ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【売り】9984:ソフトバンクグループ

伊東聡
伊東聡 勝率:35%(15勝27敗) パフォーマンス:-96.4
場立ち上がりの元ベテラン株式ディーラー
現物株の株式ディーラーとして数々の武勇伝を持つ腰の据わった元ディーラー。
現在は(株)G&Dアドヴァイザーズにて、投資アドヴァイザーとして助言やコラム配信を行う。
予想終了
  • 日本株 予想期間11月5日~11月8日

    始値(4,252円)→終値(4,344円)

    【売り】9984:ソフトバンクグループ

    11月1日(金)18時09分みんなの株式
資金繰りに懸念の噂。
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
同社は、過去の拡大戦略のために発行した社債が大量償還期を迎え、今期も1年間で9000億円を超える資金を返済する必要に迫られている。

新たなM&Aどころか、アテが外れた過去のM&Aの後始末に追われており、本来ならば手放したくない優良資産のアリババを売るなど経営の苦境が浮き彫りになったのではないかと囁かれているようだ。

さらに追い打ちをかけるように出資先の米シェアオフィス大手ウィーワークの経営再建問題に揺れ、その支援額は総額95億ドルにのぼるなどとも伝わっている。

ウィー社は年内にも資金不足に陥るとの見方も出ており、再建が順調に進まないと、今回の支援負担は大きな重荷になるとの警戒感が先行する展開のようだ。

同社株は個人投資家の人気が髙く、元々信用買い残が多いが、この下落時に個人投資家による押し目買いが活発であったことから買い残が更に積み重なり信用倍率は11.75倍と大幅に買い長の状態になってしまっている。

株価的にも需給バランスが悪く、保有している買い方が個人投資家ということから更なる下落から追証に迫られるという懸念も潜んでいる。

そうなってしまうと大量の売りが同社株価を押し下げる可能性が高いと見ている。

現在好調な日本市場にとって水を差す事にはなってほしくはなく何事もないことに越したことは無いが一旦の下落を予想。

最終更新:11月1日(金)18時09分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

この銘柄の他の予想

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ