ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】ソフトバンクG(9984)今後の値動きは?= ライジングブル藤村

藤村哲也
藤村哲也 勝率:51%(31勝29敗) パフォーマンス:+5.4
株による財産形成を誰でも可能に!
ライジングブル投資顧問で代表を務める藤村は中国株、日本株の助言を3万人以上に行ってきた実績を持ち,株による資産形成をサポート。オールアバウト株担当ガイド。元UFJつばさ証券で部長代理をつとめ、現在ライジングブル投資顧問で代表取締役を務める。
予想終了
  • 日本株 予想期間10月23日

    始値(4,228円)→終値(4,190円)

    この予想!自信あり

    【買い】ソフトバンクG(9984)今後の値動きは?= ライジングブル藤村

    10月22日(火)13時54分みんなの株式
ディーリング銘柄として注目
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
10月21日(月)の終値は4298円。

「トピックス」

8/7に決算発表。2.8%増収の3.7%営業減益ですが、スプリントや昨年の一時収入の分を除くと37%営業増益。

今後のIPOやビジョンファンド2の動向にも注目ですが、ここに来て暗雲も立ちこめていますので注意が必要か?

10月23日の値動きは注目しましょう。

「ディーリング判断」

引き続きソフトバンクは幾度もディーリングの機会がありそうです。

値動きは分割後落ち着いておりましたが、引き続き活発な状態が続き10月21日(月)も498億円の売買代金と活発。

分割で参戦もしやすくなっており、小幅な鞘取りのチャンスはありましょう。

「株価予想レンジは?」

10月23日の株価予想レンジは3800円から4500円というゾーンを想定したい。

引き続き、高値追いでなく突っ込み狙い。
4500円を超えてくると再度上値を意識する展開となることが予想されるため、出来れば4100円台か4200円台の押し目を狙いたい。目先上値が重たいと投げ売りも出てきましょう。

特に信用の買い残が2400万株を超えてきており、今後の重しとなりそうです。

その為、ロスカットや利食い売りはこまめに行うことが重要で見切りは早めに行うことが前提。小幅な鞘取りを想定。

「株は購入後の管理が大切」

含み損が出て身動きが取れないでいる方は株を買った後の行動を見直されてみては?

株は買った後に全て違う動きになりその動きに応じて対応を変えていく必要があります。

その変動は色々なパターンがあり、一つとして同じ動きにはなりません。

ですから、株は買った後の対応こそ難しく最も差がついていくのです。

株は購入後は以下のような色んな対応が必要になります。

失敗時に早めの入れ替えで他の銘柄で取り返していくことや

大きな値幅取りのために売らないで保有を続ける選択

大きな利益を確定する売却

小さな利益を確定する売却

早期の損切り

早期の銘柄の入れ替え

など銘柄毎に時期毎に対応を変える必要があります。

今回のソフトバンク株は10/23のデイトレで数十円、数百円の値幅取り狙いです。1日決着です。

株は買った後に、色々な値動きをしていき、その値動きや銘柄に応じた対応力にこそ、格差が広がる原因があるからです。

だからこそ、5%の損失で早期にロスカットしたり、3%の利益で早期に利益確定して、次の銘柄に入れ替えたり、3ヶ月保有を続けて50%の利益を確定したり、3年保有を続けて3倍まで保有を続けたり、と保有期間も値幅も、売った後の次の銘柄もその時々で変えていく必要があります。その対応の仕方によって格差が広がっていくのです。

今、含み損を抱えている方は、一つ一つの買い情報と購入の後の管理情報を見直してみてはどうでしょう?

買い情報をいくら集めても、その後の管理が出来ない銘柄が増え、含み損を抱えている場合は、購入後の情報があるのかどうかに目を向けるべきと言えましょう。買い推奨情報のみを鵜呑みにすると管理できない銘柄が増えるだけです。

購入後の売却のサポートがあると、銘柄毎に売却まで完結でき、含み益や売買利益が生まれ、パフォーマンスも気持ちも大きく変わっていくのではないでしょうか?

株は購入後のサポートが非常に重要なのです。

最終更新:10月22日(火)13時54分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

プロが選ぶチャンス銘柄 予想中一覧

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ