ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】日本ゼオン(4205)ニッチトップ企業の増勢続く 、年初来高値を捉えつつなおも続伸に期待◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

加藤あきら
加藤あきら 勝率:50%(67勝66敗) パフォーマンス:+183.1
あすなろNo.1人気アナリスト
国内・外資の大手金融機関で経験を積んだのち、『あすなろ投資顧問』に在籍。市場動向分析、市場心理分析、チャートだけでは語らない「大局的な視野」を持ち日々銘柄を分析。顧客に寄り添うアドバイスに定評があり、個人投資家の資産形成をサポートいたします。
予想終了
  • 日本株 予想期間12月2日~12月30日

    始値(1,404円)→終値(1,366円)

    この予想!自信あり

    【買い】日本ゼオン(4205)ニッチトップ企業の増勢続く 、年初来高値を捉えつつなおも続伸に期待◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

    11月29日(金)17時23分みんなの株式
ニッチトップ企業の増勢続く、年初来高値を捉えつつなおも続伸に期待
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
業種:化学
時価総額:3342億円
PER:14.00倍
PBR: 1.16倍

 合成ゴムの大手で自動車やエレクトロニクス産業向けに製品を供給、耐油性特殊ゴムでは世界トップクラスのシェアを誇る。高機能材も幅広く手がけており、半導体のドライエッチングガスや2次電池用途のバインダーなども同社のポリマー技術が活かされている。

 業績面はエラストマー事業が自動車や他仕向け先への出荷減少や工場の定修から減収になったことや、価格転嫁のタイムラグが加わり大幅減益に。高機能材料事業ではケミカル品での定修による減収も光学系の高機能樹脂で補い増収・増益となった。
 連結での中間期業績は前年比16.5%営業減益だったが、期初計画を達成して通期でも計画を上回る着地となりそう。光学フィルムやリチウム関連製品、自動車向けのZetpol等にも期待が持てる。

 株価は直近の決算発表直後は不自然なほどに売られる場面があったが、すぐさま切り返してV字回復を見せた。さらにその後も年初来高値を更新するなど上値指向が強まっており、かえって良いアク抜けができたとみられる。年初来からの上昇トレンドを維持しつつ、今後は2018年1月以来の水準回復の動きが続くと思われる。

最終更新:11月30日(土)21時02分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

プロが選ぶチャンス銘柄 予想中一覧

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ