ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】ソマール(8152)200日線の攻防激化、出来高が増加すれば上値ブレイクで大きな値幅も狙える◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

加藤あきら
加藤あきら 勝率:48%(63勝66敗) パフォーマンス:+140.0
あすなろNo.1人気アナリスト
国内・外資の大手金融機関で経験を積んだのち、『あすなろ投資顧問』に在籍。市場動向分析、市場心理分析、チャートだけでは語らない「大局的な視野」を持ち日々銘柄を分析。顧客に寄り添うアドバイスに定評があり、個人投資家の資産形成をサポートいたします。
予想終了
  • 日本株 予想期間12月9日~12月13日

    始値(1,805円)→終値(1,910円)

    【買い】ソマール(8152)200日線の攻防激化、出来高が増加すれば上値ブレイクで大きな値幅も狙える◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

    12月6日(金)15時39分みんなの株式
200日線の攻防激化、出来高が増加すれば上値ブレイクで大きな値幅も狙える
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
業種:卸売業
時価総額:35億円
PER:13.35倍
PBR: 0.28倍

 化学品の商社およびメーカーで、電子部品や光学機器・自動車・製紙向けなどの高機能化学材料を主軸に置きながら、生活に身近なところで食品材料の増粘剤や乾燥野菜なども取り扱っている。環境保全意識の高まりが加速する中、排水処理向けの微生物固定化担体『Y-CUBE』なども新規ラインナップに加えている。

 業績面において11/8に中間決算を発表、主力のコーティング製品・回路基板材料がスマホ市場の減速で大幅に減収となったほか、自動車業界向けの樹脂製品なども振るわず、中間期の売上高は前期比8.4%減、営業利益は同88.6%減と大きく落ち込んだ。しかし、足元では自動車およびエレクトロニクスの両業界に改善の兆しがみられてきたことや、割合は小さいものの食品素材の増収など明るい材料もあることから今後の業績回復に期待がかかる。

 株価は足元で徐々に下値を切り上げて200日移動平均線に接近。電気自動車やスマホなどの関連性が高く、テーマ性も持ち合わせているだけに動意づいたら足は速そう。気がかりは出来高がまだ十分でないことくらいだが、未だ市場の認知度が低いことはかえって上値を伸ばす余地が大きいことにもつながってきそうだ。

12/11追記 今週に入り200日線を明確に上抜け。上昇加速に期待。

最終更新:12月11日(水)16時45分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

プロが選ぶチャンス銘柄 予想中一覧

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ