ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】6785:鈴木

伊東聡
伊東聡 勝率:35%(15勝27敗) パフォーマンス:-96.4
場立ち上がりの元ベテラン株式ディーラー
現物株の株式ディーラーとして数々の武勇伝を持つ腰の据わった元ディーラー。
現在は(株)G&Dアドヴァイザーズにて、投資アドヴァイザーとして助言やコラム配信を行う。
予想終了
  • 日本株 予想期間11月18日~11月22日

    始値(827円)→終値(782円)

    【買い】6785:鈴木

    11月15日(金)17時50分みんなの株式
チャート妙味。
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
同社の株価推移にリターンリバーサルの着想からの見直し買いが足元でスタートしている。

同社の直近の株価推移を確認すると、短期間の上昇率は30%も見直し買いによって値を戻しているところ。

最近の業績で好調だった18年6月期の株価は、950円付近の評価であった。そのことを勘案すると現状株価は評価の戻しの道の途上であることが見て取れる。

こうした相場のグレートローテーションの胎動を促すものは、たとえば5Gの実用化の接近や、米アップルの高機能カメラとリーズナブルな価格設定が好評のiPhone11シリーズの増産、韓国サムスンがガラケーのような縦折りスマートフォンを2020年年初に発表する見通しとの海外ニュースが報じられている。

以上のことから半導体関連市場全体が業績面の最悪期から底打ちのタイミングに移行しつつある感触がある。

また同社の柱のひとつである自動車電装部品についても、EVシフト、目前の自動運転技術の普及など、需要増加のフォロー要因が多数待ち受けている。

需給面においても、信用倍率0.64倍の売長状態から買い戻しは中長期的に進んでいく期待。

最終更新:11月15日(金)17時50分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ