ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

日経平均株価年初来高値更新!今注意すべきポイントは?

西村剛
西村剛 勝率:50%(162勝161敗) パフォーマンス:+9.5
2012・2013年株-1グランドチャンピオン
フェアトレード株式会社 代表取締役。機関投資家出身で統計データを重視したシステムトレードに注力。2011年株-1グランドチャンピオン大会で+200.4%、2012年+160.1%、2013年157.0%を叩き出し三連覇達成。証券アナリスト検定会員。
予想終了
  • 日経平均 予想期間10月21日

    日経平均株価年初来高値更新!今注意すべきポイントは?

    10月18日(金)22時05分みんなの株式
TOPIX高値更新なるかがポイント
日経平均株価が年初来高値を更新しています。「日本株はいよいよ上昇トレンド入りか!」と楽観的になるかもしれませんが、ちょっと注意しておきたいポイントがあります。

そのポイントとは

「日経平均株価だけが高値を更新している」

ということです。

前週末と比較し日経平均株価は3.2%プラス、TOPIXは1.7%プラス、マザーズ指数は0.02%プラスとなっています。確かにどの指標も上昇はしているのですが、日経平均株価だけが突出してあがっていることが分かります。本格的な上昇相場に入るならば少なくともTOPIXも同様の上昇率になってくるでしょう。

今日経平均株価だけが上がっているのは、「外国人投資家が短期的に買っているから」だと考えます。

10月第二週の投資主体者別売買動向をみると、海外投資家が1206億円の買い越し、個人投資家が2163億円の売り越しとなっており、直近の株価上昇は、外国人投資家が日本株を買っているからだと言えるでしょう。ただ今外国人投資家が買っているのは、日経平均株価に採用されているような超大型株が中心で、中小型株にはまだ資金が流入していない状態です。この流れが続いている間は、本格的な上昇トレンド入りは難しいのですが、超大型株だけでなく、中小型株も買われ、更に今日本株を売っている個人投資家が買い越してくると、日本株も本格的な上昇相場に入ってもおかしくはないでしょう。ですので、日本株が上昇トレンド入りと判断するには、日経平均株価だけでなくTOPIXも高値を更新してくる必要があり、そのような展開が12月までに起こるだろうと考えています。今はまさに日本株が上昇トレンド入りするかどうかの瀬戸際です。本格的な上昇トレンド入りする前の今の段階でしっかりと上昇相場対策も行っておきましょう。 21日の日経平均株価は小幅高と予想します。

最終更新:10月18日(金)22時05分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

プロが選ぶチャンス銘柄 予想中一覧

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ