ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

パウエル議長発言で,ドル円乱高下。

遠藤寿保
遠藤寿保 勝率:ありません パフォーマンス:ありません
FX エバンジェリストがマーケットを読む
98年日本初のFX事業開始から、Web広告やセミナー運営、リスク管理啓蒙などFX業務全般に携わる。数多くの一般投資家と接しながら、現在、YJFX!にてFXエバンジェリストとして情報配信・FXコラム執筆・セミナー活動等を行っている。
予想終了
  • 米国ドル 予想期間11月1日

    パウエル議長発言で,ドル円乱高下。

    10月31日(木)9時27分みんなの株式
マーケットコンディション
昨日のドル円は、108.86円で始まると、東京・ロンドン時間はFOMCや米国GDPなどのイベントを控え108円台後半で小動き。NY時間、7-9月期米GDP速報値は予想を上振れすると108.97円まで上昇となるが、その後、米長期金利の低下で伸び悩み。FOMCでは、市場予想通り、FF金利の誘導目標を0.25%引き下げ1.50-1.75%と発表。声明文では、「景気拡大や力強い労働市場、対称的な2%目標近くのインフレの維持に向けて適切に行動する」 との文言は削除。その後、パウエルFRB議長の記者会見では、「現行の政策スタンスは適切であり続ける可能性が高い」などの見解を示すと、利下げ打ち止め感から109.28円まで上昇。しかし、その後、「利上げの前には著しいインフレ率の上昇が必要」との見解を示すと108.72円まで下落し、108.85円でクローズをむかえた。
パウエル議長発言で,ドル円乱高下。
米国の利下げ観測は落ち着いたが、利上げとまではいかなかった。滞空時間は短いものの109.28円まで上昇。テクニカル的には109.30円台を突破できなかったことで、109.30円台のレジスタンスが鮮明となった。ポイントとしては8/1の高値108.31円と112.39円-104.44円に対し61.8%戻しの109.35円。これらをブレイクすると110円台の可能性もあるが、新たな買い材料が必要とみる。

最終更新:10月31日(木)9時27分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

為替レート

通貨ペアBidAsk
米ドル/円
米ドル/円
ユーロ/円
ユーロ/円
豪ドル/円
豪ドル/円

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ