ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】ロコンド(3558)は買いで注目。靴通販からEC/プラットフォーム/シェアリングエコノミービジネスモデルへ積極展開中の同社の理論株価は安いと判断して買い注目!=フィデリア藤崎

藤崎慎也
藤崎慎也 勝率:50%(191勝186敗) パフォーマンス:+296.8
材料とテクニカルを融合した高的中率の銘柄を提案!
フィデリア株式会社、代表取締役兼投資助言者。当人も個人投資家上がりの投資家であり、個人投資家好みの銘柄を選択可能。銘柄の材料性とテクニカルを意識した的中率の高い銘柄選択が人気。短期から長期銘柄まで幅広い視野の銘柄をチョイスし、お届け致します。
予想中
  • 日本株 予想期間1月6日~1月31日

    始値(906円)→現在値(946円)

    【買い】ロコンド(3558)は買いで注目。靴通販からEC/プラットフォーム/シェアリングエコノミービジネスモデルへ積極展開中の同社の理論株価は安いと判断して買い注目!=フィデリア藤崎

    12月30日(月)3時57分みんなの株式
【買い】ロコンド(3558)は買いで注目。靴通販からEC/プラットフォーム/シェアリングエコノミービジネスモデルへ積極展開中の同社の理論株価は安いと判断して買い注目!=フィデリア藤崎
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
【論より証拠】投資顧問革命中のフィデリア藤崎です。

ロコンド(3558)は買いで注目。

<同社のM&A戦略から、靴の通販サイトから総合ECサイト、B2Bプラットフォーム事業/O2O戦略事業からオムニチャンネル化>


同社のCMをご存知でしょうか? 年間3億円近いCMを流す小型株は成長戦略の自信の表れと言われますが、

その通りの決算となり大幅高となりました。

CM費などを除くと大幅な増収、四半期では営業利益は+1.4億円の黒字転換しています。

多少のズレはあれど、四季報通りの成長路線に乗ったと言えるでしょう。

会員数の伸び、リピート率、靴の試着販売の差別化モデルからモバコレ買収でファッション分野進出、

裏では、卸売り会社買収で、O2O戦略でオンラインショップとオフラインの店舗とのコラボビジネスをB2Bプラットフォームを在庫管理費無料で行う画期的なモデルで受注急増。

株主大量保有を見ると、代表取締役/自社株がかなり買い増ししている自信から将来株価に自信を持っていると予想されます。

将来株価から見ると大底圏という認識で良い判断を投資家は下していると判断できる為、大底圏からの上場来高値の理論値までの上昇が狙えると予想しています。

本日の大きな上昇で、週足の中期トレンドラインを上抜けした事で、明確な買いサイン点灯となった為、買い推奨で注目です!



<決算資料>
https://shikiho.jp/files/tdnet/140120200110446032.pdf?Policy=eyJTdGF0ZW1lbnQiOlt7IlJlc291cmNlIjoiaHR0cHM6Ly9zaGlraWhvLmpwL2ZpbGVzL3RkbmV0LyoiLCJDb25kaXRpb24iOnsiRGF0ZUxlc3NUaGFuIjp7IkFXUzpFcG9jaFRpbWUiOjE1NzkxMTEyMjh9fX1dfQ__&Signature=iMZPShnEuPM0QriJUx7IUDhDOPc81ZFhJlf6wIRo1iwuxuC8G5IpaFsM5HF1wIJpPvn7pWXYZLb0WT0gVLtIq9VshhCi5P2OW9aNetQknYdBeGYKj5HANr2O2VgTy-IfKrRcI28EtWd2hWGlcLEKe6dbPzZj936VE8I64QgG1TwgXm6-6eKyMkMfld54dcsMAl-10C3CwCARIuOuhnNCHXpqZYDMlneL5XnalVmDfRs4q1CqHB05Aa3CMc5T1PERen0cp5nSB5J1b7l5TFU2GUehUU21CJoNNPNWPnlP3x0Zr0BtSeFh3sT4XVCt~syuNRNmPsFS4hnWwFUF~Jvgzg__&Key-Pair-Id=APKAJM6TKZMAU7EZLKEQ



【特色】

靴中心の通販サイト運営。30~40歳代女性が主要顧客。ECサイト支援などBtoBサービス育成


上場3年目で、思い切ったM&Aを行い、モバコレ、三鈴商事を買収。


靴からファッション/シェアリングエコノミー/プラットフォームビジネスモデルに取り組んでおり、


会員数は67万人と順調に増加中。


<会社の決算IR資料では、2020年度の営業利益は12~16億円(買収なしの場合)>
http://211.6.211.226/tdnet/data/20191111/140120191108423240.pdf


この場合、急成長予想の四季報予想を更に上回る予想となっており、


現在でも割安と判断できる株価は、下がる理由がなくなっている。(M&Aでの赤字転換で下落した理由より)


年間チャートでも、上場来安値を一瞬タッチからWボトムで戻っており、ファンダメンタルの良さからいつ上昇してもおかしくないと予想より買い注目。



【ファンダメンタルズ】

予想PER(倍) 51.77 (10.34)

実績PBR 3.23倍

予想配当利回り(%) 0.00 (0.00)

時価総額 103億円

()は来期予想

最終更新:1月24日(金)11時37分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

プロが選ぶチャンス銘柄 予想中一覧

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ