ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】宮入バルブ製作所(6495)船舶用の需要増に加え車載向けも回復へ、全体膠着の中で投資家は低位株に触手を伸ばす◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

加藤あきら
加藤あきら 勝率:52%(71勝63敗) パフォーマンス:+176.6
あすなろNo.1人気アナリスト
国内・外資の大手金融機関で経験を積んだのち、『あすなろ投資顧問』に在籍。市場動向分析、市場心理分析、チャートだけでは語らない「大局的な視野」を持ち日々銘柄を分析。顧客に寄り添うアドバイスに定評があり、個人投資家の資産形成をサポートいたします。
予想終了
  • 日本株 予想期間11月15日

    始値(124円)→終値(122円)

    【買い】宮入バルブ製作所(6495)船舶用の需要増に加え車載向けも回復へ、全体膠着の中で投資家は低位株に触手を伸ばす◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

    11月15日(金)8時13分みんなの株式
船舶用の需要増に加え車載向けも回復へ、全体膠着の中で投資家は低位株に触手を伸ばす
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
業種:機械
時価総額:60億円
PER:59.04倍
PBR: 1.56倍

 LPG容器用バルブ大手で業界2位につける。将来的な有望分野の燃料電池車・水素充填バルブも手がける。船舶用やLNG用の展開で米中問題を発端とした貿易摩擦懸念の緩和による事業環境の改善が待たれる。

 業績面においては11/1に中間決算を発表し、期初計画に対して売上高は微減だったが、利益面は新製造ラインの消却負担増などが重しとなり、その他の外注費削減などでコスト減に努めたが埋まらなかった。ただ、前期比では微増収、利益面もわずかながら黒字転換を果たしており、業績悪化懸念は徐々に和らいでいることが窺がえた。車載用やLNG用など今後の需要増加が見込まれる分野が伸びて業績に寄与してくることに期待。

 株価は従来より業績悪化の懸念が重しとなりなかなか上値を試す動きも見られなかったが、足元では徐々に需給面での整理がついて値軽さも感じられるようになってきた。市場全体の膠着感が強まってきている中で小型低位株を物色する資金も活発化してくるとみられ、急動意に備えておきたい。

最終更新:11月15日(金)8時13分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

プロが選ぶチャンス銘柄 予想中一覧

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ