ここから本文です

株価予想 掲載終了のお知らせ

株価予想をいつもご利用いただき、誠にありがとうございます。
誠に勝手ながら、2020年3月31日をもちまして株価予想の掲載を終了いたします。
ご愛顧いただき、誠にありがとうございました。

終了に関するご意見、また今後のサービス改善に関するご要望については、以下のフォームへお寄せください。

ご意見・ご要望フォーム

株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】トーセ(4728)需給調整で週間反落も売り圧力限定的で反発期待◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

加藤あきら
加藤あきら 勝率:40%(46勝68敗) パフォーマンス:-169.8 2
あすなろNo.1人気アナリスト
国内・外資の大手金融機関で経験を積んだのち、『あすなろ投資顧問』に在籍。市場動向分析、市場心理分析、チャートだけでは語らない「大局的な視野」を持ち日々銘柄を分析。顧客に寄り添うアドバイスに定評があり、個人投資家の資産形成をサポートいたします。
予想終了
  • 日本株 予想期間1月27日~1月31日

    始値(891円)→終値(883円)

    【買い】トーセ(4728)需給調整で週間反落も売り圧力限定的で反発期待◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

    1月23日(木)20時00分みんなの株式
需給調整で週間反落も売り圧力限定的で反発期待
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
業種:情報・通信
時価総額:70億円
PER:48.81倍
PBR: 1.15倍

 家庭用ゲームソフトをはじめ携帯用ゲーム・コンテンツの企画・制作受託を主力事業にこれまで2300タイトルを数える開発実績を有する。ビジネス系のスマートフォンアプリやシステム開発、インフラ構築・運用等も手がけ収益貢献。スマホ向けゲームアプリでは『うたわれるもの ロストフラグ』やNintendo Switch向けソフト『ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランドRETRO』の開発にも携わる。

 業績面においては1/14に第1Q決算を発表、期初計画では上期が赤字予想であったのに対し売上高は前期比13.3%増、営業利益以下は黒字転換と好発進の内容。とくに売上原価の低減に加えて販管費が抑制されて利益率が高まったことが大きい。また、モバイルコンテンツ関連事業が大きく伸びた格好で、現在はスマホ向けに9本の開発を予定し、引き合いも好調なことから継続的な収益期待は俄然高まったと言える。

 株価は上記決算発表の直後は買われたが、それ以前の昨年11月末に『うたわれるもの ロストフラグ』の開発を担当したリリース発表時のシコリが解消しておらず伸び切れずにいる。昨年は任天堂がNintendo Switchを中国で発売したことや米Google社のゲーム業界参入などが話題を呼んだが、開発案件の増加が見込まれる環境下にあり、需給面での重しが取れてしまえばここから大きな相場に発展していくことも期待できそう。

最終更新:1月23日(木)20時00分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

プロが選ぶチャンス銘柄 予想中一覧

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ