ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】ピーエス三菱(1871)国策発動で上昇本格化なるか、業績改善で上値指向は継続◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

加藤あきら
加藤あきら 勝率:50%(61勝60敗) パフォーマンス:-16.1
あすなろNo.1人気アナリスト
国内・外資の大手金融機関で経験を積んだのち、『あすなろ投資顧問』に在籍。市場動向分析、市場心理分析、チャートだけでは語らない「大局的な視野」を持ち日々銘柄を分析。顧客に寄り添うアドバイスに定評があり、個人投資家の資産形成をサポートいたします。
予想終了
  • 日本株 予想期間10月7日~10月11日

    始値(713円)→終値(740円)

    この予想!自信あり

    【買い】ピーエス三菱(1871)国策発動で上昇本格化なるか、業績改善で上値指向は継続◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

    10月4日(金)15時43分みんなの株式
国策発動で上昇本格化なるか、業績改善で上値指向は継続
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
業種:建設業
時価総額:338億円
PER:11.10倍
PBR: 0.94倍

 三菱マテリアル系でPC(プレストレストコンクリート)橋梁で首位級で圧縮に強く引張に弱いコンクリートの特性をふまえた技術力が強み。土木・建築の両輪を目指しており、橋梁だけでなくPC舗装やPC建築で多くの実績を有する。また防災施設やシェルター、津波対策用の人工地盤なども手がけている。

 業績面においては8/7に第1Q決算を発表しており、補正予算が組まれた公共投資が本格的に業績寄与し始めたほか、民間工事も一定の水準確保となり、黒字に浮上しての着地となった。販管費等のコスト減で利益率は大きく改善しており、業績期待感も高まってきている。

 株価は上記の決算発表後から緩やかに上昇基調を辿っており、9/26に769円の高値をつけたが配当狙いの側面もあるだろう。その後足元では短期調整したとは言え、押しが浅いため小休止をはさんで再度上値を目指す展開になるだろうと期待する。足元では第4次安倍内閣誕生、安倍首相の所信表明演説を経て、具体的な成長戦略および経済対策が注目される。

10/9追記 25日線がサポート。769円更新に期待が持てるだろう。

最終更新:10月9日(水)13時51分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ