ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

ドラギECB総裁のラストメッセージ

西田明弘
西田明弘 勝率:ありません パフォーマンス:ありません
予想は当たらない。が、予想しない相場は面白くない
マネースクエア チーフエコノミスト、日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)。
証券会社、米シンクタンク、FX会社にてリサーチ一筋30余年。ファンダメンタルズ分析を得意とする。
  • コラム [外国為替]

    ドラギECB総裁のラストメッセージ

    10月25日(金)12時53分みんなの株式
最後のECB理事会
24日、ECB理事会は全会一致で金融政策の現状維持を決定しました。結果は市場の予想通り。注目されたのは、今月末で退任するドラギ総裁の最後の記者会見です。

会見のポイントは以下の通り。
・ドイツは恐らく景気後退局面に入っている。
・景気見通しはほぼ変わらないものの、比較的堅調だった労働市場も軟化している。
・最近の状況は前回9月の理事会で決定した包括的な緩和措置を正当化している。
・低金利はさらに長期化する可能性が高い。
・低金利環境下では財政政策の積極活用が必要。
・国債購入の上限は引き上げ可能(来年末には購入の限界が来るとの見方に対して)。
ドラギ総裁の功績
8年間の任期中、ドラギ総裁は2011-12年の欧州債務危機において、「ユーロを守るために何でもする」と宣言して、積極的な金融緩和や救済基金の創設に尽力。危機を終息させたことで「スーパー・マリオ」と称賛されました。

ただ、近年では景気の低迷や低インフレに対して必ずしも有効な政策を打ち出せませんでした。マイナス金利を採用して金融機関の利益を吸い取っているとして「ドラギラ伯爵」と揶揄する声も聞かれました。ドラギ総裁は大きな課題を残してラガルド新総裁にバトンを渡すことになります。
ラガルド新総裁の課題
ラガルド新総裁は今回の理事会にオブザーバーとして参加したようです。既に、政策目標の見直しやQE(量的緩和)の費用対効果分析を行う意向を表明しています。とりわけ、2%のインフレ目標は適切なのか、それをどこまで積極的に追求すべきかは重要な問題です。

また、前回の理事会での包括的な金融緩和は全会一致で決定とされていますが、ドイツやオランダ、オーストリアの中銀総裁など、25人の理事会メンバーのうち少なくとも7人が反対したことが明らかになっています。ラガルド総裁は基本的にドラギ総裁のハト派的な路線を継承するとみられますが、ECB内で割れる見解を調整して有効な政策を打ち出せるか。ラガルド新総裁の手腕が多いに注目されます。

最終更新:10月25日(金)12時53分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

為替レート

通貨ペアBidAsk
米ドル/円
米ドル/円
ユーロ/円
ユーロ/円
豪ドル/円
豪ドル/円

プロが選ぶチャンス銘柄 予想中一覧

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ