ここから本文です

株価予想 掲載終了のお知らせ

株価予想をいつもご利用いただき、誠にありがとうございます。
誠に勝手ながら、2020年3月25日をもちまして株価予想の掲載を終了いたします。
ご愛顧いただき、誠にありがとうございました。

終了に関するご意見、また今後のサービス改善に関するご要望については、以下のフォームへお寄せください。

ご意見・ご要望フォーム

株価予想トップ > 予想一覧 > 

米FOMC議事録、市場の過度の楽観を警戒!?

西田明弘
西田明弘 勝率:ありません パフォーマンス:ありません
予想は当たらない。が、予想しない相場は面白くない
マネースクエア チーフエコノミスト、日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)。
証券会社、米シンクタンク、FX会社にてリサーチ一筋30余年。ファンダメンタルズ分析を得意とする。
  • コラム [外国為替]

    米FOMC議事録、市場の過度の楽観を警戒!?

    11月21日(木)16時12分みんなの株式
いったんの利下げ休止を明示
米FOMC議事録(10/29-30開催分)では、利下げ後に様子見に転じることが明示されました。金融政策に既定路線はないとしつつも、利下げ後の政策金利の水準は、緩やかな経済成長、堅調な労働市場、2%の物価目標と整合的であると判断されました。そして、今後の経済指標によって経済見通しの大幅な見直しが必要とならない限り、政策金利の変更は必要ないとされました。
企業債務の増大やリスク資産の価格高騰を懸念
議事録で興味深かったのは、金融市場についての議論でした。多くの参加者が、企業債務の増大や様々なリスク資産の価格高騰に懸念を示しました。企業債務の質が低下しており、経済に下向きのショックが加わった場合に悪影響を増幅しかねないと指摘する参加者もいました。
利下げ反対の理由の1つは過度なレバレッジの助長
10月の利下げは8対2の投票で決定されました。ジョージ総裁(カンザスシティ)は、経済見通しが悪化した場合に利下げすればよいという理由で据え置きを主張しました。そして、ローゼングレン総裁(ボストン)は、政策金利は十分に低く、追加利下げは資産価格を高騰させ、個人や企業の過度なレバレッジを助長するリスクがあるとして据え置きを主張しました。
ECBもリスクテイクに警鐘
20日、ECB(欧州中央銀行)は半期に一度の金融安定報告を公表しました。その中で、低金利は投資ファンドや保険会社、一部の不動産市場の過剰なリスクテイクを促しているとの指摘がありました。
もっとストレートな警鐘も!?
そうした欧米金融当局の懸念を尻目に、米株が最高値を更新し続けているように市場では楽観的ムードが一段と高まっているようです。金融当局がもっとストレートに警鐘を鳴らす必要が出てくるかもしれません。

最終更新:11月21日(木)16時12分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

為替レート

通貨ペアBidAsk
米ドル/円
米ドル/円
ユーロ/円
ユーロ/円
豪ドル/円
豪ドル/円

プロが選ぶチャンス銘柄 予想中一覧

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ