-0.75%
  • 主要投資対象は、わが国の上場株式。企業のファンダメンタルズ分析を重視したボトムアップ・リサーチにより銘柄を選択。成長の見込まれる株式・過小評価されている株式を取得し、過大評価されている株式を信用売りで売却する運用を行う。市場環境に左右されない絶対的なリターンによって、中・長期的な安定的投資元本の成長を目指す。ファミリーファンド方式で運用。2月決算。
【80311032】スパークス・日本株・L&S
  • スパークス・アクティブ・ジャパン [80311044] - 投信 掲示板

    10/30
  • 23,997
    -495-2.02%
  • 主要投資対象は、日本の金融商品取引所上場株式。「魅力的なビジネスを安く買う」を基本に、企業の実態価値と株価の乖離(バリュー・ギャップ)が大きく、またバリュー・ギャップ解消が強く期待でき、今後着実に利益成長の見込める企業50-70銘柄程度に重点的に投資を行う。ファミリーファンド方式で運用。4月決算。
【80311044】スパークス・アクティブ・ジャパン
  • スパークス・ジャパン・オープン [80311045] - 投信 掲示板

    10/30
  • 24,869
    -513-2.02%
  • 主要投資対象は、国内の金融商品取引所上場株式。時価総額や業種、投資テーマ等の制約を設けず、複数の視点から中長期的に企業価値を高めることが可能と思われる企業を選別、ベンチマークを設定せず、積極的な運用を行う。基本的な組入銘柄数は50-70銘柄程度とする。ファミリーファンド方式で運用。5月決算。
【80311045】スパークス・ジャパン・オープン
  • スパークス・M&S・ジャパン・ファンド [80311071] - 投信 掲示板

    10/30
  • 28,246
    -575-2.00%
  • 主に、日本の上場企業のうち中小型株を中心に投資する。徹底したボトムアップ・アプローチに基づいて銘柄を選択し、ポートフォリオを構築する。株式の組入れ比率は、高位を保つ事を原則とする。ベンチマークはラッセル/ノムラ・ミッド・スモールキャップ指数(配当込み)。ファミリーファンド方式で運用。1月決算。
【80311071】スパークス・M&S・ジャパン・ファンド
  • スパークス・アジア中東株式(隔月) [8031107B] - 投信 掲示板

    10/30
  • 8,503
    -58-0.68%
  • 主に、アジア太平洋諸国(除く日本)と中東諸国の株式に投資を行う。株式への投資にあたっては、コーポレートガバナンスに着目しつつ地域特性を勘案し、配当収益の確保を目指す。また投資機会を広げることで、キャピタル・ゲインの獲得も目指す。原則として、為替ヘッジは行わない。ファンドオブファンズ方式で運用。奇数月決算。
【8031107B】スパークス・アジア中東株式(隔月)
  • スパークス・新・国際優良日本株ファンド [80311083] - 投信 掲示板

    10/30
  • 39,362
    -756-1.88%
  • 主要投資対象は、国内の株式。高い技術力やブランド力があり、今後グローバルでの活躍が期待出来る日本企業に投資する。ベンチマークは設けず、20銘柄程度に厳選投資を行い、投資信託財産の中長期的な成長を目標に積極的な運用を行う。原則として短期的な売買は行わず、長期保有することを基本とする。3月決算。
【80311083】スパークス・新・国際優良日本株ファンド
  • スパークス・アジア中東株式(資産成長) [8031108B] - 投信 掲示板

    10/30
  • 26,676
    -177-0.66%
  • 主に、アジア太平洋諸国(除く日本)と中東諸国の株式に投資を行う。株式への投資にあたっては、コーポレートガバナンスに着目しつつ地域特性を勘案し、配当収益の確保を目指す。また投資機会を広げることで、キャピタル・ゲインの獲得も目指す。原則として、為替ヘッジは行わない。ファンドオブファンズ方式で運用。11月決算。
【8031108B】スパークス・アジア中東株式(資産成長)
  • スパークス・少数精鋭・日本株ファンド [80311138] - 投信 掲示板

    10/30
  • 21,278
    -448-2.06%
  • 主要投資対象は、わが国の上場株式。ベンチマークや業種にとらわれず、市場価値と独自の分析に基づく本質的な価値との乖離(バリューギャップ)が大きく、魅力的と判断した中小型株式銘柄群を中心に、20銘柄から40銘柄程度に集中投資を行う。大型銘柄により多くの投資機会があると判断される場合には、大型株式銘柄にも積極投資する。ファミリーファンド方式で運用。8月決算。
【80311138】スパークス・少数精鋭・日本株ファンド

投信特集バックナンバー&ファンド情報

ヘッドライン

マーケット情報

【ご注意】

Yahoo!ファイナンスは東京証券取引所大阪取引所名古屋証券取引所野村総合研究所東洋経済新報社モーニングスターリフィニティブ・ジャパンYJFX!からの情報提供を受けています。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。

当社は、この情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。