ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】ツクルバ(2978)

堀篤
堀篤 勝率:40%(9勝13敗) パフォーマンス:-21.7
証券マン、上場企業役員、投資家、3つの視点が強み
野村證券、上場企業2社(タカラトミー、インデックス)の役員を経て、2007年、日本マネジコを設立。上場企業への投資・ファイナンスアドバイス・証券会社向け研修事業を行う。著書に「YAHOOファイナンス公式ガイドブック」など、証券アナリスト検定会員
予想終了
  • 日本株 予想期間9月24日~9月27日

    始値(1,510円)→終値(1,441円)

    【買い】ツクルバ(2978

    9月24日(火)8時40分みんなの株式
これ以上大きく下落する可能性は少ないと見る。
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
 ツクルバは、リノベーションした中古住宅の流通プラットホーム「cowcamo」を運営する新興企業。今年7月31日に東証マザーズに上場してきた。
「cowcamo」では、都内のリノベーションマンションをオンライン販売しており、中古マンションへの需要高まりへの対応で、業績を伸ばしている。また、同社では「シェアードワーキングスペース事業」を展開しており、現在都内3か所でスタートアップ時の事業に対する仕事場をシェアスペースとして提供している。
 このように、いわゆるリノベ関連、シェアリングエコノミー関連の一角として評価されても良い同社だが、上場来、株価の動きは低迷している。

 同社のIPO後の動きは、珍しいケースと言える。公募価格を決定するブックビルディング時には、仮条件の上限(2050円)で決まり、その後の人気に期待を持たせたが、ふたを開ければ、上場時の初値は公募価格と同値の2050円。その後、1か月程度で2427円まで上昇したものの、再びさえない動きとなった。
7月決算のツクルバは、9月6日に、業績予想の上方修正を発表したが、株価は1日だけ上昇し、その後は逆につるべ落としのように下落し、先週末、1520円で終えている。9月13日の決算発表で、今期の業績予想について売上高のみとし、利益予想を出さなかった判断はいただけないが、少なくとも業績が悪い訳では無い。また主幹事は大和証券で、力が無い証券会社でもないので、これ以上大きく下落する可能性は少ないと見る。
 同じく公募価格を割っているステムリムが、先週、大きな陰線3本を引いた後反発に入ったことを考えると、同社株価もちょうど先週末には3本目の陰線引いており、そろそろ小反発が期待できる価格かと思われる。

最終更新:9月24日(火)8時40分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ