ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】8338:筑波銀行

伊東聡
伊東聡 勝率:35%(15勝27敗) パフォーマンス:-96.4
場立ち上がりの元ベテラン株式ディーラー
現物株の株式ディーラーとして数々の武勇伝を持つ腰の据わった元ディーラー。
現在は(株)G&Dアドヴァイザーズにて、投資アドヴァイザーとして助言やコラム配信を行う。
予想中
  • 日本株 予想期間12月2日~12月30日

    始値(241円)→現在値(234円)

    【買い】8338:筑波銀行

    11月29日(金)18時00分みんなの株式
業界再編期待。
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
9月に島根銀行との提携を発表したSBIの話しも記憶に新しくその後に発表のあった福島銀行との資本提携。

多くの地銀や、地方の地場証券は成長性の鈍化もあり単体での存続は厳しさを増すだろう。

先日はりそなHDからも発表があり地銀の収益強化支援 資産運用システム提供に力を注ぐと、具体的には、顧客から一任を受けて資産を運用する「ファンドラップ」について、地銀が自行の口座で販売・運用状況を管理できるシステムを構築しながら提供したいとの話のようだ。

日本の眠る円、資産の多くはこのような地銀に眠っている事は紛れもない事実でもありこの資産を掘り起こす事は地銀や地方証券の再編だけではなく「地域活性化」や「地方創生」の最大の課題とも取れる。

同社に関して言えばこれまで各地方、例えば九州などであればいくつもの地銀が合併などを繰り返し統合となったが、関東地方では浜銀と東日本銀行の統合もあり千葉銀とも業務提携を発表した。

今も尚取り残されている北関東にもいくつかの地銀もありこれらの噂も市場関係者の間では以前より話題を呼んでいる。

また過去を振り返れば小泉政権時2005年に12月のマザーズ株の急騰劇後の銀行祭りがあったように今回も銀行株などの需給状況はかなり良い為、年末の踏み上げに期待も大きい。

最終更新:11月29日(金)18時00分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

プロが選ぶチャンス銘柄 予想中一覧

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ