ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】8927:明豊エンタープライズ

伊東聡
伊東聡 勝率:32%(14勝29敗) パフォーマンス:-103.4
場立ち上がりの元ベテラン株式ディーラー
現物株の株式ディーラーとして数々の武勇伝を持つ腰の据わった元ディーラー。
現在は(株)G&Dアドヴァイザーズにて、投資アドヴァイザーとして助言やコラム配信を行う。
予想終了
  • 日本株 予想期間10月15日~10月18日

    始値(279円)→終値(286円)

    【買い】8927:明豊エンタープライズ

    10月11日(金)17時34分みんなの株式
チャート妙味あり。
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
世界的な金融緩和ムードのなか、高利回りを追いかける動きが加速し、REIT指数が上昇しているが、今後は低金利環境下で恩恵を享受する不動産セクターに資金が向かってくるとみている。

昨年不動産株は不正融資問題などが明るみになったことから幅広い銘柄に売りが広がり、大幅に売り込まれていたことから割安感もあり、ここにきて買い戻しの動きも加速し、急激に戻す展開になっている銘柄が散見される。

同社株も200円台前半~半ばの安値圏での推移が4月以降続いていたが、ここのところの不動産セクターへの資金流入などから動意づきを見せ300円台手前まで上昇して来ている。

月足チャートにおいては昨年9月以来に12か月線を上抜けてきており、長期トレンドが上昇に切り替わる直前の状況で、年内には6か月線が12か月線を上抜けゴールデンクロスを達成して来るのではないかと考えている。

ここまで横ばいでの推移が続いていたことから上昇に向けてのエネルギーは溜まっているものと考え、テクニカルの好転サインが出始めているこの初動のタイミングを狙ってみたい。

また同社はここ最近当り屋筋の介入の噂なども聞こえてきており2017年9月辺りから2018年3月にかけての急騰劇の再来とも聞こえ出している。

いずれにしても見逃すことの出来ない銘柄だ。

最終更新:10月11日(金)17時34分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

プロが選ぶチャンス銘柄 予想中一覧

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ