ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】三井金属(5706)決算売り反応は過剰で見直し余地十分の実力株◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

加藤あきら
加藤あきら 勝率:51%(69勝66敗) パフォーマンス:+168.6
あすなろNo.1人気アナリスト
国内・外資の大手金融機関で経験を積んだのち、『あすなろ投資顧問』に在籍。市場動向分析、市場心理分析、チャートだけでは語らない「大局的な視野」を持ち日々銘柄を分析。顧客に寄り添うアドバイスに定評があり、個人投資家の資産形成をサポートいたします。
予想中
  • 日本株 予想期間12月2日~12月30日

    始値(2,740円)→現在値(2,733円)

    【買い】三井金属(5706)決算売り反応は過剰で見直し余地十分の実力株◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

    11月29日(金)17時27分みんなの株式
決算売り反応は過剰で見直し余地十分の実力株
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
業種:非鉄金属
時価総額:1576億円
PER:31.40倍
PBR: 0.94倍

 非鉄金属の大手でエレクトロニクス分野における機能材料を広範にわたって手がける。銅箔では世界トップクラスで、自動車部品や半導体材料、フラットパネルなど高付加価値製品の製造においては欠かせない存在感を示す。

 業績面においては8/8に第1Q決算発表を行うとともに上期業績を50%超下方修正した見通しを発表。続く11/11には中間決算ならびに通期で46.2%減の下方修正を発表し、金属在庫の悪化や自動車部品の販売量減を主因としている。しかし、夏場以降では金属価格が徐々に回復傾向にあることや半導体分野の底入れ、高付加価値製品需要がボトムを打って回復が見込まれることなどから業績は今後改善に向かうものとみる。
 また、9/20にはマクセルが硫化物系固体電解質を使用したコイン形全固体電池を開発し、9月上旬からサンプル出荷を開始と伝わっており、これには同社材料が使われている。

 株価は上記中間決算発表後に急落となったが、足元では下値を固める動きが続いている。直近ではみずほ証券、三菱UFJが大量保有報告を発表、順次、貸株の在庫確保に乗り出す動きが出てきているとみられるが、9月にゴールドマン・サックスが5%超保有の大量保有を報告していることからも、ここからの下値はおよそ限定的と考える。今後は需給面の整理が進むとともに景気浮揚への転換期待で株価も底入れ反転の動きが示現してくるだろう。

最終更新:11月29日(金)17時27分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ