ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】武蔵精密工業(7220)業績下方修正とともに悪材料出尽くし、自動車業界に回復の兆しで本格反騰期待◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

加藤あきら
加藤あきら 勝率:52%(71勝63敗) パフォーマンス:+176.6
あすなろNo.1人気アナリスト
国内・外資の大手金融機関で経験を積んだのち、『あすなろ投資顧問』に在籍。市場動向分析、市場心理分析、チャートだけでは語らない「大局的な視野」を持ち日々銘柄を分析。顧客に寄り添うアドバイスに定評があり、個人投資家の資産形成をサポートいたします。
予想終了
  • 日本株 予想期間11月18日~11月22日

    始値(1,564円)→終値(1,488円)

    【買い】武蔵精密工業(7220)業績下方修正とともに悪材料出尽くし、自動車業界に回復の兆しで本格反騰期待◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

    11月15日(金)17時15分みんなの株式
業績下方修正とともに悪材料出尽くし、自動車業界に回復の兆しで本格反騰期待
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
業種:輸送用機器
時価総額:1029億円
PER:14.71倍
PBR: 1.18倍

 ホンダ系の自動車部品メーカーで、カムシャフトやトランスミッションギヤが主力となる。小型化・軽量化において世界最高水準の生産技術力を有し、デファレンシャルアッセンブリィ(差動機構)やプラネタリィアッセンブリィ(減速機構)に強みがある。ホンダ系ならではとも言える二輪車向けも手がける。海外に工場を積極展開。

 業績面においては11/6に中間決算および業績の下方修正を発表、欧州での赤字転落をはじめ世界全般で需要低迷が鮮明化し1Q・2Qともに前期比で大幅減益を強いられることとなった。修正幅は売上高で約5%減、営業利益は約28%減となったが、徐々に自動車業界に底入れの兆しがみられることや「CASE革命」の進展による製品需要増が見込まれることから下期にこそ期待が寄せられる。

 株価は第1Q決算発表直後の8/13に年初来安値1098円まで売り込まれる場面がみられたが、その後は緩やかな戻り基調にあると言え、中間決算発表後は直近の高値圏を維持している。今後一段高を見込むためには1650円付近の上値抵抗を突破できるかどうかが焦点となりそうで、これを通過できれば年初来高値更新も見えてくる。

最終更新:11月15日(金)17時15分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

プロが選ぶチャンス銘柄 予想中一覧

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ