ここから本文です

株価予想 掲載終了のお知らせ

株価予想をいつもご利用いただき、誠にありがとうございます。
誠に勝手ながら、2020年3月25日をもちまして株価予想の掲載を終了いたします。
ご愛顧いただき、誠にありがとうございました。

終了に関するご意見、また今後のサービス改善に関するご要望については、以下のフォームへお寄せください。

ご意見・ご要望フォーム

株価予想トップ > 予想一覧 > 

“動きづらい”は事実だが…!? - ドル円

武市佳史
武市佳史 勝率:ありません パフォーマンス:ありません
初心者には分かり易く上級者も納得のFXアナリスト
株式会社マネーパートナーズ チーフアナリスト。日本におけるFXの草創期より業務に従事。現在は週刊為替コラム「武市のなぜなにFX」の執筆やWebセミナー講師を務めるのみならず、日経CNBCを始めとする数々のメディアに出演・寄稿中。
予想終了
  • 米国ドル 予想期間12月7日

    “動きづらい”は事実だが…!? - ドル円

    12月6日(金)10時34分みんなの株式
◆“揺れ動き”すれども、“膠着”は変わらず…
※ご注意:予想期間は12月7日と表示されていますが、本日(12月6日)の東京・欧州・NY市場の値動きを想定した記述となります。


「米中協議」に進展は見られず、昨日は“膠着(揺れ動き)”に終始しました。

欧州タイム序盤には“109円ライン”に突っかかる場面が見られましたが、突破には至りませんでした。
昨日発表の米経済指標も“強め(米貿易収支は-472億ドルに赤字縮小/新規失業保険申請件数は20.3万件と4月以来の低水準)”が目立ちましたが、後押しになることはありませんでした。

一方で『トランプ弾劾決議案を月内に採決』と伝わったことから、NYタイムには“ドル売り”も目立ちました。
しかしながら“前日安値(12/4:108.429円)”を窺うには至っておらず、“108円半ば~後半”から外れることはありませんでした。
◆ただ“動かない”と決めつけるは禁物…?
「米中協議の行方」が引き続きテーマと見られますので、引き続き“収斂圧力”が値幅を限定させる展開は否めないところがあります。
このため本日予定される「米雇用統計」も、動意づくかは“未知数”といわざるを得ないのが実状です。
しかしながら「米自動車大手・GMのストライキ終結」「年末商戦向けの臨時雇用」という“ポジティブ”が期待され、反面「前哨戦は弱め」という“ネガティブ”を抱えています。
つまり“数値がブレる”といった可能性は、全くゼロという訳ではないことになります。

「米中協議の行方」に“神経を研ぎ澄ます”が基本であり、「FOMC(10-11日)/英総選挙(12日)」を前に“動きづらい”というのも事実ですが、“動かない”と決めつけることのないようにしておきたいところです。
もちろん“結果次第”ではありますが…。
◆ドル円 抵抗・支持ライン
上値5:109.284(ピボットハイブレイクアウト)
上値4:109.205(12/3高値、+1σ、12/2~12/4の61.8%戻し、ピボット2ndレジスタンス)
上値3:109.078(12/2~12/4の50%戻し、日足・一目均衡表転換線)
上値2:108.995(12/5高値、50週移動平均線、大台、ピボット1stレジスタンス)
上値1:108.864(200/20日移動平均線、日足・一目均衡表基準線)
前営業日終値:108.749
下値1:108.655(12/5安値、ピボット1stサポート)
下値2:108.533(50日移動平均線、-1σ)
下値3:108.429(12/4安値、月足・一目均衡表転換線、ピボット2ndサポート、10/3~12/2の38.2%押し水準)
下値4:108.234(11/14安値、11/21安値、日足・一目均衡表先行スパン上限、-2σ、週足・一目均衡表転換線、ピボットローブレイクアウト)
下値5:108.011(10/3~12/2の50%押し、大台)


※12:45 誤字修正

最終更新:12月6日(金)12時46分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

為替レート

通貨ペアBidAsk
米ドル/円
米ドル/円
ユーロ/円
ユーロ/円
豪ドル/円
豪ドル/円

プロが選ぶチャンス銘柄 予想中一覧

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ