ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】 放電精密加工研究所(6469)急動意のタイミングを逃したくない要監視銘柄◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

加藤あきら
加藤あきら 勝率:52%(71勝63敗) パフォーマンス:+177.4
あすなろNo.1人気アナリスト
国内・外資の大手金融機関で経験を積んだのち、『あすなろ投資顧問』に在籍。市場動向分析、市場心理分析、チャートだけでは語らない「大局的な視野」を持ち日々銘柄を分析。顧客に寄り添うアドバイスに定評があり、個人投資家の資産形成をサポートいたします。
予想終了
  • 日本株 予想期間11月11日~11月15日

    引き分け

    【買い】 放電精密加工研究所(6469)急動意のタイミングを逃したくない要監視銘柄◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

    11月8日(金)17時23分みんなの株式
急動意のタイミングを逃したくない要監視銘柄
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
業種:機械
時価総額:64億円
PER:21.75倍
PBR: 0.91倍

 放電加工を主体とした受託加工を行っており、金属放電加工とアルミ押出用金型のおいて国内首位を誇る。他にも産業用ガスタービン部品や航空機エンジン部品、自動車部品等の表面処理等を手がけており、足元では航空宇宙分野を開拓。

 業績面においては10/3に中間決算を発表し、上期実績は売上高前期比▲11.0%、利益面は赤字転落での着地となった。放電加工・金型・機械それぞれのセグメントで減収となり、期初予想比では最終利益が約20%減と落ち込んでいる。他方で、工作機械統計が8月をボトムに9月より若干の回復がみられ始めていることにより、下期は改善が期待できるものとみる。

 株価は上記決算発表後に一時は年初来安値783円まで売り込まれる場面がみられたが、10月末に突如として自律反発の陽線が立ち水準を押し上げた。その後は手掛かりに乏しく高値保ち合いだが、徐々に日柄調整も一巡してきたとみられる。日足の一目均衡表は三役好転が示現しているが、週足ではようやく遅行スパンが追い付いてきたところにある。先日の動意にみられるようにいつ噴き上げてもおかしくないだけに要監視銘柄の一つと言えるだろう。

最終更新:11月9日(土)20時04分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ