ここから本文です

株価予想 掲載終了のお知らせ

株価予想をいつもご利用いただき、誠にありがとうございます。
誠に勝手ながら、2020年3月25日をもちまして株価予想の掲載を終了いたします。
ご愛顧いただき、誠にありがとうございました。

終了に関するご意見、また今後のサービス改善に関するご要望については、以下のフォームへお寄せください。

ご意見・ご要望フォーム

株価予想トップ > 予想一覧 > 

今週の米ドル/円予想 ストキャスティクスの反転で打診売り(11/11週)

山口哲也
山口哲也 勝率:ありません パフォーマンス:ありません
為替、株価指数のチャート分析で大人気!!
株式会社フジトミ 国際テクニカルアナリスト連盟 認定テクニカルアナリスト
金融機関でアナリストとして経験を積んだのち株式会社フジトミ入社。幅広い手法を網羅した緻密な分析とわかりやすい解説が好評。日経CNBC・東京MXテレビ等メディア出演多数。
予想終了
  • 米国ドル 予想期間11月12日

    今週の米ドル/円予想 ストキャスティクスの反転で打診売り(11/11週)

    11月11日(月)15時04分みんなの株式
【先週のドル/円の動向と今週の主要イベント】
今週の主要経済指標

今週の主要経済指標

先週の米ドル/円は上昇。週初108.265で寄り付いた米ドル/円は、前週末の予想より強い雇用統計や前月から上昇したISM製造業景気指数に加え、米中通商協議が部分合意に近づくとの楽観論から、週初から底堅く推移。5日に発表されたISM非製造業景気指数も54.7(予想:53.5、前月:52.6)と強く、11月7日には109.500まで上昇。
週末までこの流れが続きましたが、トランプ大統領が「完全な関税撤回で中国とまだ合意していない」と関税撤回を否定する発言をしたことで、109.10割れまで下落。その後は、徐々に下げ幅を取り戻し、109.215で引けました。

今週の主要な経済指標は図の通りですが、引き続き、米中通商協議の第1段階への合意への動向がマーケットの焦点になると思われます。
また、それ以外には日本時間14日午前1時のパウエルFRB議長の議会公聴会、15日の米小売売上高などに注目です。
【米ドル/円(TFX)週足 チャート】
【米ドル/円(TFX)週足 チャート】

【米ドル/円(TFX)週足 チャート】

米ドル/円の週足チャートです。
移動平均線は上から順に52週MA(109.215)、26週MA(107.798)、13週MA(107.554)で、13週MA以外は下向き。26週MAを上にブレイク後は、これがサポートとして意識されます。また、52週移動平均線や109.70前後が当面のレジスタンスとして意識されます。
ストキャスティクスは、%D(85%)がSlow%D(83%)を上回って推移していますが、今年に入ってからは黄色いラインで示した下降トレンドの中で推移しているため、前回もお伝えのとおりストキャスティクスが再度下降基調(%DがSlow%Dを下回り、それぞれが80%を割れる)になったタイミングで売りを考えたいところです。
一方で、チャートパターンとしては、白い破線をネックラインとしたヘッドアンドショルダーズボトムを形成しているとも読み取れ、この水準を上回る場合は、引き続き買いとなります。
【米ドル/円(TFX)日足 チャート】
【米ドル/円(TFX)日足 チャート】

【米ドル/円(TFX)日足 チャート】

米ドル/円の日足チャートです。
200日MA(109.033)はほぼ横ばい。先週に価格が200日MAへトライし、これを上回りました。ただし、ストキャスティクスは%D(82%)、Slow%D(82%)と80%を越えとなっていることから過熱感が出ていると考えられます。したがって、これらが80%を下回る場合には、一目の転換線(108.690)、基準線(108.090)を目標価格として売りを考えたいところです。

このコメントは弊社チーフテクニカルアナリスト山口の個人的な見解で、内容を保証するものではありません。また、売買を推奨するものでもありません。ご理解のほどよろしくお願いいたします。

最終更新:11月11日(月)15時04分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

為替レート

通貨ペアBidAsk
米ドル/円
米ドル/円
ユーロ/円
ユーロ/円
豪ドル/円
豪ドル/円

プロが選ぶチャンス銘柄 予想中一覧

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ