ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】アウトソーシング(2427)

堀篤
堀篤 勝率:65%(17勝9敗) パフォーマンス:+21.7
証券マン、上場企業役員、投資家、3つの視点が強み
野村證券、上場企業2社(タカラトミー、インデックス)の役員を経て、2007年、日本マネジコを設立。上場企業への投資・ファイナンスアドバイス・証券会社向け研修事業を行う。著書に「YAHOOファイナンス公式ガイドブック」など、証券アナリスト検定会員
予想終了
  • 日本株 予想期間1月14日~1月17日

    始値(1,120円)→終値(1,094円)

    【買い】アウトソーシング(2427

    1月14日(火)8時48分みんなの株式
悪材料出尽くしか?
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
 工場などへの人材派遣、業務請負を行っている。海外でのM&Aを含め、積極的な展開を続け、ここ数年で大手企業に成長した。
2018年に買収した大手海外企業の業績は、2018年12月期には部分的にしか寄与しておらず、初めて通年寄与する2019年12月期の実績がどうだったか、また2020年12月期の予想にも注目が行く。決算発表は2月14日が予定されているが、ここから1か月間は期待と不安が交錯する時期だ。
 会社側の予想では、2019年12月期は190億円の営業利益としており、この予想を第3四半期決算発表時にも変更をしていない。しかし、第3四半期までの利益進捗率は100億95百万円と、52.6%にとどまっている。こういった懸念に加え、先週は米国のイラン攻撃などによる地政学リスクと円高リスクが顕在化し、株価は1140円から1240円のボックス圏を下に放れ、先週末は1125円(ザラ場安値1106円)に下落した。 
しかし先週、イラン問題が収束に向かうと同時にドルが値を戻していることから、外部環境は落ち着きを取り戻しつつある。2019年12月期決算が仮に会社側発表に満たず、下方修正があったとしても、今期見通しは強いことが予想される。また、四季報などの情報誌ではすでに同社営業利益は175億円程度だろうと予測をされている。この水準がコンセンサスになっているとすれば、下方修正は悪材料の出尽くしとなるだろう。
 今週週初、まだ安い局面があるだろうが、週末には戻りに入ると考える。

最終更新:1月14日(火)8時48分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ