ここから本文です

株価予想 掲載終了のお知らせ

株価予想をいつもご利用いただき、誠にありがとうございます。
誠に勝手ながら、2020年3月25日をもちまして株価予想の掲載を終了いたします。
ご愛顧いただき、誠にありがとうございました。

終了に関するご意見、また今後のサービス改善に関するご要望については、以下のフォームへお寄せください。

ご意見・ご要望フォーム

株価予想トップ > 予想一覧 > 

米FOMCは利下げ打ち止めを示唆、米ドルは下落

西田明弘
西田明弘 勝率:ありません パフォーマンス:ありません
予想は当たらない。が、予想しない相場は面白くない
マネースクエア チーフエコノミスト、日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)。
証券会社、米シンクタンク、FX会社にてリサーチ一筋30余年。ファンダメンタルズ分析を得意とする。
  • コラム [外国為替]

    米FOMCは利下げ打ち止めを示唆、米ドルは下落

    12月12日(木)11時23分みんなの株式
利下げ打ち止め示唆もパウエル会見はハト派的
12月10-11日の米FOMCは政策金利の据え置きを全会一致で決定しました。また、「ドット・プロット(参加者の政策金利見通し)」は前回10月の利下げで「打ち止め」を示唆しました。

ただし、パウエル議長の会見がハト派的内容だったことで、米ドルは下落しました。リスクオンになって円もやや軟化したので、対円より実効レートで米ドルの下げが目立ちました。

FRBは当面、様子見を続けるとみられますが、「次の一手」が利上げなのか、利下げなのか、それはいつかが相場材料となりそうです。FRBが正しければ「次は2021年の利上げ」、労働需給のひっ迫などからインフレ圧力が徐々に強まるケースでしょう。一方で、市場が正しければ「次は2020年7月の利下げ」、貿易摩擦の激化などにより景気に一段の下押し圧力が加わるケースでしょう。
ドット・プロットは「次の一手は21年利上げ」を示唆
声明文では、「現在の金融政策は適切である」とし、前回の声明文にあった「見通しに関わる不確実性は残る」との一文が削除されました。FOMC参加者が緩やかな景気回復が続くとの見通しに自信を深めたためでしょう。

「ドット・プロット(参加者の政策金利見通し)」では、2022年末までに現行の政策金利1.50-1.75%より下の水準を想定した参加者は皆無でした。今回の据え置きが全会一致だった(=利下げを主張する投票メンバーはいなかった)ことと合わせて、利下げは前回10月で打ち止めとするのがFOMCのメインシナリオと考えらえます。

「ドット・プロット」の中央値は、2020年末1.50-1.75%、2021年末1.75-2.00%、2022年末2.00-2.25%です。それらを敢えてFOMCが想定する政策金利の行方だと解釈すれば、21年と22年に1回ずつ利上げすることになります。
そして、2022年までに最大5回の利上げを想定している参加者が2人いることも明らかになりました。
市場は「20年の利下げ」を織り込む
もっとも、パウエル議長の会見は、「利上げを支持するにはインフレの顕著な上昇が必要だ」、「労働市場がひっ迫しているなら、賃金はもっと上昇しているはず」など、利上げのハードルの高さを強調するハト派的な内容でした。

11日時点のFFレート(政策金利)先物に基づけば、市場が織り込む利下げの確率は20年7月のFOMC以降50%を超えています。一方で、少なくとも21年1月のFOMCまで利下げの確率は0%です。

最終更新:12月12日(木)11時23分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

為替レート

通貨ペアBidAsk
米ドル/円
米ドル/円
ユーロ/円
ユーロ/円
豪ドル/円
豪ドル/円

プロが選ぶチャンス銘柄 予想中一覧

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ