ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】中国塗料(4617)産業用塗料の需要回復期待で1000円近辺は仕込み場とみる◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

加藤あきら
加藤あきら 勝率:51%(69勝66敗) パフォーマンス:+168.6
あすなろNo.1人気アナリスト
国内・外資の大手金融機関で経験を積んだのち、『あすなろ投資顧問』に在籍。市場動向分析、市場心理分析、チャートだけでは語らない「大局的な視野」を持ち日々銘柄を分析。顧客に寄り添うアドバイスに定評があり、個人投資家の資産形成をサポートいたします。
予想終了
  • 日本株 予想期間12月4日

    始値(1,020円)→終値(1,027円)

    【買い】中国塗料(4617)産業用塗料の需要回復期待で1000円近辺は仕込み場とみる◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

    12月4日(水)8時12分みんなの株式
産業用塗料の需要回復期待で1000円近辺は仕込み場とみる
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
業種:化学
時価総額:711億円
PER:26.47倍
PBR: 1.00倍

 船舶用塗料の最大手であり、工業用塗料や塗装関連装置類の販売なども事業展開。身近なところでは建材用塗料やスマホなどの電子機器用のプラスチック塗料なども取扱いがある。防汚・防食塗料は船舶や橋梁、コンテナ、プラント、各種構造物などに広く用いられる。中国や韓国、タイといったアジアを中心に海外にも販売網を敷く。

 業績面においては10/31発表の中間決算で、原材料価格低下に伴うスプレッド拡大が想定以上として今期利益計画を2倍以上の上方修正を行い、前期の赤字から大幅な黒字転換を果たした。また、足元では造船大国の韓国で船舶の市況が回復に転じてきており、通期で更なる上振れ着地もあり得る。

 株価は上記決算発表後の動意で11/8に高値1136円まで上値を伸ばしたが、利益確定売りから水準は発表前のところまで往って来いとなっている。バリュエーションは妥当な水準とみられるが、仮に今後の業績回復傾向を想定するならば日柄調整をこなしている間にじっくりと仕込んでおきたい銘柄と言える。

最終更新:12月4日(水)8時12分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ