ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】伊勢化学工業(4107)もみ合いを脱する動きで200日移動平均線を突破、一段高に向けて好発進◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

加藤あきら
加藤あきら 勝率:52%(71勝63敗) パフォーマンス:+176.6
あすなろNo.1人気アナリスト
国内・外資の大手金融機関で経験を積んだのち、『あすなろ投資顧問』に在籍。市場動向分析、市場心理分析、チャートだけでは語らない「大局的な視野」を持ち日々銘柄を分析。顧客に寄り添うアドバイスに定評があり、個人投資家の資産形成をサポートいたします。
予想中
  • 日本株 予想期間12月2日~12月30日

    始値(3,280円)→現在値(3,380円)

    【買い】伊勢化学工業(4107)もみ合いを脱する動きで200日移動平均線を突破、一段高に向けて好発進◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

    11月29日(金)17時25分みんなの株式
もみ合いを脱する動きで200日移動平均線を突破、一段高に向けて好発進
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
業種:化学
時価総額:166億円
PER:14.41倍
PBR: 0.67倍

 ヨウ素生産量で世界大手を誇り、地下深くから汲み上げられる「かん水」からヨウ素を取り出し、その副産物である天然ガス事業も手がける。また、ニッケルやコバルト系の金属化合物を取り扱っており、2次電池用途やセラミック・コンデンサ用途などに製造。

 20~30$/㎏であったヨウ素価格は環境問題によりチリ国での工場停止や福島原子力発電での事故により2014年には50$以上に暴騰した過去がある。しかしチリで能力増強の動きが堅調となったことで2017年には20$前後まで低下したことで、同社業績も大幅な落ち込む事業年度があった。
 足元では価格が反転したことや、米国子会社の操業度アップから連結業績は急改善を見せ、今期業績も増収・増益計画である。10/30発表の3Q累計実績から通期業績は計画以上となることが予想される。

 株価は日々の出来高の少なさに起因しているかと思われるが業績に株価が追従しておらず、B/Sも盤石で割安感が強い。エレクトロニクスの液晶用偏光板や医療のX線造影剤などヨウ素が活躍する場は広く、セラコン市況の改善なども含め同社製品は将来的な需要増が見込まれる。さらに、市場物色は低バリュー見直しの動きからいつ動意づいてきてもおかしくないだろう。

最終更新:11月30日(土)21時02分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ