ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】6306:日工

伊東聡
伊東聡 勝率:45%(17勝20敗) パフォーマンス:-15.6
場立ち上がりの元ベテラン株式ディーラー
現物株の株式ディーラーとして数々の武勇伝を持つ腰の据わった元ディーラー。
現在は(株)G&Dアドヴァイザーズにて、投資アドヴァイザーとして助言やコラム配信を行う。
予想終了
  • 日本株 予想期間11月25日~11月29日

    始値(735円)→終値(742円)

    【買い】6306:日工

    11月22日(金)18時09分みんなの株式
真水の10兆円。
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
自民、公明両党の幹部は、2019年度補正予算案の規模について、国による直接の財政支出である「真水」で10兆円を求めると一致した。

同社の事業領域である建設関連分野は、2020年の東京オリンピック・パラリンピック後もさまざまなプロジェクトが控えており、当面は、政府建設投資、民間建設投資ともに、国策の追い風を受けながら堅調に推移するものと見ている。

会社側の警戒要因は、労働力不足の慢性化や原材料価格の高騰といった問題の継続については留意しているが、一方で、海外は主力市場である中国で、引き続きインフラ投資が積極的に行われ、また環境規制の一層の強化、リサイクル合材の本格的使用開始等、同社にとって国内で培ってきた技術力が活きる市場環境が当面続いていくとの観測をしている。

今後の成長市場と目論んでいるASEANについては、改めて掘り下げた市場調査を開始し、その結果も踏まえユーザーニーズに沿った製品開発や拠点の設立を検討していく計画としている。

現状の株価は年初来高値の水準にありながら、PER14.2倍、PBR0.92倍と1倍割れの割安感が残っている。

また今期が創立100周年にあたることから中間配当100円実績、期末配当20円計画(記念配)としており、年間配当利回りは現状株価に対して5.46%と好配当であることも好材料になる。

業績好調の背景にはオリンピック、大阪万博、老朽インフラ更新などの国内需要、さらに海外向けの製品販売の好調、ファンダメンタルズが良好といったところであり、株価上昇の勢いは止まらず2013年12月の高値748円更新も目前に迫っており、高値更新となれば1000円の大台までの上昇も早まるであろう。

最終更新:11月22日(金)18時09分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ