ここから本文です

株価予想 掲載終了のお知らせ

株価予想をいつもご利用いただき、誠にありがとうございます。
誠に勝手ながら、2020年3月25日をもちまして株価予想の掲載を終了いたします。
ご愛顧いただき、誠にありがとうございました。

終了に関するご意見、また今後のサービス改善に関するご要望については、以下のフォームへお寄せください。

ご意見・ご要望フォーム

株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】イーブックイニシアティブジャパン(3658) ヤフー/LINEとのシナジー効果の急成長に加え、親会社のバイナンス提携の思惑により世界展開も見える日本アニメの版元会社として買い注目!=フィデリア藤崎

藤崎慎也
藤崎慎也 勝率:50%(152勝148敗) パフォーマンス:+186.2
材料とテクニカルを融合した高的中率の銘柄を提案!
フィデリア株式会社、代表取締役兼投資助言者。当人も個人投資家上がりの投資家であり、個人投資家好みの銘柄を選択可能。銘柄の材料性とテクニカルを意識した的中率の高い銘柄選択が人気。短期から長期銘柄まで幅広い視野の銘柄をチョイスし、お届け致します。
予想終了
  • 日本株 予想期間1月23日

    始値(2,100円)→終値(2,076円)

    この予想!自信あり

    【買い】イーブックイニシアティブジャパン(3658) ヤフー/LINEとのシナジー効果の急成長に加え、親会社のバイナンス提携の思惑により世界展開も見える日本アニメの版元会社として買い注目!=フィデリア藤崎

    1月22日(水)19時46分みんなの株式
理論価値の見直し買いを先回り狙いたい
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
【論より証拠】投資顧問革命中のフィデリア藤崎です。


小学館をご存知でしょうか? 日本のアニメの版元や有名な作者と提携してジャンプや週刊誌など、日本の有名雑誌のかなりのシェアを占めており日本のアニメや雑誌は、株式会社小学館抜きでは考えられないくらいの存在です。

<出版誌一覧>
https://www.shogakukan.co.jp/magazines


その、小学館出身の鈴木名誉会長が創業の同社は、ヤフーと提携してから業績はうなぎ登りとなっています。

また、最注力のPayPayモールでの積極出店で売上増に加えて、Zホールディングと統合予定のLINEのLINE漫画との統合の思惑から短期~中長期でも底値圏と予想されます。


また、会社のIR資料からみても売上/利益はヤフーと提携してから急速に伸びてきており、現在戦略的提携模索の、

世界TOPの仮想通貨取引所バイナンスと提携や、海外ユーザがヤフー出資のTaoTao取引所経由で同社のデジタルコンテンツをネット上で読めるようになれば?!

とてつもない大きな市場となるでしょう。


ソフトバンク戦略コラムで紹介したように、そんな金融革命が現在世界中で加速している現状なので同社への期待は膨らみます。

<コラム:【ソフトバンク戦略】Yahoo!×ZOZO×LINEでPayPayから世界最大のバイナンス(Binance)との戦略的提携模索の狙いの本質とは?>
https://info.finance.yahoo.co.jp/kabuyoso/article/detail/20200119-00073453-minkabuy-column-5123


日本アニメ産業は海外人気が根強く(日本語を日本アニメで勉強する海外の方も多い)、以下の市場規模からみると、急成長の日本アニメ産業の海外市場を呼び込めるルートを親会社のZホールディングが作る可能性がある事や、既に決まっているLINEとの経営統合でLINE漫画との統合や提携など好材料が予測されます。


<日本アニメ産業の市場規模(国内/海外)>
●日本アニメの国内市場は3年連続低下で、1.15兆円産業
●日本アニメの世界市場は平成26年~29年で約3倍の伸び率で1兆円に迫る勢い。
【※出典:アニメ産業レポート2018参照】

<アニメ産業市場、初の2兆円突破 中国など海外人気が牽引>
https://www.sankei.com/entertainments/news/181229/ent1812290003-n1.html


<既に、日本アニメ産業の世界市場規模は初の1兆円突破のレポートも出ています>
https://newspicks.com/news/4465560/


現在の日本市場だけでもヤフーとの提携から順調に伸びており、ここから世界への展開が可能なキャパシティーやLINEとの連携などを考えると非常に魅力的な銘柄と言えます。

更に、ヤフーの大株主に加え、特定株主が多く、浮動株比率が低い上、時価総額も110億円台は割安圏の上、まだ小型株。

値は飛びやすい特徴と、バイナンスとの提携の思惑や、LINE漫画などとの統合の思惑と市場規模観測からみると、

上値の余地は大きいと予想して買い妙味のある銘柄と言えます。


会社のIRデータを見ても、ヤフーとの提携後のシナジー効果は大きく、更にPayPayモールの売上増が見込め、

3年で売上約2倍、純利益約3倍(四季報予想)は申し分ないファンダメンタルとなっている現状。

チャートも底値圏から切り返しとなっており、短期、中長期目線でも楽しみな銘柄として買い推奨します!


<会社IR資料>
https://shikiho.jp/files/tdnet/140120191030415679.pdf?Policy=eyJTdGF0ZW1lbnQiOlt7IlJlc291cmNlIjoiaHR0cHM6Ly9zaGlraWhvLmpwL2ZpbGVzL3RkbmV0LyoiLCJDb25kaXRpb24iOnsiRGF0ZUxlc3NUaGFuIjp7IkFXUzpFcG9jaFRpbWUiOjE1Nzk1NDMyMjh9fX1dfQ__&Signature=Ze0cehERx55eRaqMKsIbiy-3mypmVjuxKC3X9PHqn2totabq1dQGaDwovtuhT2DzNTdjgVfo-lHZ8bvD6AaBnWNHehCYhlyRsYSgJUmCeoaOno~UjSV1Ltm8~vD7IkvPq6OQwrgK2bjkLZizFT4FhShpVVYiWucquZ3HCah8qTMzK3nCHRn5W-TMKBgR7DXqj-TX3AUPjijVzV~6zF5m7LVO~w12-e~ruZBHUvyQ2vjuo9Tk3WZV64tncTaf7CnJJVaWuGlHZ2ud~VCoUXOtzuHcGE1Ax0owzjxqpK0OQJ0BG5ss8JQOrmdKD5pZSiKmpiK~lI9POrEqK9FJwPC~cg__&Key-Pair-Id=APKAJM6TKZMAU7EZLKEQ



【特色】
小学館出身の鈴木名誉会長が創業。電子書籍配信が柱、漫画作品を充実化。ヤフーの子会社

【投資ポイント】
・PayPay決済、PayPayモールに出店等ヤフーとの連携強化で成長加速しそう。
・Zホールディングスと統合予定のLINEのLINE漫画との統合?の思惑もあり。
・ヤフーと世界TOPのバイナンスの戦略的提携で恩恵受ける第一候補と予想。
 (世界TOPのバイナンスユーザの海外勢が簡単に購入できる日本のデジタルコンテンツ販売の大元企業として)
・1/21は寄付きから窓開け上昇となったが窓埋めもし短期調整完了、今年の高値更新で買いサイン。
・1/22も今年の高値を更新し、高水準の出来高も継続。

以上より、理論価値の見直し買いを先回り狙いたい。

【ファンダメンタルズ】
予想PER(倍) 26.43 (25.85)
実績PBR 3.48倍
予想配当利回り(%) 0.00 (0.00)
時価総額 118億円
()は来期予想

最終更新:1月23日(木)8時45分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ