ここから本文です

株価予想 掲載終了のお知らせ

株価予想をいつもご利用いただき、誠にありがとうございます。
誠に勝手ながら、2020年3月31日をもちまして株価予想の掲載を終了いたします。
ご愛顧いただき、誠にありがとうございました。

終了に関するご意見、また今後のサービス改善に関するご要望については、以下のフォームへお寄せください。

ご意見・ご要望フォーム

株価予想トップ > 予想一覧 > 

“崩れない”が基本も、目先は“踊り場”を形成…!? - ドル円

武市佳史
武市佳史 勝率:ありません パフォーマンス:ありません
初心者には分かり易く上級者も納得のFXアナリスト
株式会社マネーパートナーズ チーフアナリスト。日本におけるFXの草創期より業務に従事。現在は週刊為替コラム「武市のなぜなにFX」の執筆やWebセミナー講師を務めるのみならず、日経CNBCを始めとする数々のメディアに出演・寄稿中。
予想終了
  • 米国ドル 予想期間11月29日

    “崩れない”が基本も、目先は“踊り場”を形成…!? - ドル円

    11月28日(木)10時47分みんなの株式
◆およそ半年ぶりの水準へ上値拡大
※ご注意:予想期間は11月29日と表示されていますが、本日(11月28日)の東京・欧州・NY市場の値動きを想定した記述となります。


流動性が低下する中、「米中通商協議」への期待感は維持されました。
また昨日は「強めの米GDP(+1.9%→+2.1%に上方修正)」も後押しとなった印象があります。
“リスク選好姿勢”が継続する中、ドル円は“5/31以来となる109.607円”まで上値を伸ばした。

一方、日を跨いでからは『トランプ米大統領、香港人権法案に署名』と伝わって来ています。
「(中国側が)何らかの報復を発する」との思惑が頭を過ぎりやすく、“緩やかに押し戻された”というのが実状といえます。
◆ただし“一気の110円台回復”は期待し過ぎ…?
こうした中、本日は「米感謝祭当日」となります。
“些細な要因で大きく揺れ動く”という可能性も増しますので、まずは「中国側の反応」を見極める必要がありそうです。
もっとも明日は「ブラックフライデー」ですので、“好調な米消費動向”への期待が下値を支える展開が期待されるところでもあります。
つまり「中国側の反応」次第ではあるものの、“リスク回避一辺倒”の展開は想定しづらい…?

一気の“110円台回復”は期待し過ぎであり、目先は“上値が重い”を想定しておく必要もあると考えます。
それでも“大きくは崩れない”と見れば、現状は“踊り場”の形成局面…?
引き続き“押し目買いのチャンス”と見て、ことの成り行きを見守りたいところです。
◆ドル円 抵抗・支持ライン
上値5:110.000(大台、20月移動平均線、ピボット2ndレジスタンス)
上値4:109.924(5/30高値)
上値3:109.849(200週移動平均線、週足・一目均衡表先行スパン上限)
上値2:109.752(週足・一目均衡表先行スパン下限、ピボット1stレジスタンス)
上値1:109.620(5/31高値、11/27高値、100週移動平均線、+2σ)
前営業日終値:109.545(月足・一目均衡表基準線)
下値1:109.277(11/21~11/27の23.6%押し)
下値2:109.166(ピボット1stサポート、+1σ)
下値3:109.008(11/27安値、50週移動平均線、11/21~11/27の38.2%押し、大台)
下値4:108.873(11/26安値、200/20日移動平均線、日足・一目均衡表転換線、11/21~11/27の50%押し)
下値5:108.742(11/21~11/27の61.8%押し、日足・一目均衡表基準線、ピボット2ndサポート)

最終更新:11月28日(木)10時47分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

為替レート

通貨ペアBidAsk
米ドル/円
米ドル/円
ユーロ/円
ユーロ/円
豪ドル/円
豪ドル/円

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ