ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

“上値が重く”とも、“悲観する必要なし”…!? - ドル円

武市佳史
武市佳史 勝率:ありません パフォーマンス:ありません
初心者には分かり易く上級者も納得のFXアナリスト
株式会社マネーパートナーズ チーフアナリスト。日本におけるFXの草創期より業務に従事。現在は週刊為替コラム「武市のなぜなにFX」の執筆やWebセミナー講師を務めるのみならず、日経CNBCを始めとする数々のメディアに出演・寄稿中。
予想終了
  • 米国ドル 予想期間12月10日

    “上値が重く”とも、“悲観する必要なし”…!? - ドル円

    12月9日(月)10時38分みんなの株式
◆すこぶる好内容 - 米雇用統計 
※ご注意:予想期間は12月10日と表示されていますが、本日(12月9日)の東京・欧州・NY市場の値動きを想定した記述となります。


期待した通り、米雇用統計は“数値にブレ”が見られました。

非農業部門雇用者数は“2019年1月以来の大幅増(+26.6万人)”、前月・前々月分も合わせて“+4.1万人の上方修正”が加わりました。
さらに失業率は“1969年12月来(3.5%)”へ再低下”、平均時給も“好内容(前月比:+0.2%/前年比:+3.1%)”となったことで、発表直後から反発に転じました。
米10年国債利回りが“1.78%→1.86%”へと急上昇する中、ドル円も“108.526円→108.919円”へと反発しています。

もっとも「米中協議の行方」に対する不透明感は根強く、“109円回復”に至ることはありませんでした。
NYダウは“続伸(+337ドル)”、前記米10年国債利回りは“高止まり(1.83%)”を見せたものの、ドル円は“上値の重さ”を引きずって先週の取引を終えています。
◆“上値の重さ”ばかりが目立つが…
今週はリスクイベントが相次ぐものの、最大となるのはやはり「米中協議の行方(対中関税第4弾発動の有無:15日)」と見られます。
このため米中絡みの報道が流れれば“大きく揺れ動く”ものの、そうでなければ“様子見”になりやすいと見られます。
いい換えれば「ヘッドラインには一喜一憂」するものの、「不用意なポジション形成は手控えられる」ということになります。

“200日移動平均線(本日は108.844円)”を終値ベースで越え切れず、押し戻されたという格好ですので、テクニカル的には“上値の重さ”ばかりが目立つことになります。
しかし前記の状況を踏まえれば、“悲観する必要なし”といえると思います。
だからといって“楽観できる”という訳でもありませんが…。
◆ドル円 抵抗・支持ライン
上値5:109.205(12/3高値、+1σ、12/2~12/4の61.8%戻し、ピボットハイブレイクアウト)
上値4:109.078(12/2~12/4の50%戻し、日足・一目均衡表転換線、ピボット2ndレジスタンス)
上値3:108.995(12/5高値、大台)
上値2:108.919(12/6高値、日足・一目均衡表基準線、50週移動平均線)
上値1:108.844(200/20日移動平均線、週足・一目均衡表転換線、ピボット1stレジスタンス)
前営業日終値:108.554(50日移動平均線、-1σ)
下値1:108.429(12/4安値、月足・一目均衡表転換線、10/3~12/2の38.2%押し水準、ピボット1stサポート)
下値2:108.234(11/14安値、11/21安値、日足・一目均衡表先行スパン上限、-2σ、ピボット2ndサポート)
下値3:108.011(10/3~12/2の50%押し、大台、ピボットローブレイクアウト)
下値4:107.886(11/1安値)
下値5:107.811(100日移動平均線)

10:43 抵抗・支持ライン追加

最終更新:12月9日(月)10時43分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

為替レート

通貨ペアBidAsk
米ドル/円
米ドル/円
ユーロ/円
ユーロ/円
豪ドル/円
豪ドル/円

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ