ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】フルヤ金属(7826)業績改善の遅れがみられる一方で株価は反騰強める動き◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

加藤あきら
加藤あきら 勝率:50%(61勝60敗) パフォーマンス:-16.1
あすなろNo.1人気アナリスト
国内・外資の大手金融機関で経験を積んだのち、『あすなろ投資顧問』に在籍。市場動向分析、市場心理分析、チャートだけでは語らない「大局的な視野」を持ち日々銘柄を分析。顧客に寄り添うアドバイスに定評があり、個人投資家の資産形成をサポートいたします。
予想中
  • 日本株 予想期間10月1日~10月31日

    始値(3,975円)→現在値(4,770円)

    【買い】フルヤ金属(7826)業績改善の遅れがみられる一方で株価は反騰強める動き◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

    9月30日(月)17時16分みんなの株式
業績改善の遅れがみられる一方で株価は反騰強める動き
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
業種:その他製品
時価総額:279億円
PER:11.59倍
PBR: 1.70倍

 希少金属のプラチナを中心に貴金属の製造・加工・分析・回収を行っており、加工などが難しいイリジウムの結晶製造容器(るつぼ)なども取扱っている。その他レアメタルの回収・精製・改鋳に強みがあり、独自の技術で薄膜形成に使用されるスパッタリングターゲットなども製造する。

 業績面においては8/7の決算発表にて今期予想を開示し、前期までの増収増益基調を見直すこととなった。売上高は5%減収の200億円水準を維持するものの、利益面では米中貿易摩擦の影響を懸念して軒並み20%超の減益計画としている。ただし、足元ではケミカル事業の拡大観測も浮上する中で前期比4倍近い設備投資計画を打ち出しており、積極的な攻めの経営姿勢を評価したいところではある。
 また、直近で京都大学などと排ガス浄化などに用いられる固溶ナノ合金の量産化技術を確立させたなどとも伝わっており、今後ナノスケールの電子材料、磁性材料、光学材料への応用なども期待される。

 株価は9月初旬に25日移動平均線を上抜けてからは連日で強含みの推移となり水準を大きく回復。週足では上値抵抗とみられてきた26週移動平均線を上抜けてきており強含みが期待されるところである。5月の決算発表前には5000円台で推移していた銘柄であるだけに、調整含みではあっても底堅い戻りが期待できそう。

(9/30現在)

最終更新:9月30日(月)17時16分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ