ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

戻り売りが第一感も

井口 喜雄
井口 喜雄 勝率:ありません パフォーマンス:ありません
わかりやすい説明に定評あり、現役実力派ディーラー
1998年よりディーリング業務に携わり、2009年からみんなのFXに在籍。ドル円や欧州通貨を主戦場にディーリング業務を行う。ファンダメンタルズから見た為替分析に精通しているほか、テクニカルを利用した短期予測にも定評がある。認定テクニカルアナリスト
予想終了
  • 米国ドル 予想期間1月16日

    戻り売りが第一感も

    1月15日(水)16時40分みんなの株式
■米中貿易「第1段階合意」調印式
昨日のドル円は米国が中国の為替操作国認定を解除したことで110.21円付近まで上昇しました。しかし、その後は米国が現在中国からの輸入品に課している関税は11月の米大統領選後まで維持される可能性が高いとのヘッドラインが流れると109.80円台に押し戻され上値を更新していくことはできませんでした。米国による対中関税の引き下げが今年の米大統領選までないとすれば、リスクオンムードも一変する可能性があります。今夜25:30に米中貿易「第1段階合意」が予定されているが、これで材料出尽くしとなれば、足元の上昇に対する調整の動きは出てくるかもしれません。


■110円台で戻り売りが第一感
テクニカル的にドル円は110円台で値固めすることができていれば、一段上のステージに上がっていましたが、日足で長めの上ヒゲがでており、上値が重たく見えます。かなりのショートカバーも出ていたので、ここからの上値を更新していくには若干パワー不足かもしれません。昨日の高値110.21円をバックに110円台で戻り売りが第一感ですが、高値を更新するようなわかりやすい動きが出たときは買いで参戦出来るよう準備はしておきます。うまく走った場合、上値は昨年5月21日の高値110.67円くらいまではあるかもしれませせん。

最終更新:1月15日(水)16時40分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

為替レート

通貨ペアBidAsk
米ドル/円
米ドル/円
ユーロ/円
ユーロ/円
豪ドル/円
豪ドル/円

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ