ここから本文です

「アフリカ」で銘柄検索した結果一覧

201件中115件を表示しています。
  • 野村 アフリカ株投資 [01312083] - 投信 掲示板

    10/21
  • 10,146
    -34-0.33%
  • 主要投資対象は、アフリカ諸国の企業の株式(DR(預託証券)を含む)。収益性、成長性、財務安定性および株価の割安性などを総合的に勘案して選択した銘柄に投資し、信託財産の成長をはかることを目的として積極的な運用を行う。原則として、為替ヘッジは行わない。ファミリーファンド方式で運用。11月決算。
【01312083】野村 アフリカ株投資
  • Navio南アフリカ債券ファンド [03316124] - 投信 掲示板

    10/21
  • 6,936
    +30+0.43%
  • 主要投資対象は、南アフリカランド建ての債券。南アフリカの国債、政府機関債、政府保証債ならびに南アフリカランド建ての国際機関債等に投資を行う。金利や物価の動向、経済情勢や投資環境等を勘案してポートフォリオを構築する。原則として、為替ヘッジを行わない。ファミリーファンド方式で運用。毎月18日決算。
【03316124】Navio南アフリカ債券ファンド
  • パン・アフリカ株式ファンド [45311109] - 投信 掲示板

    10/21
  • 7,996
    +28+0.35%
  • 主要投資対象は、アフリカに本拠を置く企業、または、アフリカでビジネスを拡大していくことが期待される企業の株式。日本の公社債へも分散投資を行い、信託財産の中長期的成長を目指す。原則として、為替ヘッジを行わない。ファンドオブファンズ方式で運用。3、9月決算。
【45311109】パン・アフリカ株式ファンド
  • 南アフリカ株ファンド [9A311107] - 投信 掲示板

    10/21
  • 7,747
    -7-0.09%
  • 主要投資対象は、南アフリカの取引所に上場している株式、ならびに世界各国・地域の取引所に上場している南アフリカ関連企業の株式。トップダウン分析とボトムアップ分析を組み合わせたアプローチを用い、比較的割安で投資魅力度の高い銘柄への投資に注力し、分散されたポートフォリオの構築を目指す。原則として、為替ヘッジを行わない。7月決算。
【9A311107】南アフリカ株ファンド
  • 野村 金先物投信(南アフリカランド)毎月 [0131C097] - 投信 掲示板

    10/21
  • 6,437
    -3-0.05%
  • 主要投資対象は、米ドル建ての短期公社債等の短期有価証券および米国の金先物取引等。金先物に対する実質的なエクスポージャーを、純資産総額の90%-110%の範囲に保つことを目指す。米ドル建て資産を原則として対南アフリカランドで為替取引を行う。ファンドオブファンズ方式で運用。毎月25日決算。
【0131C097】野村 金先物投信(南アフリカランド)毎月
【0131F097】野村 金先物投信(南アフリカランド)年2回
  • 資源ファンド(株式と通貨)南アフリカランド [02315097] - 投信 掲示板

    10/21
  • 1,440
    -5-0.35%
  • 主要投資対象は、世界の資源関連企業が発行する米ドル建て株式(預託証書を含む)。銘柄の選択にあたっては、企業の財務データなどに基づく定量分析と業界内での競争力や経営者のマネジメント能力の評価といった定性分析を実施する。原則として、米ドル売り、南アフリカランド買いの為替取引を行う。ファンドオブファンズ方式で運用。毎月17日決算。
【02315097】資源ファンド(株式と通貨)南アフリカランド
【20312078】シュローダー 中東/北アフリカ・ファンド
【8015】豊田通商(株)
【3347】(株)トラスト
  • 野村 日本ブランド株投資(ランド)毎月 [01314094] - 投信 掲示板

    10/21
  • 10,753
    +37+0.35%
  • スイッチング可能な為替取引手法の異なるコースおよび「マネープールファンド(年2回決算型)」で構成される「野村日本ブランド株投資(通貨選択型)」の一つ。主要投資対象は、グローバルで高い競争力を持つ日本企業の株式。中長期的な値上がり益の獲得を目指す。原則として、対南アフリカランドで為替取引を行う。ファンドオブファンズ方式で運用。毎月22日決算。
【01314094】野村 日本ブランド株投資(ランド)毎月

【ご注意】

Yahoo!ファイナンスは東京証券取引所大阪取引所名古屋証券取引所野村総合研究所東洋経済新報社モーニングスターリフィニティブ・ジャパンYJFX!からの情報提供を受けています。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。

当社は、この情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。