ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】ギグワークス(2375)投資家に人気のテーマ性を帯びるも調整含み、押し目狙って仕込み開始◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

加藤あきら
加藤あきら 勝率:50%(66勝66敗) パフォーマンス:+82.8 2
あすなろNo.1人気アナリスト
国内・外資の大手金融機関で経験を積んだのち、『あすなろ投資顧問』に在籍。市場動向分析、市場心理分析、チャートだけでは語らない「大局的な視野」を持ち日々銘柄を分析。顧客に寄り添うアドバイスに定評があり、個人投資家の資産形成をサポートいたします。
予想終了
  • 日本株 予想期間10月15日~10月18日

    始値(1,411円)→終値(1,327円)

    【買い】ギグワークス(2375)投資家に人気のテーマ性を帯びるも調整含み、押し目狙って仕込み開始◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

    10月11日(金)16時09分みんなの株式
投資家に人気のテーマ性を帯びるも調整含み、押し目狙って仕込み開始
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
業種:サービス業
時価総額:101億円
PER:20.81倍
PBR: 3.09倍

 旧スリープログループで法人・個人向けのIT支援サービスを展開しており、PCサポートの人材派遣が主体となる。ギグワークとは多様なライフスタイルや人生のステージにあわせ、自由に、必要なときに必要なだけ働く労働スタイルで、同社はこのギグエコノミーにおけるプラットフォーマーとなることを目指す。

 業績面においては8/28に第3Q決算発表を行い累計では売上高で前年同期比9.4%増、営業・経常利益はともに同43%増と大幅増益での着地となっている。BPO事業の好調が続いており、個人事業主やフリーランスの働き方を好む労働者が幅広く活躍されている。
 また今後は2020年の次世代通信規格である「5G」設備投資の需要増にからむ受注体制を整え収益拡大を目指している。その他コワーキングスペース事業も着実に伸長しており、業績貢献度が増してきていることも好印象。

 株価は今年前半は堅調に推移していたが、7月以降はやや軟化して26週移動平均線まで調整局面が続いた。足元では上値抵抗のトレンドラインを上抜けて、75日移動平均線を奪回して上値を伸ばす動きもみられている。働き方改革という息の長いテーマの中で、労働市場およびシェアオフィス市場に事業展開する同社に対しても見直し機運が高まってきているとみられる。

最終更新:10月11日(金)16時09分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

プロが選ぶチャンス銘柄 予想中一覧

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ