ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】オプテックスG(6914)センサー革命で関連銘柄に物色意欲、出遅れ修正の上値余地に期待◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

加藤あきら
加藤あきら 勝率:51%(69勝66敗) パフォーマンス:+168.6
あすなろNo.1人気アナリスト
国内・外資の大手金融機関で経験を積んだのち、『あすなろ投資顧問』に在籍。市場動向分析、市場心理分析、チャートだけでは語らない「大局的な視野」を持ち日々銘柄を分析。顧客に寄り添うアドバイスに定評があり、個人投資家の資産形成をサポートいたします。
予想中
  • 日本株 予想期間12月2日~12月6日

    始値(1,614円)→現在値(1,629円)

    【買い】オプテックスG(6914)センサー革命で関連銘柄に物色意欲、出遅れ修正の上値余地に期待◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

    11月29日(金)17時13分みんなの株式
センサー革命で関連銘柄に物色意欲、出遅れ修正の上値余地に期待
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
業種:電気機器
時価総額:609億円
PER:29.18倍
PBR: 1.83倍

 屋内外の防犯、自動ドア用センサーや工場向けなど、産業用センサーを展開しており、業界でトップクラス。世界初の遠赤外線利用の自動ドア用センサーを開発したことでも有名。監視カメラの世界市場規模はCAGR15%程度で右肩上がりに拡大を続けており、北米地域におけるシェア拡大を狙う。

 ファンダメンタルは8/5発表の中間決算で業績面における不安を感じさせたが、目先の悪材料出尽くし感と80万株規模の自社株買い好感で株価は反発。前期好調だったファクトリーオートメーション(FA)事業およびMVL事業が米中貿易摩擦の影響を受けて低調となり、主力事業以外の成長分野における業績がまだ安定していないことが浮き彫りに。続く11月の第3Q決算では業績下方修正に至ったが、ほぼ織り込み済みの内容で今後は上記の落ち込みから回復の傾向はより鮮明となってくるだろう。

 株価は上記の決算後で25日移動平均線を下回ることとなったが、業績面における不安は徐々に解消に向かうものとみる。一方で上値の重たさが感じられる需給面は空売りが増えて信用倍率が低下してきており、売り方の必死さが窺える。ただ、今後はデータセンター向けの需要増からも着実に5G、IoT時代の到来が近づいていることが読み取れ、そこに不可欠とされるビッグデータに関わってくる『センサー革命』が株価上昇の引き金を引くことになろう。

最終更新:11月29日(金)17時13分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

プロが選ぶチャンス銘柄 予想中一覧

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ